若林正恭、生徒たちと本気でぶつかり合う女性教師に「来週も同じVTRが見たい」

9日の「セブンルール」は北海道・北星学園余市高校の女性教師に迫る 若林正恭は感動

記事まとめ

  • 4月9日放送の「セブンルール」は、北海道・北星学園余市高校の女性教師に迫る
  • スタジオでVTRを見ていた若林正恭は「来週も同じVTRが見たい!」と感動する
  • 同校は全国の高校中退者や不登校者など、さまざまな事情を抱える生徒を受け入れている

若林正恭、生徒たちと本気でぶつかり合う女性教師に「来週も同じVTRが見たい」

若林正恭、生徒たちと本気でぶつかり合う女性教師に「来週も同じVTRが見たい」

4月9日(火)の「セブンルール」 は、さまざまな事情を抱えた生徒たちが集まる北星学園余市高校に勤める女性教師のセブンルールに迫る

4月9日(火)放送の「セブンルール」(夜11:00-11:30、フジテレビ系)は、さまざまな事情を抱えた生徒たちが集まる北海道・北星学園余市高校の女性教師のセブンルールに迫る。

全国の高校中退者や不登校者など、さまざまな事情を抱える生徒を受け入れている、全校生徒約200人の北星学園余市高校。そこで教師を務める本間涼子さんは兵庫県出身で、今もコテコテの関西弁を使っている。

生徒一人一人と正面から本気で向き合い、やんちゃな生徒たちから「北海道一自分を貫いている女」「最初は『何やこいつ』と思ったけど、今はめっちゃ好きっす」と、絶大な信頼を寄せられている。

本間さんは幼い頃に両親の離婚を経験し、「親に迷惑をかけないように選んだ学費の高くない進学先が、たまたま教員養成の学校だった」と話し、先生になりたいと思ったことはなかったと言う。

22歳で地元にある私立の小学校で教師生活を開始。その後、余市高校の存在を知り、一人一人の生徒と真っすぐ向き合える環境に引かれ、24歳で地元を離れてこの学校に入った。

不器用な生徒と衝突しながらも、彼らが納得するまでとことん寄り添う本間さん。そんな彼女に対し、時には恥ずかしがりながら、そして時にはちょっかいを出しながらも慕う生徒たち。

本間さんは「学校は失敗が許される場所。その失敗をどう乗り越えるか練習する場所が学校」と言うが、毎年やってくる卒業式に何を思うのか。

スタジオでVTRを見ていた若林正恭は「来週も同じVTRが見たい!」と感動。話題は恩師の話になり、真面目に学校に通っていなかったという若林は「話を聞いてくれる恩師は一人しかいなかった」と言い、その恩師から言われた今でも忘れられない一言を明かす。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)