眞島秀和、大切にしている“信念”は「夏でも汁物が欲しい」

眞島秀和、大切にしている“信念”は「夏でも汁物が欲しい」

「スパイラル〜町工場の奇跡〜」は4月15日(月)にスタート!

眞島秀和が、4月12日に行われたドラマBiz「スパイラル〜町工場の奇跡〜」(毎週月曜夜10:00-10:54ほか テレビ東京系ほか)の記者会見に、玉木宏、貫地谷しほり、戸塚純貴、真矢ミキ、國村隼、原作者の真山仁と共に出席した。

本作は、天才的な発明家である創業者の急逝により、倒産危機に陥った下町の町工場・マジテックを、1人の企業再生家・芝野(玉木)が立て直していく軌跡を描く。

芝野に対抗心を抱く村尾を演じる眞島は「非常に人間くさい、いろいろな感情を表現できるやりがいのある役を頂いたと思っております。自分の役割をしっかり努めて、少しでもドラマに貢献できるようになりたいと思って撮影に励んでおります」と語る。

そんな眞島について、マジテック創業者の娘・浅子を演じる貫地谷が「(初日の本読みのときに)『あ! 悪い人(役)だ!』と言ったら、『悪い人じゃないよ!』とムキになって、眞島さんに怒られて(笑)」と明かすと、眞島は「ムキになってないで〜す」とかわいらしく否定。貫地谷は「(話を)盛っちゃいました(笑)」と言い、会場を笑わせていた。

■ こだわりは持たないようにしている

また、「大切にしている信念や考えはあるか」という質問に、眞島は「普段からいろいろな役をやらせてほしいなと思っていて、信念とかこだわりは一切持たないようにしているのがもしかしたら信念かもしれないです」と明かす。

続けて「本当にささいなことで言えば…、普段の食事もそうですし、ロケ先のお弁当を食べるときも、なるべく汁物があってほしいなと思うのが“信念”ですね」と話し、一同を和ませる。

その理由について「夏でも汁物が欲しいんですよ。みそ汁でもいいですし、卵スープでも。自分でなるべく現場に入る前に、コンビニでおみそ汁とか買っていくようにしています」とこだわりを見せた。

なお、「スパイラルー」は4月15日(月)夜10時にスタートする。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)