朝倉あき、主演ドラマで細部にまでこだわり「ミニスカートじゃないと落ち着かない」

朝倉あき、主演ドラマ『歌舞伎町弁護人 凛花』の細部へのこだわり語る

記事まとめ

  • 朝倉あきが主演を務める「真夜中ドラマ『歌舞伎町弁護人 凛花』」がスタートする
  • 原作は、松田康志氏と花小路ゆみ氏による漫画で、美貌の弁護士が成長していく姿を描く
  • 朝倉が、役への徹底的なこだわりや、弁護士ドラマにちなみ自身の悩みも明かす

朝倉あき、主演ドラマで細部にまでこだわり「ミニスカートじゃないと落ち着かない」

朝倉あき、主演ドラマで細部にまでこだわり「ミニスカートじゃないと落ち着かない」

朝倉あきは「歌舞伎町弁護人 凛花」で民法の連続ドラマ初主演を務める

朝倉あきが主演を務める「真夜中ドラマ『歌舞伎町弁護人 凛花』」(毎週土曜夜0:00-0:30ほか、BSテレ東ほか)が、4月13日(土)よりスタート。

同ドラマの原作は、松田康志と花小路ゆみによる同名漫画。美貌の弁護士・凛花(朝倉)が歌舞伎町で巻き起こる特殊な依頼に立ち向かい、弁護士として成長していく姿を描く。

WEBサイト「ザテレビジョン」では、主演の朝倉にインタビュー! 役への徹底的なこだわりや、弁護士ドラマにちなみ自身の悩みも明かしてくれた。

■ 今以上にもっと成長していきたい

――演じる凛花はどういった人物ですか?

凛花は自信家で、美しさを武器にしている女性です。ただ、凛花の美しさはビジュアルだけではなく、気持ちいいくらいの気風の良さ、高貴さもあります。

「美しい」にもいろいろありますが、私も凛花のような美しさを目指せばいいんだと感じました。ドラマのお話をいただいてから原作を読んだのですが、漫画だと凛花の美しさが全面に出ています。

――原作ものを実写化する上で、意識していることはありますか?

キャラクターの一番大きな魅力を見失わずに、役作りをすることを意識しています。彼女の気位の高さ、それを裏付ける弁護士としての実力がにじみでるよう、見せられたらいいなと。

――凛花のような気が強い役を演じるのは初めてですか?

ここまで自信たっぷりで、サバサバした役は初めてです。最初、私自身と役の共通点はあるかなと不安になったのですが、負けず嫌いなところは共通しているかなと。

――ご自身が負けず嫌いだと感じるエピソードを教えてください。

仕事においては、今以上にもっと成長していきたいという気持ちがあり、「負けたくない」と感じることが多いです。あとは、弟に対してですね(笑)。いろんな部分で私が負けてばかりで、姉として見られていないのが悔しいんです。

■ 足の組み方、顔の角度、髪のなびかせ方にもこだわり

――ドラマにちなみ、朝倉さんが誰かに解決してほしい悩みはありますか?

これもまた、弟ですね。弟をどうやって倒せるかということが悩みです。口が達者で、いつも「ふんっ」って鼻で笑われて、言い合いにすらならないのでそれをなんとかしたいです(笑)。

――弟さんとの仲の良さが伝わります。

いや〜。本当に悩んでいるんですよ(笑)。

――弁護士はいろんな人の悩みを聞きますが、朝倉さんは普段相談をすることが多いですか? されることが多いですか?

学生時代は、わりと相談を受ける方だったかな。でも芝居において、スタッフさんをはじめ、共演者の方や家族など身近な人にとても相談します。

――本作で、監督やプロデューサーなどに相談したことを教えてください。

凛花は分かりやすいキャラクターで、物語の展開もとてもシンプルなので、台本をデフォルメしてお芝居することがあるんです。その中で植田尚監督に、「今の凛花っぽいですか?」と確認しています。作品の中で凛花として生きる上で、弁護士っぽい言動が自然と身についている必要があるからです。

他にも、足を組むのに、右足か左足どちらを上にした方がきれいに見えるかとか、顔の角度や髪のなびかせ方も、監督やカメラマンさんに相談しました。“形式美”から作りこんでみようと! 面白く仕上がっていると思うので、注目してください。

――“形式美”ということでしたが、衣装もかわいいですよね。

凛花らしい、かわいい衣装を選んでいただいて、うれしいです。タイトなミニスカートばかりなのですが、丈が短すぎて普通に歩くシーンでも違和感があり、戸惑いました。でも段々と着慣れてきて、今はもうこのミニスカートじゃないと落ち着かないくらいです(笑)。身も心も凛花です。

――最後にドラマを楽しみにしている読者にメッセージをお願いします。

他の弁護士ドラマと大きく違う点は、お色気シーンやコメディーシーンもたっぷりあるところです。ですが、弱気を助け、悪をくじくきちんと筋の通ったドラマなので、ぜひ見てください。

依頼人は、歌舞伎町で働くキャバクラ嬢やホスト、風俗業界で仕事する女性です。そんな歌舞伎町ならではの依頼人たちが、どういう思いで相談に来て、凛花がどうトラブルを解決していくのか、とても丁寧に描いています。楽しんで見てもらえると思います。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)