北村諒&北川尚弥、お互いが妖怪だったら?北川は「妖怪ゲーム男」北村は…

北村諒&北川尚弥、お互いが妖怪だったら?北川は「妖怪ゲーム男」北村は…

妖怪たちのビジュアルについて北川は「それぞれに似合っている(笑)」

人間に見つからないよう深夜の学校に通い、青春を謳歌する妖怪たちを描いたドラマ「妖怪!百鬼夜高等学校」。その舞台版が、dTVチャンネルのひかりTVチャンネル+で配信される。ドラマ、舞台ともに河童役を演じた北村諒と、から傘お化け役の北川尚弥に、最初に抱いた妖怪たちへの印象や稽古場での様子、そして「もし自分が妖怪だったら…?」をテーマに語ってもらった。

2018年10月〜12月にBS日テレにて放送されたドラマ版には、小野塚勇人や北村諒、佐奈宏紀ら人気若手俳優が数多く出演。インパクトのあるビジュアルを持つ天狗(小野塚)や河童(北村)といった妖怪たちを、各々の特性を踏まえつつ等身大の高校生として演じきった。

舞台版となる、春の修学旅行「妖怪!百鬼夜高等学校〜一条通と付喪神〜」は、2019年2月〜3月に東京と京都で公演。修学旅行で京都を訪れた百鬼夜高等学校の面々が、天狗界のプリンス・鞍馬天狗(星乃勇太)や、長年使い込んだ道具に宿る神様・付喪神(葉山昴)を巻き込んで、笑いあり喧嘩あり、さらにちょっぴりセンチメンタルな気分になりながら、新たな青春の1ページを刻んだ。

■ 俳優陣も太鼓判! 演じる俳優ごとに合った個性的な妖怪たち

──今作「妖怪!百鬼夜高等学校」は、登場する妖怪たちの個性的なビジュアルがとてもインパクトがあって印象的でした。ご自身が演じるキャラクターも含めて、初めて妖怪たちのビジュアルを見たときの印象について教えてください。

北川「僕は皆さんそれぞれに似合っているなって思いました(笑)。普通に見たらインパクトがあってすごいんですけど、演じる人ごとにそれぞれの妖怪が合っていて、すんなり受け入れられましたね」

北村「それはとてもよくわかる」

北川「北村さんもそう思います? 違和感ないですよね?」

北村「うん、僕もすんなり受け入れられた感じです。むしろ天狗役の小野塚くんみたいにしっかり作り込んでいると、ドラマの撮影中にメイク落とした状態で会ったら誰かわからなかったくらい」

北川「あははっ、そうですよね(笑)」

北村「天狗でいる状態の方がもう、僕の中でしっくり来ちゃっているんですよね(笑)。それに妖怪とはいえ、人に寄せていると言いますか。おそらく馴染むように作ってくださっているので、そのおかげである意味浮かずに、いい意味でみんな受け入れやすくなっているのかなとは思います」

北川「そういえば服装の季節感もそれぞれバラバラですよね(笑)」

北村「そうそう、わけわかんないよね(笑)。暑そうだったり…」

北川「寒そうだったり(笑)」

──確かにどの妖怪も原形を生かしたデザインになっていますね(笑)。

北村「でも僕が演じる河童に関して言えば、他の妖怪より変装具合が少なくてほぼ僕なんですよね。お皿をつけて甲羅型リュックを背負っているぐらいで、みんなほど変化が見られない」

北川「でもめっちゃ似合っていますよ。それから河童はおしゃれなんですよ!」

北村「そう、ただのおしゃれ…おしゃれなの(笑)」

北川「海へ遊びに行く学生さんみたい」

北村「そうそう、なんかちょっとサーファーっぽいよね」

──北川さん演じるから傘お化けはいかがですか?

北川「から傘お化けも、変化がそれほどないですね。髪型が傘っぽいだけで、あとは一番制服をきっちり着ているキャラというか」

北村「そうだね、ちゃんと着てるもんね」

北川「それから下駄を履いてます(笑)。髪型のインパクトはあるんですけど、あとはそれぐらいです(笑)」

■ 稽古中もステージそのまま! 男子高校生のノリで楽しんだ稽古時間

──今作を拝見した時に、皆さん舞台裏でもとても仲がいいのだろうなと感じました。それで稽古中の雰囲気も自然と男子高校生ノリになっているのかも?と思ったのですが、実際はどんなご様子なんですか?

北川「うーん、まぁでも本当にステージ上みたいな感じですよね」

北村「そうだね、もうずっとそんな感じです。基本的に誰かがボケたら、誰かがそれにツッコむみたいな」

北川「(笑)。あと休憩時間にはみんなでカードゲームをして遊んで、本当に高校生の休み時間みたいでした(笑)」

──ちなみに盛り上げ役はいつもどなただったんでしょうか?

北村「(小野塚)勇人が割とお調子者ポジションですね」

北川「率先して、うん」

北村「それから雪女役の(松村)龍之介がツッコんで」

北川「付喪神がいじられて(笑)」

北村「みたいな感じでした(笑)」

■ 「もし自分が妖怪だったら?」テーマトークはなぜか暴露合戦へ?

──それでは続いて、テーマトーク「自分が妖怪だったら…?」について伺いたいと思います。ドラマ版「妖怪!百鬼夜高等学校」では、村井良大さんが演じる人間の田中一男が、妖怪・田中一男(読み:たなかいちおとこ)として転校してくるところから物語が始まります。それにちなんで、もしご自身が妖怪・北村諒、妖怪・北川尚弥だとしたら、どんな特徴を持った妖怪だと思いますか?

北村「なるほど、自分が妖怪だったら…」

北川「俺、諒くんのはすぐ思いつきますよ(笑)」

北村「なんで!?」

北川「なんか、自分のことより人の方がわかりません?」

北村「嘘でしょ? えっ?」

北川「これはもう妖怪・ゲーム男ですよ(笑)」

北村「いやいやいやいや!!」

北川「あははっ、諒くんは妖怪・ゲーム男ですって!(笑)」

北村「いや、ばかばか(笑)。俺は意外と、もうそうでもないよ?」

北川「そうでもないですか、今は?(笑)」

北村「うん、いや…やってるなぁ」

北川「やってますよね? 妖怪・ゲーム男ですよ(笑)」

北村「うん、妖怪・ゲーム男だな」

──それは、またなぜ妖怪・ゲーム男なんですか?

北川「稽古場で遊んでる姿も見るんですけど、家に帰ってから演者みんながゲームを結構やっているんですよ。そういうのを間近で見ているので、もう稽古場はゲーム男いっぱいみたいな(笑)」

北村「ニンテンドースイッチで、みんなでよく対戦して遊んでるんですけど、実はそのSNSグループから尚弥は昨日抜けました」

北川「いや、それは違うんですよ! 操作してたら抜けるって表示されて意味がよくわからなくて、間違えて消しちゃったみたいで!」

北村「唐突に『尚弥が退出しました』って表示されて、あれはめっちゃ面白かった(笑)」

──それでは逆に北川さんはいかがでしょう?

北村「尚弥、尚弥はなんだろう…妖怪・すぐ帰る男かな(笑)」

北川「あははっ(笑)」

──稽古が終わったら、スッと帰っちゃうということですか?

北村「もう早いですよ! 圧倒的に一番!」

北川「そう、終わったらすぐ帰っちゃいます。そうですね、妖怪・すぐ帰る男ですね(笑)」

北村「でも気持ちはわかるよ」

北川「わかります? あのすぐ帰りたくなっちゃう感じ」

北村「わかるけど、僕の場合はそれに加えてひと息つきたくなる。終わってひと息ついてから帰ろうみたいなのが僕にはあるけど、尚弥はないんだよね」

北川「僕の場合はひと息つきたくなっても、まずは家に帰ってから休みたくなっちゃいます。家が好きですし、やっぱり落ち着きますね。帰ってやることやって、すぐに寝たいというのもありますが(笑)」

北村「尚弥は寝るのもめっちゃ早いんですよ!」

──そうなんですか?

北川「そうなんです、深夜0時を回る前には基本寝てますね」

北村「先ほどのゲーム話の延長で、家に帰ってから演者みんなでオンライン対戦しようって話になるんですけど、尚弥だけいっつも参加してくれないんですよ。だから『ねぇ、尚弥はやらないの?』って聞いてみたら、『僕、夜寝ちゃうんですよね』って返されて…」

北川「(笑)。そう、みんながゲームをやり始める時間には、僕はもう寝てるんですよ。だから『朝やろうぜ!』みたいな(笑)」

北村「『朝からだったら出来るんですけど…』ってね(笑)」

──楽しいお話をありがとうございました! それでは最後に、配信を見てくださる方に向けてメッセージをお願いします!

北村「配信では表情や、誰かが演じている脇で目配せしている姿、後ろでわちゃわちゃしている様子も、しっかり見られるのではないかなと思います。舞台を観に来てくださった方も、見逃してしまった細かい部分まで楽しめると思いますので、ぜひ配信も楽しんでご覧ください」

北川「配信になると、ドラマを見ているような感覚で舞台を楽しめることが出来るんじゃないかな、と思います。舞台当日には見ることが出来なかった表情の細かさや、衣装の精密さ、妖怪メイクも近くで撮ってくださっていると思うので、配信では細部まで楽しんでほしいです!」

きたむら・りょう●'91年生まれ、東京都出身。舞台活動を中心に、声優など幅広く活動中。主な出演作は、舞台「刀剣乱舞」シリーズなど。4月には舞台「『僕のヒーローアカデミア』The“Ultra”Stage」への出演を控える

きたがわ・なおや●'96年生まれ、北海道出身。舞台活動を中心に行い、主な出演作は、ミュージカル「ミラクル☆ステージ『サンリオ男子』」など。5月にはミュージカル「スタミュ」『Caribbean Groove』への出演を控えている(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)