「塩バニラみたいな作品です」村瀬歩&堀江瞬が語る新アニメ「さらざんまい」の魅力

「塩バニラみたいな作品です」村瀬歩&堀江瞬が語る新アニメ「さらざんまい」の魅力

4月11日(木)スタートのアニメ「さらざんまい」から第1話場面カットが到着!

■ 幾原邦彦監督待望の新作「さらざんまい」

中学2年生の矢逆一稀、久慈悠、陣内燕太は、ある日、謎のカッパ型生命体“ケッピ”によって尻子玉を奪われ、カッパに変身。元の姿に戻るため、ケッピに言われるがまま、ゾンビの尻子玉を奪いに行くことになる…。

あらすじを聞いただけなら奇想天外に思えるアニメ「さらざんまい」(4月11日[木]スタート、フジテレビほか)は、「少女革命ウテナ」(1997年)や「輪るピングドラム」(2011年)、「ユリ熊嵐」(2015年)などを手掛けた幾原邦彦による監督作品。スタイリッシュな映像表現や予測不可能な物語展開でファンの多い幾原作品だけに、アニメファンからの注目度は高い。

ザテレビジョンでは、放送スタートが迫った「さらざんまい」から、一稀役・村瀬歩と燕太役・堀江瞬の対談取材を敢行。それぞれが演じるキャラクターや幾原作品の魅力に迫った。

■ 周りのキャラクターとどう関係を築いていくか、過程を楽しみながら演じる

――お二人が演じられているキャラクターについて教えてください。

村瀬歩:僕が演じる一稀は、自罰的な傾向がある男の子。「さらざんまい」のテーマの一つに “つながり”というキーワードがあると感じているのですが、いろいろなことを抱えやすく、自己犠牲の精神を持つ彼が、周りのキャラクターとどう関係を築いていくのか、その過程を僕自身も楽しみながら演じました。

堀江瞬:メガネをかけていて、外見だけなら真面目でおとなしそうな燕太ですが、意外と活発。一稀とは反対に自分の気持ちを明らかにして、人にぶつけることもできる素直な男の子で、困っている人に手を差し伸べる優しさも持っています。演じるにあたって、燕太は巻き込まれるタイプの人間なので、演技プランをしっかりと固めるよりも、その場の気持ちを大事にしました。

――演じる時の気持ちを教えてください。

村瀬:声優としてこれまでたくさんのキャラクターを演じてきましたが、役になりきって声を出しやすいと感じることがあります。ただ、一稀に関しては少し違って、「分かる」という感覚です。オリジナル作品なのでアフレコ中には物語の全容は分からないのですが、一稀の役回りや、一稀に求められることを理解することができるんですね。多分、僕が幾原作品を昔から好きだからというのがその理由です。

――一稀と村瀬さんご自身とを比べて、似ているところはありますか。

村瀬:客観的に比べると、あまり似ていないですね。彼は何かを求めるときに遠慮しているのですが、僕は割と積極的なので。

堀江:僕は、燕太を演じるのが楽しいです。彼は自分の気持ちに正直なので、とても演じやすいです。ただ、村瀬さんとは違って、僕は燕太に求められる着地点を直感的には把握できていなかったので、毎回、手探りでのアフレコではありました。

■ 一番好きな作品は「少女革命ウテナ」

――村瀬さんは幾原監督作品の大ファンであることを公言していますが、どんなところが好きなのでしょうか。

村瀬歩:作品のテーマの扱い方です。テーマ自体は壮大ですが、そのテーマに対するアンサーが現実的で、そのアプローチの仕方が僕の心に刺さるんです。そして、その回答を見ていて楽しい形で届けてくれます。アニメーションや映像の方法論は分からないのですが、きっと幾原監督作品はそういう技巧がたっぷりと施されていると思うんです。シンプルなテーマを、いろいろな味付けで楽しませてくれるところが幾原作品の魅了ですね。

――実際に、一緒に仕事をしてみていかがでしたか。

村瀬:感覚が近いなと感じました。使っている言語が同じというのでしょうか。監督の言葉を聞いていると、言いたいことが確かに伝わってきて、スッと腑に落ちる。シンクロ率が高いなと自分では感じています。

堀江瞬:確かに、村瀬さんは誰よりも幾原監督のディレクションを理解していたように感じます。

――一番好きな作品を挙げるとしたら?

村瀬:「少女革命ウテナ」です。特に印象に残っている人物が若葉です。若葉はモブに近いのですが、割と深掘りされているキャラクター。そんな彼女が後半で「お前たちは私を見下しているんだ! 何の苦労もなく、持って生まれた力を誇って!」という主旨のセリフがあるのですが、主人公とモブの関係を表すメタ的なセリフであると同時に、本質を突いているなと感動しました。

――堀江さんは?

堀江:僕も「ウテナ」ですね。映像はもちろん、独特の言葉回しがすごく印象的で。「カシラ、カシラ、ご存じかしら?」とか、思わず口にしたくなるセリフが多いですよね。それが、見ている人の心をつかむポイントだと思います。

■ 「さらざんまい」を一言で表すと、「奇想天外」「塩バニラアイス」

――そんな幾原作品の「さらざんまい」ですが、注目のポイントを教えてください。

村瀬歩:どのエピソードも面白いのですが、演じていて一番感動したのは第6話。これまで演じてきたピースが全てピッタリとはまる感じがしました。僕は、幾原作品では「(美少女戦士)セーラームーンR」の劇場版(1993年)も好き。その理由は、物語の起承転結、登場人物の行動の妥当性、音楽、物語のテーマなどの全てのピースがうまくはまって、昇華されているところ。第6話でもそのエッセンスを感じることができました。

堀江瞬:燕太と一稀の人間模様に注目です。2人はかつてサッカー部のゴールデンコンビと呼ばれていましたが、ある日、一稀が部活を辞めてしまいます。単純に言ってしまえばそういう関係なのですが、2人を結ぶ関係は、実は複雑。注意深く見ていただけると、さまざまな発見があるのではないかと思います。

村瀬:あとは、毎回のように、一稀や燕太、さらに、転校生の悠の気持ちが一つになるシーンが登場するので、そちらも楽しみにしてほしいと思います。

堀江:作品のアクセントであり、象徴ともなるシーンに仕上がっています。

――ありがとうございます。最後に、「さらざんまい」の魅力を一言で表すとしたら?

堀江:「奇想天外」です。驚くような出来事が連発する、めくるめく展開を楽しみにしてください。でも、幾原作品としては、大筋が分かりやすい物語だとも思いますので、過去の作品を見て難しいと感じた人にもぜひ楽しんでほしいなと思います。

村瀬:「塩バニラアイス」ですね。バニラのアイスは甘くて美味しいけれど、そこにしょっぱい塩をかけるとさらに輪郭がはっきりします。「さらざんまい」もそんな対立する要素がいくつかありながらも、全体として見ていて面白い作品に仕上がっているので、ぜひご覧ください。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)