綾瀬はるか「自転車節」披露! NHKホールに「四三さ〜ん!」を響かせる<いだてん>

綾瀬はるか「いだてん」で披露している"自転車節"歌唱 中村獅童と峯田和伸も参加

記事まとめ

  • 「RUN! HOPE! RUN!〜N響×大友良英×いだてんコンサート〜」公開収録が行われた
  • 中村獅童、綾瀬はるか、峯田和伸ら「いだてん」出演者が登壇、小松政夫もゲストで登場
  • 綾瀬は劇中でも披露している「自転車節」、獅童と峯田は「スーダラ節」で歌唱に参加

綾瀬はるか「自転車節」披露! NHKホールに「四三さ〜ん!」を響かせる<いだてん>

綾瀬はるか「自転車節」披露! NHKホールに「四三さ〜ん!」を響かせる<いだてん>

「自転車節」でキュートに「四三さ〜ん!」と叫んだ綾瀬はるか

3月31日(日)に放送される「RUN! HOPE! RUN!〜N響×大友良英×いだてんコンサート〜」(昼3:00-4:30、NHK BSプレミアム)の公開収録が3月10日に東京・NHKホールで行われ、中村獅童綾瀬はるか峯田和伸ら「いだてん」出演者が登壇。

綾瀬は、劇中でも披露している「自転車節」と「ムーン・リバー」の2曲を、獅童と峯田は、小松政夫と共に「スーダラ節」で歌唱に参加した。

このコンサートは、NHK総合ほかで放送中の大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか)の劇伴を担当している音楽家・大友良英氏がナビ―ゲーションと音楽監督を務めているもの。「いだてん」の劇中歌の他にも、東京オリンピックが開催された1960年代の音楽などが演奏された。

演奏に参加したのは、NHK交響楽団、新国立劇場合唱団、大友良英スペシャルビッグバンド、芳垣安洋率いる打楽器集団「オルケスタ・ナッジ・ナッジ」、そして、ギターの佐藤紀雄、口笛の柴田晶子、三味線の吾妻宏光ら、総勢150人を超える奏者たち。

コンサートは、「いだてん」メインテーマの生演奏でスタートを切り、音楽がなり始めると、バックスクリーンが上がり、合唱団が登場。さらにその背景には、横尾忠則氏デザインの「いだてん」の特徴的な題字がくるくると回る仕掛けになっていた。

一曲目の演奏を終えた大友氏は、「高まってます!」と興奮ぎみ。その後は、劇中で峯田演じる浅草の人力車夫・清さんの登場シーンなどで流れている「ランナー」と「浅草六区」が演奏された。

客席でコンサートを見ていた獅童は、感想を聞かれると「生は素晴らしいですね。かっこいい! 鳥肌もんです」と目を輝かせる。綾瀬、峯田もその言葉にうなずいていた。

■ 綾瀬はるか「四三さ〜ん!」

今回大河ドラマの劇伴を担当するにあたって、大河のメインテーマを多く聞いたと語る大友氏。その中でも、大友氏が初めて見た大河ドラマだったという「黄金の日日」(1978年)と、“大河らしい”音楽だと語る「赤穂浪士」(1964年)のメインテーマなどが演奏された。

その後は、1964年の東京オリンピックの記録映画に登場する音楽などを披露。すると、バックスクリーンには「いだてん」後半の主人公で、東京オリンピック開催に奔走した人物である田畑政治(阿部サダヲ)の映像が流れ、観客を大いに盛り上げた。

第2部では、綾瀬、獅童、峯田が壇上の特設ステージで「いだてん」トークを。綾瀬演じる春野スヤは、これまでの放送では、四三に淡い思いを抱きつつも、別の男性と結婚する役どころ。スヤと四三の関係について、綾瀬は「二人は、真っすぐで正直なところがとても似ていると思います」と語る。そして、これからの二人がどうなるのか聞かれ「後に、私は四三さんの妻になる…予定なので、その後に二人がどうなるのか楽しみにしていてください」と予告した。

そして、そんな綾瀬が劇中で歌ったことで話題になった「自転車節」を歌唱することに。

実は、この「自転車節」は実際に当時流行した楽曲だったものの歌詞しか残っておらず、節を作ったのは大友氏だったそう。大友氏は「ハイカラ節にちょっと寄せて作りました」と明かした。

綾瀬は、「あーいたかばってんあーわれんたい」と劇中でおなじみのフレーズを歌いつつ「四三さ〜ん! どこにおるとね〜?」とアドリブを入れ、キュートな笑顔を見せた。

さらに、綾瀬は1961年に日本で公開された映画「ティファニーで朝食を」の主題歌「ムーン・リバー」で、伸びやかな歌声をNHKホールに響かせた。

歌唱前は「プルプルしちゃう…」と緊張していたようだが、2曲を歌った綾瀬は「自転車節は楽しく歌えました! ムーンリバーは緊張しました。難しかったです。N響さんを見れば見るほど緊張してくるという…。大友さんも入って欲しいという気持ちになりました」とコメントした。

■ 小松政夫もゲストで登場!

獅童と峯田でハナ肇とクレイジーキャッツの「スーダラ節」を歌うと発表されると、会場からは「おお〜!」というどよめきが。峯田は「歌もやって、演技もやるという元祖のクレイジーキャッツさんの曲を歌えるのは本当にうれしいです」と笑顔に。そこに、ゲストの小松政夫が登場すると、さらに会場の温度が上がる。

3人は歌い踊りながら自由にステージを駆け回るが、小松が「スーダラ節」の歌詞を一部間違えてしまうというハプニングが起こり、「間違えたから、もう一回いい?」と小松がお願いすると、大友氏も「楽しいな!」と言いながら快諾。

2回も「スーダラ節」が聞けるという思わぬ展開に、観客からは大きな拍手が送られた。

他にも、薬師丸ひろ子、島津亜矢などの豪華ゲストが登場し、「夢であいましょう」「見上げてごらん夜の星を」などの名曲を歌唱。

コンサートは、「いだてん」メインテーマでグランドフィナーレを迎え、観客全員の「らーららららー!」の大合唱が響き渡った。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)