霜降り・せいや、小籔ら初参戦「ドキュメンタル」シーズン7配信決定! 松本人志も絶賛「ラストの1秒まで無駄にせずやりきった」

霜降り・せいや、小籔ら初参戦「ドキュメンタル」シーズン7配信決定! 松本人志も絶賛「ラストの1秒まで無駄にせずやりきった」

「ドキュメンタル」シーズン7の配信が決定!

Amazon Prime Videoにて、松本人志企画・プロデュースの『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シーズン7が、4月26日(金)より独占配信されることがわかった。今回はシリーズ史上初めて、全5話を一挙配信することとなる。

2016年のシーズン1配信以来、今回で7作目となる「ドキュメンタル」。今シーズンでは小籔千豊、加藤歩(ザブングル)、みちお(トム・ブラウン)、せいや(霜降り明星)の4名が初参戦。ほか3回目の出場となるハチミツ二郎(東京ダイナマイト)、2回目の出場となる宮迫博之(雨上がり決死隊)、たむらけんじ、ハリウッドザコシショウ、後藤輝基(フットボールアワー)、ノブ(千鳥)らが出演。

収録後のインタビューで松本は「笑い疲れたと言うか。こんなに芸人に何時間も面白いことやらせ続け、働き方改革的に良いのかとも思いましたね。予想通りと言いますか、予想以上と言いますか、ラストの1秒まで無駄にせずやりきりましたね」とコメントした。

霜降り明星せいや、トム・ブラウンみちおなど旬な若手芸人のほか、宮迫、小籔、フット後藤、千鳥ノブと、日本を代表するツッコミ芸人が4人登場するのもポイント。波乱の展開が予想される。

また、ドキュメンタルの最新シーズン配信に先駆けて、Prime Original『LOL: HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル〜メキシコ版〜』が、16日より日本のPrime Videoにて配信開始。メキシコを代表するコメディアンであるエウヘニオ・デルベスによって集められたスタンドアップ・コメディアンから、女優、俳優、YouTuberと様々な分野で活躍する男女10名が笑わせ合いバトルに挑戦。

メキシコではどのような笑いが賞金を手にするのか…シーズン7の前に“逆輸入版ドキュメンタル”を楽しむのもよいかもしれない。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)