<次回なつぞら>なつ(広瀬すず)が雪次郎(山田裕貴)に悩みを相談し…

<次回なつぞら>なつ(広瀬すず)が雪次郎(山田裕貴)に悩みを相談し…

「なつぞら」第16回より (C)NHK

広瀬すずがヒロインを務める連続テレビ小説「なつぞら」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)の第16回が4月18日(木)に放送となる。

記念すべき連続テレビ小説100作目となる同作は、戦後の北海道の大自然、日本のアニメーション草創期を舞台に、何事にも真っすぐに生きたヒロイン・奥原なつ(広瀬)の姿を描く。

戦争で両親を亡くしたものの、北海道に暮らす父の友人家族の下でたくましく育ったなつが、高校卒業後、上京してアニメーション業界に飛び込み、アニメーターとして奮闘していくという物語だ。

注目の第16回では――

泰樹(草刈正雄)と剛男(藤木直人)の意見がぶつかり、思い悩むなつ(広瀬すず)。

それぞれの考えを聞いてみるも、ますます分からなくなってしまう。

同級生の雪次郎(山田裕貴)に悩みを打ち明けると、自分が所属する演劇部の顧問・倉田(柄本佑)に相談してみてはとアドバイスを受ける。

早速、雪次郎に連れられ倉田に会いに行くなつ。

しかし、抽象的な倉田の発言に、さらに混乱してしまう…。

――という物語が描かれる。

連続テレビ小説「なつぞら」第16回は4月18日(木)、NHK総合ほかで放送。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)