<はちみつロケット>「『黙っていれば清楚』ってよく言われます(笑)」(森)

<はちみつロケット>「『黙っていれば清楚』ってよく言われます(笑)」(森)

全員10代のアイドルユニット・はちみつロケットにインタビュー!

■ 「7人とも“前に出たい”性格です」(澪風)

――3月20日に4thシングルをリリースした7人組アイドルグループ・はちみつロケットにSPインタビュー。まずは、メンバーの自己紹介をお願いします。

森青葉「私たちはスダーダストプロモーション所属の7人組アイドルで、グループのイメージカラーは黄色、金色です」

澪風「7人が7人とも『積極的に前に出たい!』という性格で、がっつり踊る曲とかは力強いパフォーマンスが見せられていると思います」

公野舞華「楽曲のバリエーションもすごく豊か」

塚本颯来「アイドルっぽい王道ソングから、バラード、カッコいい曲まで」

澪風「ロックもあるよね」

塚本「セクシーだったり、元気いっぱいに盛り上げる感じも。いろんな曲調に挑戦させていただいてます」

森「あとは、コンサートのしゃべり」

華山志歩「なんでも挑戦したいって思ってる人が多いからね(笑)。 (森に向かって)『黙ってたらかわいいのに』ってよく言われるよね?」

森「言われるー(笑)。『黙っていれば清楚』とか」

澪風「でも、そのギャップがいいんだよ。実際のパフォーマンスとなったら、もりりんは声がきれいだし、颯来ちゃんはすごく歌が上手いし、播磨はダンスがすごい」

華山「パフォーマンスとMCの切り替えも注目ってことで」

雨宮かのん「ちなみにMCは楽屋にいるときとあまり変わらない。7人のそのままの関係性が見てもらえると思います!」

■ 「はちロケとしてすごく変われた時期だった」(森)

――これまでの活動を振り返って、ターニングポイントや絆が深まった出来事はありますか?

森「2018年3月のデビューから半年ほどワンマンをやれていなかったんですけど、9月にメジャーデビュー後初のワンマンライブをやることができて、そこでそれまでのリリイベで学んだことを一気に放出できたなって。ステージの見せ方もいろいろ考えるようになったし、はちロケとしてすごく変われた時期だったなと思います」

澪風「そのへんからダンスの先生や演出も変わったんだよね」

森「そう。映像を流してる間に裏で早着替えをしたり、そういう初めての演出も印象的だったな」

播磨怜奈「絆が深まったといえば、私は一昨年の夏の『SIF(しがこうげんアイドルフェスティバル)』」

雨宮「ももクロさんがライブをやっている隣のエリアで、何組ものアイドルがパフォーマンスをやって」

塚本「それに出るための予選ライブもあって、はちみつロケットとして気持ちがひとつになった気がする」

播磨「あと、そこで見てくれたお客さんが1番よかったアイドルに投票して、優勝グループには“衣装代”として100万円が贈られるっていう企画にも参加。それもすごく思い出に残ってない?」

森「あのときは確かに気合が入った。メジャーデビューもまだしてなくて、靴とかボロボロだったし(笑)」

華山「穴が開いてた(笑)」

森「だから100万円もらったら新しい靴が買える!って」

播磨「燃えたよね。ただ、そこで2位という結果になってしまって。悔しくて泣いちゃったな」

華山「メジャーデビューの発表も、すごくうれしかった」

雨宮「イベントの最中に、ファンの方たちと同じタイミングで知って。皆さんも自分のことのように喜んでくれたし、結成から長く時間がかかったぶん、報われるときが一緒に迎えられてよかったなって」

華山「涙してくれる人もいたもんね。忘れられない1日になったな」

■ 新曲は「キャッチ―でポップ!」(森)

――3月20日リリースの4thシングル「忠犬ハチ公」は、どんな楽曲に仕上がっていますか?

公野「女の子目線の曲なんですけど、男の子に向かって結構ズバズバ言っている歌詞がインパクトあります」

澪風「男の子が“わんこ系男子”じゃないけど、素直で純粋で、女の子についていく感じなんです。女の子は逆に大人っぽくて、男の子をリードしてるみたいな」

塚本「最後まで聴いてやっと意味が分かる部分もあるので、1曲を通していっぱい聴いてほしいです」

森「メロディーはすごくキャッチー。ポップで聴きやすいので、一度聴いたらきっと気に入ってもらえるんじゃないかと思います」

■ リリイベに「暖を取りに来て!」(塚本)

――今回のアー写&ジャケ写の衣装は私服っぽくて、ザ・衣装という感じではないですよね?

森「そうなんです。タイトルにかけて、コンセプトは“渋谷”です」

澪風「まさに渋谷を歩いてる女の子って感じで」

華山「イマドキだよね」

森「私たち自身はこんな高度なファッションできないですけど(笑)」

華山「誰一人として私服に近い子はいないもんね。でも、こういうストリート系は今までないチャレンジだったから新鮮」

森「ポイントとしては、きみちゃん(公野)のスカートが短い」

公野「あはははは。レースを使った今流行りのアシンメトリーな感じ。自分では普段手に取らないようなオシャレな衣装を着させてもらってるなーって思いました(笑)」

――シングルのリリースに向けて、リリースイベントも予定されています。

雨宮「いろんなところに行かせていただきますし、今から楽しみです」

澪風「リリイベは無料なので、気になった方みんなに来てほしいですね。“あ、自分の家の近くだ!”と思ったら、ぜひ」

公野「しかも室内だから、あったかいですよー」

華山「冬にやさしいです♪」

塚本「ぜひ暖を取りに来てほしい(笑)。で、私たちと一緒に体を動かして熱くなるっていう」

森「寒いから来た、でも全然OKです!(笑)」

■ 「イヤモニしたことないんです」(森)

――グループの今後の目標はいかがでしょう? 4月6日には初のZepp Tokyoでのライブも控えています。

森「ちょっとマニアックな部分になっちゃうかもしれないんですが、私たち、イヤモニってしたことなくて」

雨宮「今まで1回もないよね」

森「なくてもまだギリギリ聞こえるから。イヤモニが絶対必要なくらい大きい場所でライブをやってみたいです」

澪風「付けてたほうが、見た目もちょっとカッコいいしね。憧れる〜」

塚本「(イヤモニを押さえるふりで)『ちょっと音量上げてくださーい』みたいな(笑)」

播磨「(イヤモニを押さえながら『上げて』のジェスチャーで)こういうのをやってみたいんです!!」

森「夢だよね。でも、まずは4月6日のZeppを成功させて。7人一丸となって熱いパフォーマンスをお届けするので、ぜひZeppに立ってる私たちを見に来てほしいです」

雨宮「見に来てくれた皆さんにも“このZeppの先が見たい”って思ってもらえるようなコンサートを全力でお届けします!」(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)