<ひよっこ2>有村架純&磯村勇斗の“ラブラブ新婚生活”に「本当に癒し!」の声

<ひよっこ2>有村架純&磯村勇斗の“ラブラブ新婚生活”に「本当に癒し!」の声

みね子(有村架純)とヒデ(磯村勇斗)のイチャイチャっぷりにファンほっこり

ついに「ひよっこ」が帰ってきた――。有村架純が茨城出身のヒロイン・みね子を演じた2017年上期連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK総合ほか)の続編となる「ひよっこ2」(3月25〜28日まで、夜7:30-8:00)の第1回が25日、放送された。みね子(有村)と“ヒデ”こと前田秀俊(磯村勇斗)の新婚生活がたっぷり描かれ、ファンから「ヒデみね可愛すぎ!!」の声が殺到している。(以下、ネタバレがあります)

「ひよっこ」は、茨城県の北西部にある山あいの村・奥茨城村(※架空の村)で育った谷田部みね子が集団就職で上京し、自らの殻を破って成長していく波乱万丈青春記として描かれた。

魅力あふれるキャラクターたちや心洗われる優しい物語が人気を呼んだ本作。好評を受け、2年の時を経て朝ドラとしては異例の続編「ひよっこ2」放送となった。

■ 「たまには2人で飲みに行く?」「行く行く!うふふ」

朝ドラ時のメンバー総出演で制作された「ひよっこ2」。第1回では、それぞれの“2年後”が描かれた。

中でもファンの注目を集めたのはみね子&ヒデの新婚夫婦のラブラブっぷり。「ひよっこ2」放送に先駆け、24日には「ひよっこ」公式Twitterで、2人がおたがいを褒め合う“イチャイチャ動画”がアップされ、第1夜オンエアまでに視聴数が20万回を超えるなど盛り上がる中、待望の第1夜が放送された。

初回はみね子とヒデの結婚式シーンからスタート。ヒデの隣でみね子が「幸せに生きていきます!」と笑顔でスピーチすると、視聴者からはさっそく「ひよっこが帰ってきた!!」「幸せすぎて涙出る」といった反響が上がった。

本編冒頭、まずは東京・赤坂のあかね荘で暮らすみね子とヒデの朝食シーン。「きょうの目玉焼きすっごくキレイに焼けたの」(みね子)、「昨日は破れちゃったもんね。破れてもおいしい」(ヒデ)、「もう!(ニコッ)」(みね子)という新婚夫婦らしい風景が描かれた。

夜には、帰宅後ヒデが「たまには2人で飲みに行かない?」と提案。みね子も「行く行く!うふふ」と応じ、家を出るときにはみね子が「ちょっと待って!はい」とヒデに腕を絡ませるイチャイチャっぷり。「やっぱいいね、その服。似合う」(ヒデ)、「本当?うれしい!」(みね子)と“2人の世界”を展開し「ひよっこ」ファンを魅了した。

■ 「聖ちゃんとギャップありすぎ」驚きの声も

朝ドラ放送時からすでに、ドラマ内でも現実でも2年が経過している。その“描かれていない2年間”をありありと想像させるみね子とヒデの新婚生活に、視聴者からはSNSなどで「みね子とヒデ、幸せそうすぎて泣けてくる…」「ヒデみねの新婚生活をのぞき見できるの最高すぎる!!」「ヒデみね夫婦本当に癒し。ずっと見ていたい…」「お似合い!!リアルに付き合ってほしい」の声が続々。

「ひよっこ2」の撮影がドラマ「中学聖日記」(TBS系)とほぼ同時期だったという有村には、「中学聖日記のあとに、みね子…ギャップありすぎ!」「みね子と聖が別人すぎて感動した」「有村架純ちゃん尊敬する!」といった声も。多くの同作ファンが、変わらぬ「ひよっこ」の世界観に喜びの声を上げている。

■ 気になる!第2回のあらすじは…?

あかね荘やすずふり亭、奥茨城の面々の変わらぬ日常とちょっとした変化が絶妙なバランスで描かれた第1回。第2回では、「ひよっこ」ファンに愛された破天荒な茨城人、みね子の叔父・宗男(峯田和伸)が登場!

奥茨城で花の出荷を手伝っていた宗男が、こっそり東京行きのトラックに乗り込んでしまう。その時、高校で進路相談中のちよ子(宮原和)は、ある決意を伝えていた。

一方、赤坂では、久しぶりに乙女寮の仲間たちが集まる。幸子(小島藤子)から綿引(竜星涼)と雄大(井之脇海)のその後を聞いて驚く一同。さらに、時子(佐久間由衣)は女優の仕事の悩みを打ち明け、みね子はヒデへの想いを告白する。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)