BEYOOOOONDS一岡伶奈が“20問20答”でハロプロ愛を語る!【ハロプロ誕生20周年記念連載】

BEYOOOOONDS一岡伶奈が“20問20答”でハロプロ愛を語る!【ハロプロ誕生20周年記念連載】

一岡伶奈(いちおか・れいな)=1999年2月25日生まれ、東京都出身

2018年、誕生から20周年を迎えるハロー!プロジェクトをお祝いした記念連載「ハロ!愛(ラブ)」。ハロー!プロジェクトに所属するメンバーが、これまでの活動から感じた20周年への思いや意気込み、アイドルとして日々考えていることなど、“20問20答”でアツ〜く語ってくれました♪ 今回はBEYOOOOONDSより一岡伶奈が登場!!

■ Q1:名前の由来を教えて!

伶奈の伶の字は左側が人偏。これには音楽関係のことに携わって欲しいっていう由来があるみたいです。でも、昔からダンスや歌をやっていたんですけど、何か「なりたい」みたいな感じじゃなくて…。どちらかというとモデルをやっていたので、そっちの方でやっていきたいなと思っていました。そうしたら道がちょっと変わりまして、名前の由来どおりになったなって。

■ Q2:目標の先輩は?

熊井友理奈さん(元Berryz工房)と、鈴木愛理さん(元℃-ute)と、植村あかりさん(Juice=Juice)です。熊井さんは研修生のときにBerryzさんのコンサートに出演させていただいたことがあって、そのときにリハーサルとかを見てくださっていろいろとアドバイスをいただきました。私はモデルになりたかったので、熊井さんの身長がうらやましかったです。身長って高くなりたいと思って高くなれるわけではないので。鈴木さんは、どんな曲でもその曲に合った表情や踊りとかをされていて、それは自分には出来ないことだなって。踊り方を曲によって変えるっていうのは、難しくてなかなか出来ないんです。植村さんは同い年なんですけど、何かもうオーラから違う感じ。遊びに行ったり、お話をさせていただく先輩の一人なんですけど、すごく人懐っこい方なんですよ。でもJuice=Juiceさんでパフォーマンスすると、大人のキレイな女性みたいな感じ。何か、自分にないものを持っている方々に憧れています。

■ Q3:生まれ変わるなら誰になりたい?

熊井友理奈さんですね。身長をいただきたいなと。私の目標は175cmだったんですけど、162.5cmで止まってしまったみたいで…。まだちょっと伸びているんですけど、目標まではいかないので。やっぱり身長が大きいと踊りとかも人一倍大きく見えるし、目立つと思います。

■ Q4:自分がハロプロでいちばんだと思うことは?

笑顔と電車の知識は一番だと思います。ハロー!プロジェクトには電車好きの方ってあまりいないですけど、外に出ると鉄道ビッグ4みたいな方がいらっしゃるじゃないですか。でも、私にはそこまでの知識はないんです。今の自分は東京近辺のよく使う電車や見たりする電車に詳しいので、地方の電車やローカル線は、まだあまり知れてない部分がありますね。あと、機械がこうだから走っているとかも大まかなことしかまだあまり知らなくて…。そういうマニアックな知識は、もっと磨いていきたいなと思います。でも、ハロー!プロジェクトのメンバーとかもそうですけど、電車のことについて語れる人がいないのが悩みです。

■ Q5:ハロプロのすごいところを教えて!

あんなに踊って歌っても、ぶれないところ。あと、汗をかいているのがすてきに見えるところです。夏とかで汗ばんでいたら「あ〜、あの人汗かいてるな」みたいに思うじゃないですか。だけど、ハロー!プロジェクトのコンサートとかで汗をかいていると、何かこうキラキラして見える。汗をかいているからこそ出る、すてきな感じやオーラってやっぱりあると思います。あと誰でも歌がすごい! 誰が歌っても、その人の良さはもちろん、その人だから出来ることがある。一人の存在がすごく大きいんだなって思います。

■ Q6:ハロプロでスペシャルユニットを組むなら誰と組みたい?

Juice=Juiceの金澤朋子ちゃん、こぶしファクトリーの和田桜子ちゃん、つばきファクトリーの岸本ゆめのちゃんと、あと、モーニング娘。’19の牧野真莉愛ちゃんと加賀楓ちゃんと私の6人。ハロプロ研修生の同期です。ハロー!プロジェクトのコンサートとかでやりたいのがあって。一番最初のハロプロ研修生発表会で披露した、℃-uteさんの『桃色スパークリング』を6人でパフォーマンスしたいです。あとは、ダンスだけで踊った『What’s Up愛はどうなのよ』もやりたいなと思います。

■ Q7:BEYOOOOONDSで好きな曲を教えて!

『文化祭実行委員長の恋』が一番好きです。サビのメロディーの感じがすごく好きです。BEYOOOOONDSの曲は演技が曲中に入っているんですけど、この曲は文化祭で清野桃々姫ちゃんが前田こころちゃんに恋をして、その恋が実るまでのお話を描いているんです。高瀬くるみちゃん、江口紗耶ちゃん以外は、桃々姫の心の中っていう役どころを演じているんですけど、何か踊っていてストレス発散になるんです。思い切りやった方が、あの曲はすごくいいところが出る。ストレス発散になりますね。

■ Q8:ハロプロ全体で好きな楽曲は?

つばきファクトリーさんの『可能性のコンチェルト』です。つばきファクトリーさんって清楚でかわいらしい曲を歌っているイメージがあるんですけど、この曲はちょっと違うなって。いつもと違ったクールなつばきが見れる感じがしています。あと、アニメの主題歌っぽい曲調もいいなって。

■ Q9:昔と今のハロプロの違いは?

小さいときにミニモニ。さんやモーニング娘。おとめ組さんがすごく好きだったんですけど、時代とともに曲調も変わっているイメージです。でも、何か耳に残る感じとか、ハローの良さっていうのは変わらないと思います。

■ Q10:自分以外で、このメンバー見たらハロプロが好きになっちゃうイチ推しの子は?

牧野真莉愛ちゃん(モーニング娘。’19)。やっぱり何か飛び抜けて美人で、スタイルもいい。でも、何か突然「まりあんLOVEりんです」みたいなの言うじゃないですか。だから、すごく印象に残る子だなって思います。

■ Q11:自分の一番みてほしいところは?

自分の見て欲しいところはパフォーマンスしているときの笑顔。誰よりも笑顔でパフォーマンスしていると思います!

■ Q12:これから挑戦してみたいお仕事は何?

やっぱりモデルですかね。やっぱ小さいときに、ファッション雑誌とかに出ていた経験はあるんですけど、小さいときの雑誌と大人になってからの雑誌って違う。今もファッションが好きなので、モデルの仕事してみたいなと思います。

■ Q13:BEYOOOOONDSで一番見てほしいところ?

今までのグループとはちょっと曲が違うので、メンバーの動きに注目して欲しいです。何回か見て、やっとその人の動きが分かるみたいなところがあるので、一人ひとりを見ていただきたいなと思います。

■ Q14:20年後は何をしている?

主婦していると思います。多分、主婦していると思いますね。

■ Q15:20周年なので、特別に秘密を教えてください!

人間観察が好きなんですけど、人間観察をしていると良いところも悪い部分も見えてしまうんです。その悪い部分が見えてしまったときに「あ〜ダメだ」って思ってしまいますね。一回でも悪いところが見えると、いい印象よりも悪い印象の方が記憶に残ってしまうんですよね。

■ Q16:20周年を終えた一年後にできるようになっていたいことは?

運動神経があまりよくなくて、側転なんかもできないと思うんですよ。でもBEYOOOOONDSとして、これからどんなことをやっていくのか分からないじゃないですか。だから運動神経がよくなりたいなと思います。

■ Q17:アイドルをやっていなかったら?

モデルです。保育園ぐらいのときから雑誌とかに出ていて、写真を撮られるのがすごく楽しいなと思っていたんです。すごく楽しいなって感じるので、もしアイドル活動をしていなかったら、そっちの道へ行っていたと思います。

■ Q18:今、いちばんハマっていることは?

アニメを見ることです。今、見ているのは『約束のネバーランド』。アニメを見ていたら声優さんとかも詳しくなってきて、Youtubeとかで声優さんのおもしろい動画や生アフレコみたいなのも見ていますね。

■ Q19:ハロプロで仲のいいメンバーは? 最近のエピソードもあったら教えて!

モーニング娘。19の加賀楓ちゃんと、こぶしファクトリー野村みな美ちゃんと、つばきファクトリーの山岸理子ちゃんの4人と仲がいいです。先日も焼肉を食べてから謎解きゲームに行ってきました。グループが違うので、二ヶ月に一回ぐらい会えればいいねって言っていたんですけど、割と一ヶ月に二回ぐらいのペースで会ってますね。あと、今度、闇鍋をする約束もしてます!

■ Q20:あなたにとってアイドルとは?

青春。学校生活とかと平行してアイドル活動をしてきているので、学校の子といるよりもハロー!プロジェクトのメンバーの子とかと一緒にいることが多かった。何か学校に来てるみたいな感じなので、青春ですね。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)