嵐&北島三郎&松田聖子が「ふるさと」歌唱!櫻井翔『すごく感動しました』

嵐&北島三郎&松田聖子が「ふるさと」歌唱!櫻井翔『すごく感動しました』

囲み取材に応じた(左から)櫻井翔、北島三郎、松田聖子

4月29日(月)に放送される「総決算! 平成紅白歌合戦」(NHK総合)の(夜7:30-11:30※ニュース中断あり)の囲み取材が行われ、櫻井翔、北島三郎、松田聖子が出席した。

「令和」への改元を目前に、平成の30年間を、毎年大みそかに放送されてきた「NHK紅白歌合戦」で振り返る同番組。

2部構成の第1部(夜7:30-8:55)では、嵐、北島、松田らが出演。感動の名歌唱や名場面を公開する。第2部(夜10:00-11:30)では、内村光良が司会を務め、生放送で紅白のハプニング集を紹介する。

第1部の司会に決定した櫻井は、「私は昭和57年生まれなのですが、元号が平成に変わったのが小学校1年生の時で、物心がついてからは平成だったので、その平成が終わる2日前に“紅白”を締めくくるこの番組の司会のお話をいただいた時は、本当に驚きました。北島さん、そして聖子さんと嵐としてもご一緒できることをうれしく光栄に思っています」と意気込んだ。

さらに同会見にて、番組内で嵐、北島、松田の3組で嵐の楽曲「ふるさと」を歌唱することも明らかに。櫻井は、「この『ふるさと』という曲は2010年に嵐が初めて白組の司会を務めさせていただいた時に、番組の中で生まれた楽曲なんです。その歌がのちに平成の“紅白”を振り返る番組で、北島さんと聖子さんと嵐で歌う曲に育つとは夢にも思わなかったです。だからすごく感動しました」と笑顔を見せる。

そんな櫻井に、過去50回の“紅白”出場を果たした“大先輩”北島が「難しかったけど、一生懸命歌いました(笑)」と話すと、櫻井は「恐れ多いです!」と恐縮しきりな様子だった。

■ 平成最後の“紅白”にふさわしいのはやっぱり「まつり」

松田は、「このような素晴らしい記念すべき番組に出演させていただけるということ、幸せに思っております。そして、一視聴者として、平成の“紅白”の素晴らしい映像をもう一度見せていただけるということに大変興奮しております」と番組への期待をふくらませる。

そして、これまでに22回出場している“紅白”への思いを聞かれると「ここの舞台に立たせていただけることのありがたさとか、感謝の思いでいっぱいになって、最後に『蛍の光』をみんなで歌っているときには、もう胸がいっぱいになります。それだけ特別な番組なんだなと思います」と感慨深げに話す。

松田と櫻井が、口をそろえて印象深かった“紅白”での出来事として挙げたのは、北島の「まつり」歌唱シーン。

北島自身も、平成最後となり、北島が5年ぶりに出演した2018年の“紅白”を振り返り、「ああいう特別な形で出させていただけて、感謝の気持ちでいっぱいでした。ずっと自分の歌手生活を振り返って、平成の最後に出させていただいたことは、私の一生の証の一つだと思いました」と思い出深かったという。

そして、北島は「大勢のアーティストの中から選んでいただくので、出場できなかった人たちの分も一生懸命歌わなきゃと思いますよね。大勢のファンの人たちへの恩返しの舞台でもあるし、新しい時代に繋がっていく大事な番組ですから、ずっと続いてほしい、素敵なステージだと思っています」と“紅白”への特別な思いを明かした。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)