新木優子、美脚あらわな白ワンピ姿でファン魅了!「これからも気を引き締めて頑張る」

新木優子、美脚あらわな白ワンピ姿でファン魅了!「これからも気を引き締めて頑張る」

新木優子がファンイベントに登壇した

3月18日に最終回を迎えた“月9”ドラマ「トレース〜科捜研の男〜」(フジテレビ系)の好演も記憶に新しい女優・モデルの新木優子が、21日に初のファンイベント「新木優子First Fan Event!! -ゆんぴょ応援隊集まれ!-」を東京国際フォーラム ホールCにて開催した。

同イベントは、3月16日に新木がリリースした「新木優子オフィシャルカレンダー2019.4-2020.3」(ポスター・デスクの二種)の発売を記念したもので、第一部1500人、第二部1500人の述べ3000人のファンが全国から詰め掛けた。

イベントでは、カレンダーやイベントグッズについて制作のこだわりを語った新木。

共演者やスタッフからのタレコミ映像コーナーもありつつ、サプライズゲストとしてプライベートでも仲のいいモデルのemmaが登場し、会場は最高潮の盛り上がりを見せるとともに、新木はうれしさのあまり涙を流す一幕も。

その後も質問コーナーやプレゼント抽選会が行われ、最後には集合写真を撮影し、ハイタッチで来場者全員をお見送り。ファンにとってもたまらない特別なイベントとなった。

■ 新木「大人っぽく上品に」

そして第一部イベント後にはマスコミ向けの囲み会見も実施された。

イベント第一部の感想を、新木は「たくさんのファンの皆さまに来ていただけるということと、初めて単独で開催する大きなイベントだったので、こんなにたくさんの人が応援してくれるんだと実感が湧きました。

これからも気を引き締めてお仕事を頑張って、お返ししていきたいという気持ちが強まりました」と振り返る。

4作目となる「オフィシャルカレンダー」について聞かれると、新木は「撮影したタイミングが25歳の誕生日を迎えたばかりだったので、今まで出したカレンダーの中で一番大人っぽく、上品に仕上げたいなと思って作りました」と明かす。

また、カレンダーのお気に入りカットと“点数”については「ポスターカレンダーの表紙がお気に入りです。外での撮影はきれいに青空も出て、自分の自然体な部分と大人な面の両方が出ていると思います」と紹介し、「点数は100点です! 25歳の私が出せる最大の魅力をスタッフの皆さんに出していただいたと思うので」と自信を見せた。

さらに、今後挑戦してみたいことは「声の仕事をしてみたいと思っています。共演者の方やスタッフさんからも声を褒められることが多いので、挑戦してみたいです」と力強く語った。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)