モンキー・パンチ先生をしのんで、ルパン三世劇場版第1作をOA!3年ぶり14度目

モンキー・パンチ先生をしのんで、ルパン三世劇場版第1作をOA!3年ぶり14度目

モンキー・パンチ先生追悼企画として、4月19日(金)夜9時より、日本テレビ系・金曜ロードSHOW!枠で、ルパン三世劇場版第1作を放送する

4月11日に逝去されたモンキー・パンチ先生(享年81)をしのんで、1978年公開の「ルパン三世」劇場版第1作をオンエア。4月19日(金)夜9時より日本テレビ系で金曜ロードSHOW!「ルパン三世 ルパンVS複製人間」を放送する。テレビ放送は3年ぶり14度目となる。

「ルパン三世」はモンキー・パンチ先生が、雑誌「漫画アクション」(双葉社)で、1967年の創刊号から約2年にわたり連載した漫画作品。現在、同誌において、当時のモンキー・パンチ先生が登場する漫画「ルーザーズ〜日本初の週刊青年漫画誌の誕生〜」(著・吉本浩二)が連載中だ(単行本は2巻まで既刊)。

記念すべき劇場版第1作で、赤ジャケットのルパン(声・山田康雄)の前に立ちはだかるのは、最強の敵・マモー(西村晃)。ルパンとマモーが、永遠の命を与える“賢者の石”を巡り死闘を繰り広げる。

陸海空で展開する空前のアクションシーンや、ルパンと次元(小林清志)、五ェ門(井上真樹夫)との友情物語、心躍るテーマ曲など、すべてがクールなルパン映画の伝説の一作だ。

もちろん不二子(増山江威子)も登場。さらにゲスト声優として、当時国民的スターだった三波春夫さん、漫画家の赤塚不二夫さん、漫画原作者の梶原一騎さんの名前も。三波は挿入歌「ルパン音頭」も歌っている。

■ あらすじを紹介

ルパン三世(声・山田康雄)が処刑された! 検死の結果、遺体はルパンに間違いないと証明されたが、銭形警部(納谷悟郎)は信じることができない。

そんな銭形の前に死んだはずのルパンが現れる。華麗に空に飛び去って行ったルパンは、次元(小林清志)や五ェ門(井上真樹夫)と共にエジプトに出没。銭形の目の前で、ピラミッドに隠されていた“賢者の石”を盗み出していく。

“賢者の石”をルパンにおねだりしたのは、もちろん不二子(増山江威子)。不二子は謎の男・マモー(西村晃)と共に何かをたくらんでいた…。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)