A.B.C-Z「演じた役も愛してほしい」主演ドラマの舞台あいさつで名古屋に集結!

A.B.C-Z「演じた役も愛してほしい」主演ドラマの舞台あいさつで名古屋に集結!

スペシャルドラマ「ぼくらのショウタイム」主演のA.B.C-Z(写真左から、戸塚祥太、塚田僚一、橋本良亮、河合郁人、五関晃一)

A.B.C-Z主演のスペシャルドラマ「ぼくらのショウタイム」(4月5日[金]夜0:26-、メ〜テレ)の最速プレミアム試写会&舞台あいさつが名古屋・東別院ホールで行われ、メンバーの橋本良亮、戸塚祥太、河合郁人、五関晃一、塚田僚一、榊英雄監督が登壇した。

情報番組「デルサタ」(毎週土曜朝6:30-7:55、メ〜テレ)のスピンオフ企画第4弾となる本作は、同番組MCの濱口優がエグゼクティブプロデューサーを務め、テレビを通じて“大切な人のためにメッセージを届けたい”という熱い思いに共感した5人の若者たちが一致団結するハートフルドラマだ。

初春のメ〜テレを舞台に、新米AD・赤木を橋本、若手カメラマン・小紫を河合、放送に映り込もうとするフリーター・黄原を塚田、警備員・青島を五関、社食でアルバイトをする桃井を戸塚が演じる。

最速プレミアム試写会を前に、橋本と河合がステージに登場。橋本が「みんな元気?」とあいさつすると、客席からは黄色い歓声が。まだ完成したものを見ていないという2人は、気に入っているシーンについて「山崎裕太さんとの共演シーンで、山崎さんがリハーサルと全然違うお芝居(アドリブ)をするので、笑いをこらえるのが大変でした(笑)」(河合)、「塚ちゃん(塚田)と“絡み合う”シーンがいっぱいあるのですが、あの人めっちゃ力強くて…全然絡み合えなかったんですよ(苦笑)。すごい大変だった」(橋本)と振り返った。

■ リアルに学園ものをやりたい!

その後、橋本と河合は集まったファンと一緒に客席で鑑賞。試写会終了後あらためてステージに登場し、「自分が芝居するところをまじまじと見たことがなかったのですが、ちゃんと笑いは取れてたかな」(河合)、「『デルサタ』に出演しているときは、ADさんのお仕事をちゃんと見てなかったのですが、今回出演して本当にいい経験をさせてもらったと思います」とコメントした。

舞台挨拶からは、戸塚、五関、塚田、榊監督が登場し、第2弾があるとしたらどんなドラマをやりたいかという司会からの質問に対し、橋本が「リアルに学園ものをやりたい!」と明かすと、榊監督がすかさず「定時制のね」とツッコミを入れ、会場の笑いを誘った。

続けて榊監督が「その方がリアルでいいと思う。それで、先生が年下の設定とか」と話すと、河合が「先生が(Sexy Zoneの)佐藤勝利とかね(笑)。それやってみたい!」と冗談交じりで語った。

さらに、今後「デルサタ」でやってみたい企画について河合は「『デルサタ』のテーマソングをやりたい! 僕の作詞作曲で」と宣言。一方、塚田は「よゐこさんのライブに出演するとか。濱口さんからコントを学びたい!」と意欲を見せた。

また、撮影の合間に中日ドラゴンズの聖地と呼ばれる中華料理店「ピカイチ」を1人で訪れたという戸塚は、「名古屋の街を歩いたりもして、すごく楽しかったです。ただ、自分1人だけ楽しんだという罪悪感があったので、大好きな唐揚げの差し入れもしました!」というエピソードを告白。

そして塚田は、お気に入りのシーンについて「オムライスを運ぶシーンでアクロバットをするのですが、アクションも自分たちで考えて話し合って作ったんです。オムライスアクロバット、略して“オムロ”と呼んでいるんですけど(笑)、そこが思った以上の完成度でした」と明かした。

最後に橋本は、「皆さん、僕たちのことをすごく愛していると思うし、好きだということが伝わってくるのですが、僕たちが今回演じた役も愛してほしいなと思います」とアピール。

五関は、「笑っているのにほろっと泣けるようなドラマになっていると思います。今日の試写会でも皆さんの笑い声が聞こえてきて、自信が持てました。僕たちとしては第2弾、第3弾とやっていきたいので、よろしくお願いします!」と呼び掛けた。

なお、橋本、塚田が出演中の「デルサタ」ではこれまで、A.B.C-Zのコンサートツアーにサプライズゲストとして濱口がステージに登場したり、メンバー5人を連れて濱口が自身の故郷である大阪を案内するドライブ旅企画などを実施し、第4弾となる今回も、濱口の発案により実現。そして4月12日(金)から4月18日(木)には、イオンシネマ全国13劇場でディレクターズカット版が特別上映される。

■ 「ぼくらのショウタイム」あらすじ

舞台は初春のメ〜テレ。新米ADの赤木(橋本)と若手カメラマン・小紫(河合)が中継をしている現場に、放送に映り込もうとするフリーター・黄原(塚田)が現れた。

間一髪で食い止めた赤木と警備員・青島(五関)が黄原を問いただすと、映り込もうとしたことには意外な理由があった。そこへ、社食でアルバイトをしていた桃井(戸塚)も加わり、5人はとある目的を果たすため一致団結することに。テレビ局で繰り広げられる5人の若者による“ぼくらのショウタイム”、果たしてその結末は…。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)