BEYOOOOONDS江口紗耶が“20問20答”でハロプロ愛を語る!【ハロプロ誕生20周年記念連載】

BEYOOOOONDS江口紗耶が“20問20答”でハロプロ愛を語る!【ハロプロ誕生20周年記念連載】

江口紗耶(えぐち・さや)=2003年8月1日生まれ、兵庫県出身

2018年、誕生から20周年を迎えるハロー!プロジェクトをお祝いした記念連載「ハロ!愛(ラブ)」。ハロー!プロジェクトに所属するメンバーが、これまでの活動から感じた20周年への思いや意気込み、アイドルとして日々考えていることなど、“20問20答”でアツ〜く語ってくれました♪ 今回はBEYOOOOONDSより江口紗耶が登場!!

■ Q1:名前の由来を教えて!

さやさやと優しくて、太陽のように明るくてみたいな感じだったんですけど。とにかく優しい女の子になってほしいという思いがあったのは覚えています。紗の字は、よく沙に間違えられることが多いんですけど、気に入っている名前なので漢字まで覚えてほしいなって思います。

■ Q2:目標の先輩は?

鈴木愛理さん(元℃-ute)です。ハロー!プロジェクトを知ったきっかけは、お母さんがモーニング娘。さんが大好きで、指輪や水着とか、小さいこらからミニモニのアイテムを身に着けていることが多くて(笑)。知らないうちに小さいころからハロプロに触れていて、どんどん知っていくうちに鈴木愛理さんが好きになったんです。全てが完璧じゃないですか! かわいいし、モデルのお仕事もされているし、歌もダンスも上手。好きな先輩はたくさんいるんですけど、一番目標にして近づきたいって思うのは鈴木愛理さんです。

■ Q3:生まれ変わるなら誰になりたい?

なりたい人いっぱいいるなぁ。うーん(悩)。いっぱいいます! 佐々木莉佳子さん(アンジュルム)みたいに、モデルのお仕事とかオシャレをしてみたいし、小田さくらさん(モーニング娘。’19)みたいに、誰もがうまいと思えるような歌声で歌ってみたい。佐藤優樹さん(モーニング娘。’19)みたいに、みんながかっこいいと思うようなパフォーマンスをしてみたいし、森戸知沙希さん(モーニング娘。’19)みたいに、お人形さんみたいな顔立ちに生まれたい。みんな好きで憧れです。もう毎日全員に生まれ変わって、全制覇したいです!

■ Q4:自分がハロプロでいちばんだと思うことは?

言いたくないなー(笑)。自分で言うのがなんか…。結構言っていただくことが多くて、ありがたいんですけど、自分で足が自慢なんですよってあんまり言えないなって(笑)。チャームポイントはまつ毛なんですけど、ハロプロで一番ではないと思うんですよね。

■ Q5:ハロプロのすごいところを教えて!

歌とダンスのレベルが高い。コンサートとかで、メンバーながらほかのグループの方が歌っているのを生で聴けるのが贅沢だなって思います。個人的に、CDとかの歌もものすごく上手なんですけど、ライブで聴いたときの響きとかの方が迫力あって好きだなって。

■ Q6:ハロプロでスペシャルユニットを組むなら誰と組みたい?

以前のハロー!プロジェクトのコンサートでメンバーカラーごとに集まって歌う企画があったので、私も黄色のメンバーの方と一緒に歌ってみたいです。佐々木莉佳子さん、船木結さん(アンジュルム/カントリー・ガールズ)、高木紗友希さん(Juice=Juice) 、横山玲奈さん(モーニング娘。’19)、岸本ゆめのさん(つばきファクトリー)だと思います。最初、メンバーカラーはピンクがよかったんですけど、今は黄色が気に入っています。舞台のときに佐々木さんが「おんなじ黄色でうれしいよ」って言ってくれて、きゅんきゅん!みたいな。うれしーってなりましたね。

■ Q7:BEYOOOOONDSで好きな曲を教えて!

CHICA#TETSUの『都営大江戸線の六本木駅で抱きしめて』。個人的にカントリー・ガールズさんみたいなかわいい曲が好きで、そういう歌が歌えたらいいなって思っていました。そうしたら、かわいい曲を歌わせていただくことになったんです。電車がコンセプトになっているので、列車がつながるみたいな振りが多くて楽しい。ほかにもハートを描いてみたり、歌も振り付けもかわいくしていただいたので、みんなにかわいいって思ってもらえるように頑張りたい!

■ Q8:ハロプロ全体で好きな楽曲は?

モーニング娘。さんの『The Vision』です。これはオーディションのときの課題曲だったんですけど、そこにいっぱい気持ちも込められているし、歌詞がよくて落ち込んだときとかに聞くと支えられているような感じなんです。聞いていると安心感があるというか、いい気持になります。

■ Q9:昔と今のハロプロの違いは?

昔と今のかっこいいとかわいいが違うなって。20年という歴史の中で、その時代のかっこいい、かわいいが変化してきている。ダンスも歌もですけど、時代によってジャンルというか、見方がかわってきているなって。

■ Q10:自分以外で、このメンバー見たらハロプロが好きになっちゃうイチ推しの子は?

どなたを見てもハロプロを好きになるはずです。佐藤優樹さんや小田さくらさんは、歌声とかパフォーマンスを見たときに本当にアイドル?って思うくらいカッコいい。あと佐々木莉佳子さんと牧野真莉愛さん(モーニング娘。’19)は、モデルのお仕事とかもされているじゃないですか。だから、よく本屋さんで見かけるんですけど、そういうところからもハロプロを知っていただけることもあるんじゃないかな?って。全員好きになります! 全員すごいところがあって、どなたを見ても決めきれない。もっと知りたいって思うはずです!

■ Q11:自分の一番みてほしいところは?

まだ、めっちゃ歌が上手とか、ダンスが上手っていうわけじゃないので、ここが自慢できるっていうのはあんまりないんです。でも歌が初心者だったので、最初の方に比べたら上手になったねって先生も言ってくださいました。まだまだ未完成だけど、見るたびにどんどん歌もダンスも上手になったんじゃない?って思われるようになりたいです。

■ Q12:これから挑戦してみたいお仕事は何?

モデルさんのお仕事をやってみたいです(照)。小さいころからアイドルになりたいっていうのが夢なんですけど、ファッションとかでも、モデルさんってみんなの見本となる存在で。身長も今、ぐんぐん伸びてきているので! 1年間で16cmも伸びました!

■ Q13:BEYOOOOONDSで一番見てほしいところ?

一人一人の特技とかもあるし、性格がおもしろい。個性も強いんですけど、パフォーマンスになると、まとまるところはしっかりとまとまります。ダンスが上手、歌が上手っていうメンバーが多いので、お芝居をやるから珍しいっていう部分だけに頼らず、普通のパフォーマンス面でも注目される存在になりたいです。

■ Q14:20年後は何をしている?

35? えー? 卒業しても芸能界に残るのか残らないのかでも違いますよね。先輩方が長い間築きあげてくれて、そのさらに20年後。だから、ハロー!プロジェクトは続いていてほしいなって。ライブを見に行きたいですね。あと、今もずっと活躍されている先輩を見ると、カッコいいなって思う。なので、もしかしたらこの先の思いは変わるかもしれないですけど、テレビとかに出られたらいいなって思います。

■ Q15:20周年なので、特別に秘密を教えてください!

みんなで怖い話をするのとかは大丈夫ですが、一人でお仕事の帰り道とか、暗いと怖くなってきちゃいます。いつも泣きながら早歩きで帰ります(笑)。すれ違う人、一人一人に殺されるんじゃないか?って(笑)。あんまり街灯がないとか、人通りが少ないときは、ママと電話をしますね。

■ Q16:20周年を終えた一年後にできるようになっていたいことは?

フルコースの料理を作って、家族に食べさせてあげたいっていうのはあるんですけど…。何だろう、めっちゃ怖いジェットコースターに笑顔で乗れるようになりたいです。卒業遠足で東京ディズニーシーへ行くんですけど、そのときにタワー・オブ・テラーに無理やり乗せるからねって言われて。それまでに落ちる練習したいです。ベッドへ垂直に飛び込むとか? 練習して慣れないといけないですね。

■ Q17:アイドルをやっていなかったら?

もともとハロー!プロジェクトが好きで入ったので、なっていなかったらファンとしてライブへ行っていたと思います。ファンとしてペンライトわーって(笑)。ずっとアイドルになるしか考えてなかったです。もしかしたらモーニング娘。さんのオーディションを受け続けていたかもしれません。何度落ちても。

■ Q18:今、いちばんハマっていることは?

トランポリンとお人形を集めること。ディズニーが大好きなので、ディズニーのグッズを部屋に飾りまくっていますね。あとは、かわいい靴を集めることですね。トランポリンは直径100cmくらいなんですけど、円型のやつがあって飛んでます。

■ Q19:ハロプロで仲のいいメンバーは? 最近のエピソードもあったら教えて!

最近はモーニング娘。’19の生田衣梨奈さんと、アンジュルムの船木結さんと一緒に遊びへ行かせていただいたりしました。あとはアンジュルムの伊勢鈴蘭ちゃん。同い年で遊ぶ約束をするほど仲がいいです。生田さんとは全然お話ししたことなかったんですけど、20周年のチェキ会で一緒になって、そこからお話しするようになってうれしいです。この前、ご飯もお誘いしてくださったんです!

■ Q20:あなたにとってアイドルとは?

人生。そのこころは、小さいころからママがずっとアイドルにさせようって思っていたらしくて、オーディション受けて一回落ちて、すごくめげたんです。けど、絶対になりたかったからもう一回受けて、落ちた。それなのにハロプロ研修生に加入させていただいて、BEYOOOOONDSとして活動させていただけて、すごく幸せです。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)