<ひよっこ2>有村架純、「私は一人の時間を満喫できる“ひとりっこ”タイプ」

<ひよっこ2>有村架純、「私は一人の時間を満喫できる“ひとりっこ”タイプ」

「ひよっこ2」に主演する有村架純

連続テレビ小説「ひよっこ」('17年NHK総合ほか)の続編が3月25日(月)から4夜連続で放送。みね子(有村架純)と秀俊(磯村勇斗)の結婚から2年後の'70年・秋を舞台に、おなじみのキャラクターたちの近況が描かれる。

「私自身『ひよっこ』が終わったと実感するのが遅くて、なかなか気持ちを切り替えることができませんでした。1年近くみね子と向き合っていたので、そんなにすぐには忘れられないですよね。茨城弁も抜けないし(笑)。今回の脚本は、前作と同じ世界観が描かれていて。時間はたっているけれど、まるで何も変わっていないような感覚になれたので、きっと見てくださる方たちも『あ、これこれ』っていうような気持ちになってもらえるんじゃないかなって思いました」

みね子と秀俊の新婚生活はどんな感じなのか、気になるところ。

「ヒデさんとみね子って、結婚する前から夫婦のような関係だったので、今からがすごく楽しい時間という感覚。2人の距離感に変化はないです。ただ、みね子のワクワク度は上がっているかも(笑)」

みね子も、すっかり東京の暮らしになじんでいる様子。

「特にすずふり亭で働いているシーンや裏天広場でみんなとしゃべっているときのお芝居は楽しいんです。そう感じた時に、みね子は東京の人になったんだなと思いました。でも、みね子はみね子のままなので、結婚して年齢も重ねているけど、落ち着き過ぎないように演じることを心掛けました。一つ変わったところがあるとしたら、すずふり亭で働いているときの髪形。みね子はリボンをしているという印象があると思うので、前回よりも低い位置でポニーテールにしてリボンでまとめています。メークさんと話し合って決めました」

気心が知れた共演者との撮影では、常に笑いが絶えないとか。

「谷田部家は、お父ちゃん(沢村一樹)もお母ちゃん(木村佳乃)もよくしゃべるし、時子(佐久間由衣)と三男(泉澤祐希)が一緒のシーンでは、顔を見ただけで笑いそうになります(笑)。裏天広場での元治さん(やついいちろう)と宗男さん(峯田和伸)のやりとりも本当に面白くて。乙女寮のメンバーとは、すぐにいつもの空気感に戻れる安心感がありますね。そういう温かくて楽しい雰囲気が伝わったらいいなと思っています」

タイトルにちなんで、有村自身は“○○っこ”なのか聞いてみた。

「私は“ひとりっこ”です(笑)。割と一人の時間を満喫できるタイプ。ちょっと前に一人旅でフィンランドに行きました。すごく楽しかったので、また近いうちに行きたいなと思っています」(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)