「小栗旬さんの現場を引っ張っていく力はすごい」プロデューサーが語る「二つの祖国」撮影の裏側

「小栗旬さんの現場を引っ張っていく力はすごい」プロデューサーが語る「二つの祖国」撮影の裏側

「二つの祖国」は3月23日(土)、24日(日)夜9:00から放送!

テレビ東京開局55周年特別企画ドラマスペシャル「二つの祖国」(夜9:00-11:24 テレビ東京系)が、3月23日(土)、24日(日)に放送される。

本作は、発行部数250万部突破の大ベストセラーである山崎豊子著「二つの祖国」を民放で初めて映像化。第二次世界大戦前・中・後の日本とアメリカを舞台に、激動の時代を生き抜いた日系アメリカ人二世たちの怒涛の人生を描く。

田淵俊彦プロデューサーに、主演の天羽賢治を演じた小栗旬と賢治の同級生・チャーリー田宮を演じたムロツヨシの対談を受けての感想や作品への熱い思いを語ってもらった。

■ “快い”と感じてもらえる

――小栗さんとムロさんの対談はいかがでしたか?

私の思いから小栗さんの思い、そしてムロさんの思いというふうに、作品への思いが伝播していったことがお二人のお話から分かって、とてもうれしかったです。

実際に現場では、小栗さんの作品への真摯な向き合い方がビシビシと伝わってきて、他の出演者の方々にも十分にその思いが伝わったのだと、それぞれの演技を見ていて確信しました。

その真剣さというものをリアルタイムで、画面を通して視聴者の皆さんには感じてほしいですね。きっと“快い”と感じてもらえると思います。

出演者もスタッフも皆で小栗さんが作ったオリジナルTシャツを着たりして、和気あいあいとしていて、とても楽しい現場だったんですが、助監督さんが「はい、段取りやっていきます!」と声を掛けると、急に小栗さんの顔つきが変わりました。

それを合図にするようにさっきまで冗談を言い合っていたムロさんも真面目になって、多部未華子さんや仲里依紗さんの雰囲気もピリッとする、そんな緊張感がとてもすてきで“意外な発見”でした。

■ とても雰囲気がいい現場だった

多部さんはとても穏やかな方なので、自分からあまり冗談を言ったりするようなことがないのですが、ムロさんを中心に多部さんを笑わせようと計画したり、それをそばで見ている仲さんがコロコロ笑っているなど、とても雰囲気がいい現場だったのが“うれしい誤算”でもありました。

「真面目な内容のドラマだからきっと現場もピリピリしているんだろう」という先入観が吹き飛んだというか。すてきな現場でした。そういう意味でも小栗さんの現場を引っ張っていく力はすごいなと感じました。

小栗さんが格好良いのはもちろんなんですが、インタビューで小栗さんがおっしゃっているようにムロさんもハンサムだと僕は思います。

35年前にチャーリーを演じたのは沢田研二さん。当時、(沢田さんは)色気の絶頂期にありましたよね。そんなチャーリーのイメージが僕にはいつもあって、ムロさんは沢田さんの色気に似たところがあると常々感じていました。

同じことを小栗さんも感じていたんだと対談で知って、“意外な発見”にうれしくなりました。

あとは、(小栗さん、ムロさんの)対談の中でも述べられていますが、ここまで出演者の皆さんが英語にこだわってくれるとは思わなかったです。これも“うれしい誤算”の一つです。

小栗さんなどは足掛け2年くらい今回の作品の英語を練習してくれていたのではないかと思いますし、少ししかしゃべらない役柄の仲さんや池田エライザさんなども、演技を完璧にしようと自主トレーニングを重ねてくれたことはありがたかったです。

それだけ真剣にこの作品に取り組んでくれた証だとうれしく思っています。その辺りの真剣度合いもこの作品の見どころではないかと思います。

視聴者の皆さんも、それぞれの“意外な発見”や“うれしい誤算”を見つけていただきたいです。

■ 恐ろしいほどの喪失感が押し寄せてきた

――クランクアップを迎えた時の心境を聞かせてください。

なんだか僕自身が抜け殻みたいになっています。3年間準備をしてきて、ひたすらクランクインを目標に突っ走ってきたので、撮影が「終わった」というより「終わってしまったんだ」という感じです。

賢治にとってのラストシーンがクランクアップ最後の撮影だったのですが、助監督さんの「このシーンをもって…」という声を聞いても、しばらく立ち上がれないほどでした。

今、目の前に賢治やチャーリー、忠(高良健吾)、勇(新田真剣佑)などの兄弟、天羽家の人々がいないんだと思うととても寂しいです。

小栗さんやムロさんには会う機会はあると思うのですが、「賢治やチャーリーにもう会えないんだ…」という寂寥(せきりょう)感と喪失感がものすごくて。それくらい出演者の皆さんは魂が乗り移ったかのように、それぞれの役になりきって表現してもらったと思います。

「賢治という役を小栗さんが演じた」というより、「小栗さんそのものが天羽賢治でしかなかった」という感じでした。小栗さんが賢治というキャラを作り上げ、ムロさんがチャーリーというキャラを確立したかのように、英語もせりふも立ち振る舞いも素晴らしく役にフィットしていたと思います。

視聴者の皆さんには、服装や小道具などにも注目していただきたいですね。お二人の話にも出てきますが、たばこを吸うというようなアクション一つ一つにもこだわっていて、それ自体も時代を感じさせ、当時のトレンドやファッションというか、考え方そのものを意識して演じていただいていると感じました。

それも視聴者の方々にはリアルタイムの映像でビシッと受け止めていただきたいです。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)