「ちゃんと働けば、必ずいつか報われる」名言&名演技で<なつぞら>1位に【視聴熱TOP3】

「ちゃんと働けば、必ずいつか報われる」名言&名演技で<なつぞら>1位に【視聴熱TOP3】

4月4日の「視聴熱」デイリーランキング・ドラマ部門で、広瀬すずらが出演する連続テレビ小説「なつぞら」がランクイン

webサイト「ザテレビジョン」では、4月4日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。

1位「なつぞら」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15、NHK総合)15631pt

4月4日に放送された第4話は、草刈正雄が演じる頑固者の祖父・泰樹が発した言葉が「名言」と大きな反響を呼んだ。

なつ(粟野咲莉)を連れて帯広の闇市にやってきた泰樹は、なつが東京で兄妹と必死で生きていた時のことを聞く。その後、「菓子屋 雪月」に向かうと、店主の雪之助(安田顕)が泰樹の持参した新鮮な牛乳と卵でアイスクリームを作る。

アイスクリームを食べながら泰樹はなつに「それはお前が搾った牛乳から生まれたものだ。よく味わえ。ちゃんと働けば、必ずいつか報われる日が来る。報われなければ、働き方が悪いか、働かせる者が悪いんだ。そんなとこはとっとと逃げ出しゃいいんだ。

だが一番悪いのは、人がなんとかしてくれると思って生きることじゃ。人は、人を当てにする者を助けたりはせん。逆に自分の力を信じて働いていれば、きっと誰かが助けてくれるものじゃ」と語り掛けた。

涙を流しながら聞くなつに、さらに続けて「お前はこの数日、本当によく働いた。そのアイスクリームはお前の力で得たものだ。お前なら大丈夫だ。だからもう、無理に笑うことはない。謝ることもない。お前は堂々としてろ。堂々と、ここで生きろ」と言った。

このシーンは、ラストに約3分かけて描かれ、泰樹の言葉は多くの働く視聴者の胸にも響いた。また、草刈、粟野の名演技にも称賛が寄せられた。

2位「きのう何食べた?」(4月5日[金]スタート、毎週金曜夜0:12-0:52ほか、テレビ東京系)9649pt

よしながふみによる大人気漫画を、西島秀俊と内野聖陽のW主演でドラマ化。通称シロさんこと、料理上手で几帳面な倹約家の弁護士・筧史朗(西島)と、その恋人で人当たりの良い美容師・矢吹賢二(内野)の毎日の食卓を軸に、時にほろ苦く、温かな日々を描く。

4月3日、小日向大策と井上航を演じるキャストが発表になり注目を集めた。この2人はシロさんとケンジの友人カップルで原作でも人気の高いキャラクター。

ひょんなことからシロさんと出会う芸能プロダクションマネージャーの小日向を演じるのは山本耕史。その恋人で、小日向が「(僕にとっては)ジルベールみたいな美少年」と語ったことから、“ジルベール”という愛称で親しまれている航を磯村勇斗が演じる。

SNSでは山本の配役に「意外」との声もあったが、「演技力はハンパない」と期待が高まっている。一方、磯村には合わせて公開されたビジュアルから「漫画からでてきたみたい」「ジルベールがジルベールだ!」と大反響。

主演の西島と内野にも「イメージにピッタリ」との声が寄せられており、原作ファンを中心に放送スタートを待ちわびている状態に。公式Twitterで公開された第1話の予告動画は、再生回数が44万を突破している。

3位「離婚なふたり」(4月5日[金]・12日[金]、夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)5944pt

4月5日(金)、12日(金)に前後編で放送されるスペシャルドラマ。リリー・フランキーが主演を務め、映画「桐島、部活やめるってよ」の吉田大八監督が地上波ドラマを初演出。ジェジュンの新曲「君だけになる前に」がテーマ曲として、夫婦の愛の物語を盛り上げる。

“理想の夫婦を描かせたらナンバーワン”と言われる人気脚本家の隆介(リリー・フランキー)は、ある日、23年連れ添った妻・今日子(小林聡美)に離婚を切り出される。想定外のことにシナリオの執筆もそっちのけで悩む隆介の前に、今日子から依頼された弁護士・堂島(岡田将生)が現れる。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4〜10位のランキングやバラエティーランキング、またウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計した、今熱い番組を計る新指標(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)