井ノ原快彦が痛恨のミスを告白! 相葉雅紀をBBQに誘うも…

井ノ原快彦が痛恨のミスを告白! 相葉雅紀をBBQに誘うも…

「相葉マナブ」の1時間スペシャルに、井ノ原快彦と遠藤憲一が出演

4月28日(日)放送の「相葉マナブ 1時間スペシャル」(夜6:00-6:56、テレビ朝日系)では、相葉雅紀がゲストをおもてなしする「寿司処相葉亭」に、井ノ原快彦と遠藤憲一が登場する。

収録後、相葉、井ノ原らが感想などを語ってくれた。

■ 「寿司処相葉亭」がついに開店!

7年目に突入した「相葉マナブ」。3年間、相葉が包丁王子として修業し続け、オープンの準備をしてきた「寿司処相葉亭」が、今回の1時間スペシャルで開店することになった。

「魚のさばき方」「切りつけ」「握り」で、高級すし店・銀座久兵衛の総料理長・二川敏勝氏らが100点満点中70点以上と判定すれば、人に出せるレベルだと認定される「包丁王子 江戸前寿司を握る」。これまでの集大成ともいえる「寿司処相葉亭」の開店で、大将・相葉が修業の成果を発揮する。

そして、記念すべき開店日にゲストが「寿司処相葉亭」を訪れ、相葉と会話を楽しみながら寿司を楽しむことに。ゲスト第1弾は、「特捜9 season2」(毎週水曜9:00-9:54)の主演・井ノ原と、スペシャルドラマとして復活する「未解決の女 警視庁文書捜査官〜緋色のシグナル〜」(4月28日[日]夜9:00-11:05)に出演する遠藤の二人。

■ V6と嵐の絆とは…

「バレーボールの曲でデビューした直系の先輩」と語る井ノ原には、相葉が朝、築地で仕入れてきた希少な部位の大トロを振る舞うことに。マグロのカマから霜降りをサク取りし、切りつけたところで「先輩に食べていただくためにオーディションをします!」と、見た目の良い大トロを選抜する。にんにく醤油を塗って炙るなど、繊細な作業を続けながらも、大将らしく会話を盛り上げていく。

井ノ原が「嵐がずっと僕らのバックをやってくれていたんですけど、V6の20周年の時に『やらせてくれ』って、バックで踊ってくれたんですよ。なんか後ろがすごい豪華だった(笑)」と言い、相葉も「みんなのサイン入りの20周年のアルバム、今もリビングに飾っているんです」と語るなど、グループ同士の絆にほっこりするエピソードが続々。

また、「たまに、井ノ原さんがバーベキューする時にメールをくれたりするんですけど…」と話す相葉に、井ノ原が「その日は嵐がドームでライブをする日だったんです。来るわけがない(笑)」とかぶせ、誘うタイミングを間違えるという痛恨のミスを明かすなど、「寿司処相葉亭」で二人の爆笑トークが展開していく。

放送を前に、相葉と井ノ原、そして渡部建、澤部佑が収録の感想を語ってくれた。

■ 相葉雅紀「自分で自分を評価すると“大変よくできました”ですね」

「相葉亭」オープンに向けて準備を始めて、合格点をもらえるネタも増えてきて…、今回ついに開店できました! 僕らがバックで踊っていた、直の先輩・井ノ原君が来てくれたっていうのもうれしかったです。井ノ原君はいつも気に掛けてくれていて、年に何度か誘ってくれるんですけど、なかなか実現できていないので…近々ぜひ!

だから、今回来てくれて、しかも「おいしい!」ってすごくいい顔をしてくれたのが、本当にうれしかったです。あと、いつも教えてくれている「銀座久兵衛」の二川さんが、隣でニコニコ見てくれていたのも感動的でした。しかも今回、練習ではできていなかった切りつけやさばきができたので、自分で自分を評価すると“大変よくできました”ですね。

■ 井ノ原快彦「本当においしかったです、なんだコレ!!っていうくらい!」

今まではテレビで画面を通して見ているから、相葉君の包丁さばきも手さばきもうまく見えているのかなぁと思っていたんですけど、間近で見て驚きました。正直、あんなにうまいとは思わなかった! 収録以外のところでも練習していたんじゃないかなぁ…やっぱり実際に見ると分かりますね、ちゃんとやってきたんだなって。

味も本当においしかったんですよ、なんだコレ!!っていうくらい! どれもこれも良かったんですけど、特に炙りトロには驚きました。実は、炙ったとはいえ、あのすごい脂はどうなんだろう…って思っていたんですけど、まったく脂っこくなくて、おいしかったです。そのうえ、最後、もう終わったのに、なんとかハマグリを食べようとしちゃいました(笑)。

■ 渡部建「相葉君が作業した全部が、いつもより素晴らしかったです」

相葉君が、練習のときに比べて格段にうまくなっていて、さすが本番に強いなって驚きました。ビックリするくらいおいしかったです。あと、「銀座久兵衛」の二川さんが、目にうっすら涙を浮かべて相葉君を見守っていてね。それを見てオレもちょっとウルッときて…。

“年取ったな、オレ”って思いました(笑)。今回、さばき、切りつけ、握り…相葉君が作業した全部が、いつもより素晴らしかったです。

■ 澤部佑「変な古めのギャグとかを入れずに、真面目にやっていましたよ(笑)」

相葉君が後ろで踊っていた時代からの直の先輩・井ノ原さんにすしを振る舞うって、なんかすごいですよね。井ノ原さんとのエピソードにほっこりしました。すしもめちゃめちゃうまかったですよ! 全部上手だったんですけど、特にタイ、エビがすごかったです。

お店の基本、お客さんとの対応も完璧でしたね。いつもみたいに変な古めのギャグとかを入れずに、真面目にやっていましたよ(笑)。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)