和田正人、女性とお金が大好きな喜多さんの役作りに「そりゃもう苦労しました(笑)」

和田正人、女性とお金が大好きな喜多さんの役作りに「そりゃもう苦労しました(笑)」

「やじ×きたー」は4月6日(土)スタート!

4月6日(土)スタートの土曜ドラマ9「やじ×きた 元祖・東海道中膝栗毛」(毎週土曜夜9:00-9:55、BSテレ東)の記者会見が行われ、和田正人、松尾諭、竹中直人が出席した。

本作は、十返舎一九の「東海道中膝栗毛」を原案に、元役者のお調子者・喜多さんこと喜多八(和田正人)と、芸術家気取りの“エロおやじ”・弥次さんこと弥次郎兵衛の旅を描く、相棒(ブロマンス)時代劇。

和田は「昨年の8月からおよそ3カ月間、京都で撮影をやってまいりました。そこからおよそ半年くらい空き、いよいよこの作品の封が切られるということで感慨深いものもあり、やっと弥次さん、喜多さんの旅がここから始まるのかなという実感をしております」とあいさつ。

続けて松尾は「ふざけたドラマです。できる限り一生懸命ふざけました」と話した。

また、十返舎一九を演じる竹中は「作家の役は過去に何度かやらせていただきましたが、十返舎一九をやるのは初めてで、とてもうれしかったです。僕は遠くから二人を見つめていることが多い役でしたが、とても楽しい現場でした」と語り、「面白い作品になっているんだよね?(笑)」と和田と松尾に聞くなど、おどけてみせた。

■ 弥次さん、喜多さんの役作りについて

喜多さんは女性が大好きで、目先のお金に目がくらむという役どころ。役作りについて聞かれた和田は、「そりゃもう苦労しました(笑)」とのこと。さらに「松尾さんは地でいくように演じていらっしゃいましたけれども」と言って笑いを誘った。

それに対し松尾は「和田君もおっしゃった通り、僕はほとんど地のままやったので役作りは特になかったです」と言いつつ、「僕は、和田君は役作りしてないのかなと思っていたんですけど、地は意外に真面目なんですね?」と和田に迫り、和田も「そうですね、だいぶ自分とはかけ離れた役を演じたなという印象はあります」と回答。すると松尾は、「だとしたらずいぶんお芝居が“お上手”なんですね」と言って会場を笑わせた。

そんな仲の良い二人だが、以前に共演したこともあるということで、最初の本読みのころから息が合っていたとのこと。さらに、「(京都での撮影中は)ウィクリーマンションの隣同士に住んでいて、朝から晩まで松尾さんなんですよ」と明かした。

撮影で大変だったことについて和田は、「(撮影)初日が“ふんどし一丁”で、2階から飛び降りて駆け回るシーンだったので大変でしたが、初日にそれだったので逆にもうその後からは吹っ切れたというか。裸を見せようが、何を見せようが全く苦じゃなく、ちょっと快楽に思えるくらい楽しませていただきました」と語る。

すると松尾が「(2階から飛び降りるシーンは)当初、吹き替えでやろうかと言っていたんですが、和田君が『ぜひ、やらせてくれ』と言って。1話なので気合いが入っていましたが、12話では『吹き替えいないんですか?』って聞いてたよね」と暴露。

そのシーンは水に飛び込むシーンということで和田は、「汚い池があるんですけど、そこにカツラを着けて飛び込まないといけなくて。『そこは僕なんだ』と思って。やりましたけど(笑)」と、撮影でのエピソードも飛び出した。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)