<いだてん>今週も1位! 重責を負いながらも疾走する中村勘九郎の姿に感動の声続出!【視聴熱TOP3】

<いだてん>今週も1位! 重責を負いながらも疾走する中村勘九郎の姿に感動の声続出!【視聴熱TOP3】

「いだてん」が同曜日2週連続で首位に! 「プレッシャーと二人三脚で走ります」と覚悟を決めてスタートに臨んだ四三(中村勘九郎)の姿が多くの視聴者の胸を締め付けた

webサイト「ザテレビジョン」では、3月24日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。

1位「いだてん」(毎週日曜夜8:00-8:45、NHK総合)19345pt

3月24日に第12回「太陽がいっぱい」が放送された。出場するマラソンの当日を迎えた四三(中村勘九郎)だったが、体の具合が良くない監督の兵蔵(竹野内豊)を抱えてスタジアムに入り、準備万端とは言えないままスタートを切った。序盤は順調に順位を上げていくも、記録的な暑さと慣れない石畳の影響で体に異変を来し、コースを外れてしまう。

重責に押しつぶされそうになりつつ「プレッシャーと二人三脚で走ります」と覚悟を決めてスタートに臨んだ四三。やがて日射病となり朦朧状態に。照り付ける太陽のもとで疾走し、日射病による視野の変化、幼い頃の幻影と、厳しい条件下のマラソンの様子を表現した映像に称賛が集まった。

そして、ラストはホテルに運ばれていた四三が目覚めるシーンへ。嘉納(役所広司)や弥彦(生田斗真)らが心配するなか、「大和魂をどこへ捨てた?」と問い詰める京都帝大教授・田島(ベンガル)に、安仁子(シャーロット・ケイト・フォックス)が「だまりなさい」と一喝。

それには「よく言ってくれた」との声が続々と上がったが、その後「すいまっせん…すいまっせん…」と謝り続ける四三の姿は、その頑張りやプレッシャーを知るだけに多くの視聴者の胸を締め付けた。

2位「離婚なふたり」(4月5日[金]・12日[金]、夜11:15-0:15、テレビ朝日系)11620pt

4月5日(金)、12日(金)に前後編で放送される、リリー・フランキー主演のスペシャルドラマ。リリーが演じるのは、理想の夫婦を描かせたらナンバーワンといわれる売れっ子脚本家・野田隆介。23年間連れ添った妻・今日子(小林聡美)から離婚を切り出され、想定外のことに執筆そっちのけで悩む隆介が、今日子から依頼された弁護士・堂島(岡田将生)から突き付けられる要求にどんどん追い込まれていく様子を描く。

メインテーマ曲に決定したジェジュンの新曲「君だけになる前に」が3月25日(月) 午前0時からiTunes、Apple Musicで先行配信がスタートした。

ジェジュンはメインテーマ曲となったことについて「僕の新曲が、ドラマのテーマ曲になって大変嬉しいです。特にリリーさんとは別の番組でもご一緒させて頂きましたので、とても親近感を感じています。このドラマをきっかけに僕の音楽も色々な方々に聴いてもらえたら幸せです」とコメントを寄せている。

3位「PRINCE OF LEGEND(プリンスオブレジェンド)」(日本テレビ)4920pt

映画、ドラマ、ゲーム、ライブ、イベントとメディアミックスで展開するプリンスバトルプロジェクト。2018年10〜12月に放送されたドラマに続き、3月21日に映画が公開された。GENERATIONSの片寄涼太、劇団EXILEの鈴木伸之らが出演し、個性豊かな14人の王子が“三代目伝説の王子”の座を巡って繰り広げるバトルを描く。

3月24日の「GENERATIONS高校TV」(毎週日曜夜9:00-10:00、AbemaTV)で、本作に出演する鈴木、町田啓太、清原翔がゲストで登場したコラボSPを放送。「王子が大渋滞SP」と題し、小森隼、白濱亜嵐、数原龍友、中務裕太の“GENE高チーム”と、GENERATIONSから本作に出演している片寄、佐野玲於、関口メンディーと鈴木らによる“王子軍団”で対決を繰り広げた。

映画のテーマ曲が終わるまでに何回お尻を振れたかで勝敗を決める「尻ふりプリンス選手権」、「こちょこちょ腕相撲」、「風船割れてもプリンス顔選手権」を実施。

「風船―」の第2試合目では、実は公開初日に映画に出演していることがサプライズで判明した白濱と鈴木が対戦。鈴木が「イメトレ、バッチリできてるんで」と顔を披露すると、白濱も「僕はずっとキメ顔でこのままこういきます」とした表情が鈴木とほぼ同じで、「一緒」「不正じゃない?」とツッコまれた。結果は、白濱が風船を割っても表情が変わらず、ポイントを獲得。だが、これまで白濱は番組での行動から“不正リーダー”と呼ばれており、GENE高公式アカウントでは「#亜嵐の不正が大渋滞」とタグ付けられて、本番組の告知がされていたことも話題になった。

「こちょこちょ―」は引き分けとなったが、“王子軍団”が2勝し、続きは近日公開予定。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4〜10位のランキングやバラエティーランキング、またウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計した、今熱い番組を計る新指標(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)