竹中直人「ずっと僕のそばにいてくれた」相棒・モルモットの大福が記者会見に登場

竹中直人「ずっと僕のそばにいてくれた」相棒・モルモットの大福が記者会見に登場

「やじ×きたー」の記者会見にモルモットの大福が登場!

4月6日(土)スタートの土曜ドラマ9「やじ×きた 元祖・東海道中膝栗毛」(毎週土曜夜9:00-9:55、BSテレ東)の記者会見が行われ、和田正人、松尾諭、竹中直人が出席した。

本作は、十返舎一九の「東海道中膝栗毛」を原案に、元役者のお調子者・喜多さんこと喜多八(和田正人)と、芸術家気取りの“エロおやじ”・弥次さんこと弥次郎兵衛の旅を描く、相棒(ブロマンス)時代劇。

会見では、竹中直人演じる十返舎一九の相棒であるモルモットの大福が登場。

竹中は、「(大福は)本当にいい子だったんだよ。撮影中、誰にも迷惑かけなかったんだ。じっとしてくれたり、いい具合の方向を見てくれたり、本当に優しかったね、大福。僕の話をよく聞いてくれた」と絶賛。

また、竹中は大福に耳を近づけ、大福の“話し”を聞き、「今なんかすごく緊張しているみたいです」と大福の思いを代弁した。

■ 大福「とても楽しい現場だった」

さらに「撮影の感想は?」という大福への質問に対し、「『なんか竹中君がとても優しくて、いっぱいかわいがってもらって、とても楽しい現場だったよ』って言っています。『竹中さんの優しさに自分が抱きしめられている感じで、そのことしか印象にない』そうです」と、竹中がかわいらしい声で大福の気持ちを代わりに回答し、会場を笑わせた。

竹中は、「大福がずっと僕のそばにいてくれたことがすごくうれしくて。大福はずっと僕たちの言うことを聞いて、静かに全然暴れずにおとなしくしてくれた」と大福への思いを語った。

会見の最後に“大福”が「ぜひ僕を見てほしい!」とアピールし、会場を和ませた。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)