「BEASTARS」キービジュアルは“レゴシが自分の本能に目覚める”印象的なシーン!

「BEASTARS」キービジュアルは“レゴシが自分の本能に目覚める”印象的なシーン!

アニメ「BEASTARS」のキービジュアルが公開された

アニメ「BEASTARS」が2019年10月、フジテレビ「+Ultra」枠、NETFLIXでスタートする。それを前に、キービジュアルとメインスタッフが解禁となった。

「BEASTARS」は「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)に連載中の板垣巴留による同名漫画が原作で、「マンガ大賞2018」での第1位など、主要なマンガ賞で4冠を達成した動物版ヒューマンドラマ。アニメーション制作は、「宝石の国」で知られるオレンジが担当する。

舞台は、肉食獣と草食獣が共存する世界。食肉が重罪とされる中、全寮制の名門高校・チェリートン学園では生徒が食い殺される“食殺事件”が発生する。

不安の渦巻く校内で、演劇部の変わり者・ハイイロオオカミのレゴシは「大きい身体」と「鋭い牙」とは裏腹に静かに生活していた。しかし、小さなうさぎの女子生徒・ハルとの出会いが、そんなレゴシの心を揺り動かす。

「彼女を求める気持ちは、恋なのか? 食欲なのか?」。彼が本当に出会ったもの、それは自分自身の本能だった―――。

公開されたキービジュアルには、美しい満月を背に、雄のハイイロオオカミ・レゴシと、ドワーフ種の雌ウサギ・ハルの姿が描かれている。

これは、レゴシが自分の本能に目覚める、作中でも印象的な出会いの瞬間で、肉食獣と草食獣が共存する本作の世界観を表現。

また、監督を「スチームボーイ」のテクニカルディレクターなどを務めた松見真一、脚本を「リトルウィッチアカデミア」の樋口七海、キャラクターデザインを「宝石の国」サブキャラクターデザイン・作画監督の大津直が担当。実力派のスタッフ陣が、動物版のヒューマンドラマを重厚に描いていく。

なお、今回の発表に合わせて、公式サイトもリニューアルされている。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)