吉幾三、千原ジュニアに“恨み節”「おまえがベラベラ勝手に喋りまくるから…」

吉幾三が「こんなところに日本人」に“旅人”として初登場 千原せいじに"恨み節"も

記事まとめ

  • 吉幾三が「世界の村で発見!こんなところに日本人」に“旅人”として初登場した
  • 千原ジュニアと食事をしたことが出演のきっかけになったそうだが、吉からはうらみ節も
  • 千原せいじは自身2度目となるエジプトを訪れ、高橋みなみはノルウェーを訪れる

吉幾三、千原ジュニアに“恨み節”「おまえがベラベラ勝手に喋りまくるから…」

吉幾三、千原ジュニアに“恨み節”「おまえがベラベラ勝手に喋りまくるから…」

吉幾三がエチオピアを訪れる

歌手の吉幾三が、3月26日(火)放送の「世界の村で発見!こんなところに日本人 3時間スペシャル」(夜7:00-9:48、テレビ朝日系)に“旅人”として初登場。およそ1年ぶりのテレビ出演を果たす。

番組MCの千原ジュニアと吉が、以前食事をしたことが今回旅人として出演するきっかけになったそう。

ジュニアは「『エチオピアには、どうしても行きたいんだ!』と熱烈におっしゃるので、スタッフに掛け合ったところ行っていただけることになったんです!」と鼻高々でVTRを紹介する。

しかし、VTRが始まりエチオピアの首都・アジスアベバにあるボレ国際空港に降り立った吉は「ジュニアよ。おまえがベラベラ勝手に喋りまくるからエチオピアまで来ることになってしまったやないか!」とうらみ節。

吉によると、食事しながら「エチオピアの昔の日本大使の方を知っている」と語っただけということらしく、その時点で2人の間で“ボタンの掛け違い”があったようだ。

ただ、“経緯”に不満はあるものの、エチオピアでの吉の日本人探しは人情味あふれるものに。 

7時間以上ものバス移動では、地元の乗客と話に花が咲き、吉が自身の名曲「酒よ」のワンフレーズを歌い、さらには日本語とエチオピア語を交えて作詞したオリジナルソングも披露する。

乗客たちから拍手喝采を受けた吉は「知らない国に来て、こうして曲を聴いてもらってね…こうして伝わったというのは本当にありがたいねぇ」と、うれしさのあまり感激する一幕も。

■ 千原せいじはエジプトへ!

ほか、千原せいじは自身2度目となるエジプトを訪れ、歴史的な遺跡が数多くその地に残るルクソールへ。

歴代のファラオが眠ら王家の谷の迫力に圧倒されるせいじは「ツタンカーメンの墓を見学しよ!」と一般公開されている三角山の内部へ潜入。すると、エジプト考古省から「せいじはよくアフリカに来ているから」と、通常は立入禁止となっている直近エリアでの取材許可が下りるという奇跡が。

間近でツタンカーメンと対峙(たいじ)したせいじは「ここで見ると全く違う! オーラが違う!」と感激。「ここ5年くらいで一番の感動ちゃうかな」としみじみ振り返った。

エジプト旅の果てに出会った日本人は、ファラオに眠るトトメス3世に初恋をしたという日本人女性。彼女の“ラブストーリー”にも注目が集まる。

さらに、スタジオレギュラーの高橋みなみがノルウェーへ。2度目の日本人探しの旅で、前回カナダの北極圏で見逃した「オーロラ」を見に行く。果たして今度こそ見られるのか?(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)