乃木坂46白石麻衣、西野七瀬の卒業に「やっぱいてほしかったな」

乃木坂46白石麻衣、西野七瀬の卒業に「やっぱいてほしかったな」

乃木坂46白石麻衣が心境を告白

3月23日に放送された「坂道テレビ〜乃木と欅と日向〜」(NHK総合)で、西野七瀬の卒業コンサートの模様をオンエア。改めてメンバーが西野について語るとともに、最後に西野からメッセージも寄せられた。

キャプテン桜井玲香は「いつかは卒業するんだろうなっていうのは、みんななんとなく察してはいたんですけど、意外にも早かったなというのが印象だったかな」。

高山一実は「考え直してくれと。素直に『おめでとう、頑張ってね」って送り出せない自分がいて、もうちょっと『このくらいまでいたら?』っていうのを徐々に延ばしていこうと思ったんですけど、やっぱりなぁちゃんの意志が強くて」。

秋元真夏は「おとなしくて控えめなイメージはありますけど、すごく負けず嫌いで自分の芯もすごく強くて」。

白石麻衣は「乃木坂46のはかなさとか弱い感じっていう、守ってあげたくなるイメージを作ってくれたのは、たぶんなぁちゃんのセンター曲『気づいたら片想い』。西野がいなかったら、乃木坂46のちょっとしたイメージも変わってきたと思うし、西野がいたから新しいコンセプトというか乃木坂46のカラーもできてきたと思うので、乃木坂46にとっては本当に大事なメンバーだなと思います」。

西野本人は「(卒業は)はっきりした1個原因とか理由があるわけではなくて、なんとなくじわじわ自分の中で『あ、もう今かな』みたいな感じで思って」。

また、コンサートでのMCでは、西野は「自分が楽しい気持ちで歌ったり踊ったりできるのはそれを見てくださる皆さんがいる、視線を向けてくれる、手を振ってくれる、アピールしてくれる…すっごい力になりました今まで。

みんな私を見てほしいみたいな気持ちでできる場所なんですよね、唯一、私にとってライブっていうかステージ上は。ステージを降りるとなんか恥ずかしくて、『あまり見ないで〜』ってなるんですけど」。

さらに「卒業を決めた時に、ライブができなくなるっていうのが結構自分の中で悲しいポイントでした。(ライブは)めっちゃ大変なんですけど、全体的に。リハも大変だし、現場で当たれる時間とかも少なかったりして。

寝る時間も割いてみんなリハしたりして本番に臨む…大変なんですけど、なんかその感じがすごい好きで。あと、終わった後もすごくいい気分になれるし、みんなで共有できる達成感『終わったね』みたいな感じが好きでしたね」。

西野が抜けることに関して白石は「たくさん西野も楽曲に参加していたので、その分いろんな子が西野のポジションに入って新しく一緒にやっていくのはすごい新鮮」としながらも「(新しいメンバーで)新しい楽曲になるのかなっていう感じもするので、少しずつ(グループを)変えていかなきゃいけないなと思いつつも、どっか心の中で『あ、でも、この曲なぁちゃんがやっぱいてほしかったな』みたいなところは結構あります…大半(笑)。まだちょっと時間もたっていないので。あぁやっぱり西野に歌ってほしかったなとか思っちゃいますね」。

最後に西野がメッセージ。「乃木坂46の西野七瀬を応援してくださって本当にありがとうございました。皆さんの声が本当に力になりましたし、ネガティブで自信もなかった私ですけど成長できました。ぜひこれからも応援していただけたらうれしいなと思います」。

ネット上では「坂道テレビは最高でした」「なぁちゃんの存在の大きさを改めて実感したよ」「応援し続けます」「本当になぁちゃんに出会えてよかった」「乃木坂46西野七瀬を応援できてよかったです」「大半 うーん、泣く」「涙腺崩壊した」など、大反響が寄せられていた。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)