竹内涼真や松本穂香がホームステイ! 10年ぶりに「ウルルン滞在記」が復活

竹内涼真や松本穂香がホームステイ! 10年ぶりに「ウルルン滞在記」が復活

10年ぶりに復活する「世界ウルルン滞在記SP」 で竹内涼真がミャンマーにホームステイし、イルカと行う伝統漁に挑む

竹内涼真と松本穂香が、3月24日(日)放送の「世界ウルルン滞在記SP」(夜9:00-10:48、TBS系)に出演。竹内はミャンマーへ、松本はロシア連邦サハ共和国にホームステイする。

「世界ウルルン滞在記」が徳光和夫&バナナマン・設楽統のMCで10年ぶりに復活。スタジオゲストには向井理や吹石一恵、津田寛治らが集まり、かつてこの番組で旅を経験したレポーターたちが思い出を振り返る他、ホストファミリーからのビデオレターも紹介する。

■ 竹内涼真、ミャンマーでイルカと行う漁に挑戦

小さい頃から「イルカになりたい」と話していたほどイルカ好きだという竹内は、ミャンマーに100年以上も続くイルカと行う伝統漁があると聞き、漁師のウー・サン・ルインさんの元を訪ねる。

ホームステイ先は、ルインさんの7人家族が暮らす家。昔から続く村の生活をしながら、お父さんから網の扱い方などを教わって腕が痛くなるほど練習し漁に備える竹内だが、なかなか思うように網が投げられずに苦戦。勢い余って思わず川に落ちてしまう一幕も。

魚の群れを追いながら船に近づいて来るイルカとコミュニュニケーションを取り、呼吸を合わせて網を投げる漁は驚きと感動の連続。

さらに、後継者問題や違法漁、イルカの減少など、お父さんが直面するさまざまな問題があることを知った竹内は、自分なりに考えて家族を励まそうと奮闘する。

■ 松本穂香、世界一寒い村で究極の極寒ライフを体験

松本が訪ねたのは、氷点下71.2℃という人間が定住する土地として最も低い気温を記録した極寒の地、ロシア連邦サハ共和国のトルトム村。彼女はその“世界で一番寒い村”で、究極の極寒ライフを体験する。

1500人の村人のほとんどを占めるモンゴロイド系のヤクート人は、おもてなしの心にあふれ、顔つきも日本人に似て親しみやすい人たち。

松本は、村で食堂を営むお母さん、ファティマさんの3世代11人の大家族が暮らす家にホームステイして、氷点下40℃〜55℃の日が続く中、家畜の世話や料理などの家事を手伝いながら生活。

ファティマさんの孫をそりに乗せて幼稚園に送ったり、強烈な匂いと戦いながら牛小屋の掃除や餌やり、伝統料理のピロシキなど、家族の食事作りを手伝ったりと、毎日大忙し。

凍った湖での魚釣りなど、冬ならではの楽しみも体験する松本だが、彼らとの触れ合いの中で、いったい何を感じるのか。■ かつてのレポーターが思い出を振り返る

デビュー1年目でカンボジアを訪ね、地雷源に暮らす家族の元で命がけの畑作りの手伝いをした向井。

17歳の時にファッションの本場パリを訪ね、数多くのモデルを育てたファッションコンサルタントのお宅にホームステイしながらパリコレを目指してモデル修行をした吹石。

18年前にインドネシアの山岳地底で暮らす裸族・ラニ族のもとを訪ね、ひょうたんで作った“コベワ”と呼ばれるペニスケースを付けて生活した津田。

スタジオゲストの3人が当時を振り返って思い出を語る他、お世話になったホストファミリーたちからのビデオレターや、現地の現在の様子などを紹介する。

■ スペシャルムービー公開中

また、公式HPでは、竹内のスペシャルムービーが公開中。3月23日(土)は渋谷スクランブル交差点の街頭ビジョンにて、竹内と松本のスペシャル番宣ムービーが放映される。

さらに、過去の「世界ウルルン滞在記」から2003年8月10日放送の桐谷健太編、2003年10月26日の木村多江編を期間限定で無料配信中。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)