ザギトワ選手、“あるガッツポーズ”に「自分の美学が込められていた」

ザギトワ選手、“あるガッツポーズ”に「自分の美学が込められていた」

フィギュアスケーター、アリーナ・ザギトワ選手の美学に迫る

4月19日(金)に放送される「SHISEIDO presents才色健美 〜強く、そして美しく〜with Number」(毎週金曜夜10:00-10:24、BS朝日)にフィギュアスケートの“女王”アリーナ・ザギトワ選手が登場することが分かった。

同番組は毎回1人のゲストの美学、信念、強さ、美しさの秘密を10の質問でひもとくスポーツドキュメンタリー。また、ナビゲーターは俳優・田辺誠一が務める。

番組ゲスト初となる外国人アスリートのザギトワ選手は、ロシア代表として16歳の若さでグランプリファイナル、世界選手権、オリンピックのフィギュアスケート三大大会を制した女王だ。

ザギトワ選手は、圧巻の演技で頂点に立った2018年の平昌オリンピックで演技後に見せたガッツポーズに「自分の美学が込められていた」と語る。

さらに、彼女が憧れる女性や、“五輪女王”のプレッシャーや身長が伸びた影響で勝利が遠ざかる日々の中、支えとなったものが明らかになる。

ほか、大好きな日本への思いや家族となった秋田犬・マサルとのエピソード、競技に対する原動力、美を磨くことの意味などについて語る。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)