沢村一樹、大地真央のギャップに「声が出ちゃいました(笑)」

沢村一樹、大地真央のギャップに「声が出ちゃいました(笑)」

警視庁捜査一課・特別捜査係の相国寺竜也警部役で主演を務める沢口一樹

ドラマ「刑事ゼロ」では、刑事としての20年間の記憶を失った“記憶ゼロ”の刑事を演じ、新たな一面を見せた沢村一樹。

そんな沢村が、過去二度アガサ・クリスティ作品で演じた警視庁捜査一課・特別捜査係の相国寺竜也警部役で主演を務める「ドラマスペシャル アガサ・クリスティ『予告殺人』」(夜9:00-11:05、テレビ朝日系)が、4月14日(日)に放送される。

同ドラマは、アガサ・クリスティの同名原作を実写化。ある朝、新聞の広告欄に「殺人のお知らせ」が唐突に掲載されるという、壮大な謎とともに幕を開けるミステリードラマだ。

本作で沢村は「そして誰もいなくなった」(2017年)、「大女優殺人事件〜鏡は横にひび割れて」(2018年)に続き、オリジナルキャラクター・相国寺警部を演じる。

今回、3度目の挑戦となるアガサ・クリスティ作品の見どころやドラマの現場でのエピソードなどを聞いた。

■ 沢村「特殊刑事をイメージして作ったキャラクター」

――今回で3度目のアガサ・クリスティ作品ですが、演じてみていかがでしたか?

まさか、3回も同じ役をやるとは思ってもみなかったです(笑)。

一回目は、「これでやろう」と自分で決めた相国寺のイメージを演じていたんです。だけど、やっぱり相国寺自身が変わったキャラクターなので、3回目をやるに当たって少しだけ戸惑いがあり、「これでいいのかな」と毎回思いながら演じていました。

――相国寺のキャラクターを教えてください。

アガサ・クリスティはトリックの数が多くて、その全てに刑事が気付くことを前提で作られています。そういう全国にいる一人か二人くらいしかいない特殊刑事をイメージして作ったキャラクターが相国寺なんです。

――タッグを組むのは荒川良々さんですね!

役柄的にずっと荒川良々と一緒でした。彼の持つ不思議な力やキャラクターを借りながら捜査する、“バディ感”や新しく芦名星ちゃんも加わった微妙な3人の関係性も含めて楽しんでほしいです。

――3人でのシーンでは何か話し合いをしましたか?

現場では、台本にないことをやる“ワクワク感”が撮影のたびに毎回楽しみでした。特に良々といる時はいろいろなことを試しながら撮影に臨んでました。真面目なシーンが多い分、遊べるところは二人だけのところしかなかったので思い切りやりました(笑)。

■ 沢村「良々以外、初めましての方が多かった」

――荒川さんとのドラマ撮影時のエピソードがあれば教えてください。

今回、初めてご飯を食べに行きました。彼、酔うとさらに面白いです。世間ではボケ担当に思われがちですけど実はツッコミ担当で、僕がボケるとすぐツッコミを入れてくれます。

――その他、大地真央さんら共演者についてはいかがですか?

いつもの品のある大地さんのイメージからは全く想像がつかない、思わず「え!?」と驚くシーンがいくつかありました。後輩の僕が言うのもなんですが、大地さんは普段はおっとりとしたかわいらしい方です。

今回、普段の大地さんとは真逆の顔をお芝居で見せてくれます。僕はあるシーンを見たくて出番がないのに見に行ったんですけど、あまりのギャップに現場で「こ、怖い〜!」と声が出ちゃいました(笑)。

――現場の雰囲気は?

現場はとにかく大変でした。そのおかげで、みんなが力を合わせて「乗り越えようね!」という一体感が生まれましたし、大変なことがあるとそれを補ういいことが同じぐらいあると感じさせてくれるいい現場でした。

――キャスト同士の仲の良さが伝わってきます。

クランクインして3日目という割と早い段階で僕と良々と星ちゃん、北乃きいちゃんの4人で食事に行く機会があって、これがきっかけでいい雰囲気になりました。

良々以外、初めましての方が多かったんですけど、テレビでは言えない話や、個人個人のいろんなエピソードを聞けたことがのちのちの撮影でも役立ったので良かったです。

■ 沢村「古典的なミステリーの王道を味わって」

――沢村さん自身の役の見どころは?

良々と二人で作る雰囲気を今回はすごく意識して作り上げたところです。他の刑事役とは違う、かみ合っているのか、かみ合っていないのか分からない、良々との絶妙でシュールなバディの姿が視聴者の方にどう伝わるかが楽しみです。

――ドラマ内で愛称が出てきますが、沢村さんがご自身に付けるならば?

僕は世間では“エロ男爵”と呼ばれていますけど、自分自身では“エロ神様”と呼んでいます。あるイベントで神社に行ったときにお客さんの中の一人が「エロ神様―!」って呼んでくれてから愛称はずっと“エロ神様”です。

――読者の方にメッセージをお願いします。

アガサ・クリスティの見どころはゲストの豪華さです。そのゲストの方が作るアガサ・クリスティのちょっと仰々しい部分も含め、若い人たちから見たらベタだなと思うことをあえてやることで逆に新鮮に見えるかもしれないし、現代の刑事ドラマにはない古典的なミステリーの王道を味わっていただければなと思います。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)