大野智×櫻井翔が春の出会いをテーマに妄想トーク!?【月刊「嵐」連載まとめ】

大野智×櫻井翔が春の出会いをテーマに妄想トーク!?【月刊「嵐」連載まとめ】

月刊ザテレビジョンにて連載中の月刊「嵐」

月刊ザテレビジョンで掲載中の嵐の連載、月刊「嵐」。彼らのデビュー20周年を記念し、過去企画の中から“ペアトーク”を抜粋! 第1弾は大野智×櫻井翔ペアを紹介。

●2001年10月号「体力測定」

連載で二宮と“スポ担”争いを繰り広げる大野が、その実力を証明すべく自ら企画するも、不満足な結果に…。

大野「きょうは曜日が悪い。別の日だったら…(ボソッ)」

櫻井「俺は高校生のときから体力測定は毎回憂鬱(ゆううつ)なヤツで、今回も自信なかった方だけど、男子としてはこのふがいない結果にヘコむね。一体俺の19年間の人生は何だったのか!?(笑)」

大野「いや、いい経験になったよ。若さに任せて自分の体力を過信してたんだなぁ。ホント、それは今回の結果で実感した」

櫻井「俺もさ、この夏はジムに通おうとしてたんだけど、結局行かずじまいで、ダメだなー。まぁ夏バテのせいにしておくか(笑)」

大野「くそ〜。いつかリベンジするぞぉ」

●2002年3月号「陶芸」

大野、櫻井、二宮の3人で「一日陶芸教室」に参加。自分だけの食器作りに挑戦し、出来上がりに大満足!

大野「とにかく、(陶芸の)先生に負けるもんかと頑張った! 先生よりいいもの作ってやるっていう闘志がなぜか湧いた」

櫻井「俺とニノは眼中になかったわけね」

大野「あ、ごめん(笑)。今度は道具を使うんじゃなくて、手を使って仕上げていく陶芸もやってみたいなぁ。ほら映画の『ゴースト―』(1990年)で、そういうシーンあったじゃん。あれ、やってみたいな〜(笑)」

二宮「何夢見てんの!」

櫻井「ムリだって!!(笑)」

●2003年8月号「ダーツ」

ダーツをやりたいという大野を喜ばせようと櫻井が企画。点数で競う対決では大野が4ゲーム中3勝した。

大野「バツゲームとか決めといた方が良かったな。よし、次は僕が翔くんを喜ばせる企画やる。翔くんのための“大野ショー”でどう?」

櫻井「いい! それかなり見たい」

大野「どんなショーがいい?」

櫻井「えーっと、南米系(笑)」

大野「分かった」

櫻井「分かったの?」

大野「うん、分かった」

櫻井「でも、衣装とか準備するの大変そうだよ?」

大野「…。やっぱやめた」

櫻井「諦めんの早い(笑)」

●2005年3月号「ベッド探し」

櫻井が究極のベッドを探すべくショールームへ。さまざまなマットを試した2人は、心地よさにご満悦! 

櫻井「俺は柔らか過ぎない、安心感のあるマットが良かったな」

大野「ふっかふかのも気持ちいいよね。でもそれだと俺は寝ている間に落っこちそうな気がする」

櫻井「キングサイズのベッドとかもいいよね〜。その前に、キングサイズが入る部屋がないけど(笑)」

大野「大体、俺にはキングサイズが立派過ぎて似合わない(笑)!」

櫻井「似合わなくないって。でもさ、友達の家にキングサイズのベッドあったらどうよ?」

大野「無理したんだなぁって思う(笑)」

櫻井「俺ならとりあえずマットの上でブリッジしちゃうな。その広さに浮かれちゃって」

●2005年6月号「ギョーザ作り」

変わった具材で超個性的なギョーザ作りに挑戦。大野は小さく丸く包んだ“小籠包もどき”を考案し、大満足。

大野「うまいっ! 一体どうなってるんだ、このうまさは!」

櫻井「きょうは最高だね。大野くん、ありがとう!(笑) 大野くんの企画についてきて良かったな」

大野「焼きたてのいろんな味のギョーザ、マジでうまいね。この企画大成功だったな」

櫻井「でも一つ問題があるよ。包んで焼いちゃうと、見た目同じで、中身が何だか食べてみないと分からないじゃない?」

大野「うん。分からないねぇ」

櫻井「しょうゆダレ、塩ダレ、コチュジャン、3つのタレを用意してもらったけど、食べる前にどのタレが合うか分からない(笑)」

■ 大野智の人生にとってお茶は欠かせないものに!?

●2008年11月号「緑茶」

緑茶、抹茶の入れ方について学習。でも、抹茶カキ氷や水まんじゅうなど、スイーツの方に夢中(笑)。

大野「しかし、和菓子と抹茶、おいしかったなぁ〜。最高の組み合わせだった。抹茶のカキ氷も最強にうまかった。も〜、ハマった!」

櫻井「和菓子と抹茶、これから長い付き合いになりそうですか?」

大野「俺の人生にとって、欠かせないものになるだろうね(笑)。おいしいだけじゃなく、このお茶を楽しむ、このゆったりした時間がまたいいんだよ〜」

櫻井「分かる! ホッとひと息、いや、ふた息ついちゃったね」

大野「うん(笑)」

●2010年7月「イヌ」

たくさんのイヌと触れ合い笑顔の2人。最初はドーベルマンを怖がっていたが、最後はすっかり仲良しに! 

大野「動物と子供だったら、俺ら子供の方がイケる派なんだよ」

櫻井「そうだよね。ビビったときは智くんの背中に隠れたりして(笑)。リーダーってホント頼もしいなって思いましたよ」

大野「相葉ちゃんはやっぱすごいなぁ(笑)。きょうあらためて思った」

櫻井「そういうことだね」

大野「相葉ちゃんはライオンと接することができるんだよ!」

大野・櫻井「考えられない〜」

櫻井「相葉雅紀の存在の大きさをホントあらためて知る一日でした。相葉くんが嵐にいて良かった(泣)」

●2010年10月号「ジョーズ」

アクアリウムを作り、そこにサメを入れることに。サメの捕獲では、必死の櫻井に対し、笑顔の大野。

櫻井「智くんは魚の扱いに慣れてて、さすがと思ったよ。つかむとき、頭としっぽを押さえ込むあたり」

大野「いや〜。小さくてもやっぱりサメだよね。パワーがすごかった(笑)」

櫻井「肉食の目してたよ。でもさ、水槽作りのとき、石を縦に置くという智くんの発想の豊かさには驚きましたよ」

●2012年3月号「ドレッシング」

オリジナルのドレッシング作りに挑戦。クロストークでは、櫻井の誕生日を2人で仲良くお祝い♪

――相手に対してこれからも変わらないでいてほしいところを尋ねると…。

大野「寝てるときの顔」

櫻井「俺は自分で寝ているときの顔を見られないから、戸惑いを隠せません(笑)」

大野「俺はいっぱい見てきたなぁ。寝てるときの顔というか、何とか寝てないようにごまかしてるところがおかしくて(思い出し笑いが止まらない)。イテテテ(←笑いが筋肉痛に響いている)。一緒にお芝居を見たときとかさ。何とか顔を上げていようと努力するあまり、どんどん頭が後ろに倒れていっちゃって(笑)」

櫻井「あ〜。俺、暗くなると眠くなっちゃうからなぁ」

大野「そういうときは翔くん、うつむいてるんだけど、たまにパッと顔上げて、“ちゃんと話聞いてましたよ”って顔するんだよね(笑)」

櫻井「アハハハハハハ(爆笑)」

大野「そんな翔くんをこれからも見守りつつ、見守られつつ、これからもよろしく(笑)」

櫻井「こちらこそ(笑)。俺はね、大野くんのドレッシングで描き始めたら止まらないようなところ、いつまでも変わらないでいてほしいな〜」(ドレッシングでお皿を彩る大野を見て)

●2013年5月号「インドカレー」

嵐の中でも1、2を争うカレー好きを豪語する2人がカレー作りに挑戦。さまざまなスパイスに大興奮! 

――春の出会いを妄想してみてくださいという問いに。

櫻井「信号待ちにしよう。いつも信号待ちで一緒になる人がいて」

大野「ふと気付けばね」

櫻井「そうそうそう。信号のボタンを押そうとする指が重なるみたいな」

大野「あ〜!」

櫻井「『お待ちください』『いやむしろ、オマエが待てよ』と(笑)」

大野「ふと気付けばってのいいね。俺だったら、電車かな」

櫻井「ほ〜。例えば何が起こるんですか?」

大野「例えば俺はいつもドアの横に立っているとする。相手はね、向かい側のドアの同じ場所に立っているの」

櫻井「それでそれで?」

大野「彼女の方が先に降りるわけ。それを毎日見送るの」

櫻井「…切ないね」

大野「切ないんだよね(笑)」

●2014年8月号「鉛筆&筆」

巨大鉛筆アート&筆作りに挑戦。筆作りでは、器用に作業をこなす大野をじーっと見詰める櫻井の姿が。

――9月のハワイライブについて。

櫻井「お知らせできる決定事項としては、会場が決まりましたぐらいだもんね(笑)」

大野「海から登場か、空から登場とか?(笑)」

櫻井「空からの登場、無理だろ!(笑) できるとしたら、('84年の)ロス五輪の開会式で登場した、ジェットを背負って人が飛ぶアレでしょ。こわ〜!!」

大野「アレ、ちょっと操作間違えたら、吹っ飛んでいっちゃいそうだよね。相当なコントロール能力がいりそうだよね」

櫻井「実際、どういうシステムで飛んでるんだろうね!?」

大野「想像しただけで怖くなってきた〜」

櫻井「だからー、空からの登場はナシで(笑)」

大野「普通にやろうよ、普通に!」

櫻井「やっぱ徒歩かな(笑)」

大野「フフフ(笑)。普通に、安全にね!」

■ 誕生日プレゼントトークで盛り上がる

●2015年5月号「イタ飯」

ピザとパスタを作り、優雅なランチタイムを。料理中、おなかがすいた2人はつまみ食いが止まらない(笑)。

――ニューヨークに行っていた大野がメンバーに買ったおみやげトークから、櫻井への誕生日プレゼントの話へ。

櫻井「大野さんには、誕生日プレゼントに釣り道具もいただきましたよね」

大野「そうだね〜」

櫻井「誕生日に、プレゼントに何が欲しい?ってメールくれたから、俺からリクエストしたんだよね。釣りに行ったとき、どんなもの着たらいいかも分からなかったから。長靴とかどんなものがいいのかなって」

大野「長靴はね、俺が履いてるのがちょっと重かったの。だから軽いのがいいかなって思って。軽くてあったかい長靴にした」

櫻井「ありがとうございます!」

大野「あと帽子ね。あれね、俺とおそろいだから」

櫻井「お〜。ってことはかなり機能的な帽子ってことですね」

大野「いい帽子だよ」

櫻井「一緒に並んで釣りしたら、遠目でどっちがどっちだか分からなくなるっていうね(笑)」

●2015年11月号「トランポリン」

トランポリンではハイテンションで華麗なジャンプを見せてくれた2人。14年ぶりに体力測定にも挑戦! 

――互いの活動について。

櫻井「『NEWS ZERO』(日本テレビ系)への出演も、ことしで10年目になるよ」

大野「すごいね!!最初は俺、新聞で見て知ったんだよ。翔くんがキャスターやるって」

櫻井「言ってたね〜(笑)」

大野「翔くん、キャスターやりたかったんだ〜って思ったのを覚えてる。ほとんど毎週見てるよ!」

櫻井「ありがとう。大野さんもね、絵を描き続けて7年ぶり2回目の個展ができてね」

大野「ありがとうございます(笑)。でも俺のは自分が好きなことだから。でもね、今回はみんなで作った感じがあるかな。前回とスタッフさんが一緒だから」

櫻井「僕らも個展を見せてもらって、あらためて見れば見るほどすごいなって思った。いつ、こんなことしたんだって思ったよ。すごい人がメンバーにいるんだなって」

大野「それは『NEWS ZERO』のスタジオへ行ったとき、俺も思ったよ(笑)」

●2018年5月号「インドネシア料理」

自分たちで作ったナシゴレン&サンバルソースを試食し大絶賛! 櫻井は本気でバリ行きを決意!?(笑)

――ツアーの合間に過ごし方について

櫻井「ツアー中、終演後に楽屋でご飯食べたりしてても、何だかんだ最後まで残ってるのはこの2人だったりするよね」

大野「そうだね」

櫻井「福岡、そうだったよね。終演後は、早くホテルに帰る人、用意していただいた地元のご飯をゆっくり食べる人、自由参加だったからね」

大野「それで、気付くと2人が残ってる(笑)。年長者2人が」

櫻井「くだまいて」

大野・櫻井「アハハハハハ(笑)」

●2019年1月号「ノルウェー」

各国の料理を作ってきた2人がノルウェー料理作り。大野は「翔くんと俺で恒例になってきたね」とニッコリ。

――サンタクロースについてのトークで。

櫻井「櫻井サンタだったら、大野さんには、小型船か何か…」

大野「え! だいぶ大きいな(笑)」

櫻井「でかっ!ってビックリしてもらいたいから(笑)」

大野「俺の寝室に入らない(笑)。でもそれはかなりうれしいクリスマスプレゼントだよ(笑)」

櫻井「翔野丸、どうぞ!」

大野「じゃあ、俺は翔くんと2人で釣りするときのために、さおをプレゼントするよ」(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)