古市憲寿、刷新される新紙幣のデザインに苦言「これ、ひどいですよ」

古市憲寿、刷新される新紙幣のデザインに苦言「これ、ひどいですよ」

古市憲寿が新紙幣について主張

独自の視点で時事問題や芸能ニュースを取り上げるバラエティー番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)。4月14日の放送では、9日に麻生太郎財務大臣が20年ぶりの紙幣刷新を発表したことについて取り上げた。

ちまたで「新紙幣のデザインがダサい」と言われていることに、ゲストコメンテーターの古市憲寿も「これ、ひどいですよ。こんなデザインあり得ます? 2024年に新しく出しますっていう紙幣(がこれ)?」と酷評。

ヒロミが「何を求めてるの?」と問いただすと「だって、オリンピックのロゴとか1回(大会)しか使わないものでさえ、国中から優秀なデザイナー集めて、どうしようとかやってるわけじゃないですか。お札だけ、何で『はい出来ました』って言われて出されたものが…しかもクソダサいっていう」と反論した。

これに対し、松本人志は「格好よくある必要がそもそもあるのか?」、ヒロミも「今までの格好いいか?」と疑問を呈すると、古市は「でも退化してません? 今のよりも」とバッサリ。

さらに松本が「もっと違う人物がいいってこと?」と尋ねると、古市は「人物じゃなくてもいいのかなっていう気がしてて、ユーロ紙幣だって建物だったりしますし、日本だったら絵画とか仏像でもいいでしょうし。このお札見て(外国人が)誰このおじさん? ってなりません?」と主張し、司会の東野幸治が「古市さんがここまで食い下がるのがすごい」と驚いていた。

一方、ゲストの指原莉乃は「裏(の絵柄は)カワイイ」と好意的、松本は「サイズを気にしてほしい。日本のだけデカいのよ。財布に入りづらいというか(新紙幣のサイズは従来と同じ)」と持論を述べた。

そして東野が「古市さんは逆に言うとキャッシュを使うんですか?」と聞くと、「まあ、使わないんで、別にいいっちゃいいんですけど」と言い放ち、「じゃあいいじゃない! 何やねん、これ(やりとり)!」と東野をはじめスタジオ一同あきれていた。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)