倉本聰氏脚本「やすらぎの刻〜道」がスタート、主人公(石坂浩二)執筆の「道」も映像化

記事まとめ

  • 倉本聰氏が総原稿5700枚に及ぶ脚本を書き上げた帯ドラマ「やすらぎの刻〜道」が開始
  • 本作は「やすらぎの郷」のその後と、主人公(石坂浩二)が執筆した「道」も映像化される
  • 脚本家・栄を演じる石坂は、テーマを役の中に放り込んでいけるかが一番難しいと語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております