SKE48版「ハムレット」はアイドルらしさを生かした名“エッセンシャル版”!<コラム>

SKE48版「ハムレット」はアイドルらしさを生かした名“エッセンシャル版”!<コラム>

SKE48版「ハムレット」で狂気を装う主人公・ハムレットを演じる松井珠理奈

今年1月22日から4月2日まで日本テレビで放送された「SKEBINGO! ガチでお芝居やらせて頂きます!」。タイトル通り、番組はSKE48メンバーがさまざまな演技に挑戦するという内容だったが、今度は選ばれた9人のメンバーが、シェークスピアの4大悲劇の一つ「ハムレット」(4月18日[木]〜21日[日])上演に挑む。

初日を翌日に控えた17日にはゲネプロが行われ、私も取材へ足を運んだ。

昨年放送された「HKTBINGO! 〜夏、お笑いはじめました〜」(日本テレビ)では、HKT48のメンバーが「女芸人No.1決定戦 THE W」の予選に出場していたため、「SKEBINGO!」でもその集大成として何かあるだろうとは思っていた。だが、古典の名作、しかも悲劇だとは思っていなかった。

また、脚本・演出を手掛けるのは、今年2月末から3月上旬にかけて上演された、AKB48メンバー3人が出演した舞台「山犬」の脚本・演出を務めた劇団鹿殺しの丸尾丸一郎。同作を取材・観劇をしていたこともあり、丸尾がシェークスピア最長の作品を約90分にどう収めるのだろうという点にも興味が湧いた。

そんな私は、恥ずかしながらシェークスピア作品初観劇。そこで今回は、事前に原作(もちろん日本語訳)を一度読んだ程度という私の視座から、SKE48版「ハムレット」の見どころを紹介していきたいと思う。

■ SKE48版「ハムレット」は、“「ハムレット」入門編=エッセンシャル版”だ!

まず、原作から受けた印象は、英語の言葉遊びや比喩、キリスト教、神話の世界観などが幾重にも折り重なっていて、それが名作と言われるゆえんなのだろうということだった。

本作は約90分という時間で上演される以上、そういった文学的表現は省略されているところはあるが、もちろんストーリーはしっかりと押さえている。

そんな省略を補っているのが、彼女たちが“アイドル”だということだった。

アイドルではなく“役者”として、彼女たちが真剣に稽古に取り組んできただろうということは、幕が開いて最初に登場する衛兵2人の発声を聞けば分かる。

その一方で、せりふの上で省略された文学的な機微は、この舞台では彼女たちが本来アイドルであるということを生かした、歌とダンスが随所に挿入されることで補われている。

一昔前にドラッカーの「マネジメント」の重要な要素を集めた“エッセンシャル版”と呼ばれる入門編がはやったが、基本的なストーリーを押さえ、歌とダンスによってエンターテインメント性がプラスされているという点から、本舞台は「ハムレット」の“エッセンシャル版”にぴったりと言える作品ではないだろうか。

■ キャリア11年目にして初舞台の松井珠理奈が演じるハムレット

昨年10月にSKE48は10周年を迎え、その1期生である松井珠理奈もデビューから10年が経ったわけだが、意外にも松井は初めての舞台出演。かつ、演じるのは主人公のハムレット。

喪服のような黒い衣装で登場するハムレットは、父である亡き先代王の妻でありながら、“愛の喪明け”を迎える前にその弟・クローディアス(古畑奈和)と再婚した母・ガードルード(鎌田菜月)を非難するようになり、やがて狂気を装いながら、父のかたきであるクローディアスに復讐の刃を向ける。

ハムレットの復讐への覚悟や狂気を、舞台初出演で初主演を務める松井がどう表現するのかは、本作の見どころの1つと言えよう。

■ 古畑奈和の“オフ・ザ・ボール”の演技

これまで48グループ外のミュージカルやドラマにも出演し、演技力には定評のある古畑は、今作でも期待に違わぬ演技を見せていた。そんな古畑が演じるのは、ハムレットの復讐の標的である国王・クローディアス。

クローディアスには、ハムレットが自身の命を狙っていることをはっきりと悟るシーンがあるのだが、“演劇が上演されている間”の、古畑の言うなれば“オフ・ザ・ボール”(サッカーで言うボールを持っていない選手の動き)の演技は、注目すべきポイントだ。

■ 歌唱力で売出し中の野島樺乃はもちろん歌唱シーンに注目

今年1月に「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」で優勝し、その歌声で絶賛売り出し中の野島樺乃。本作では、ハムレットと互いに恋心を抱くポローニアス(高柳明音)の娘・オフィーリアを演じる。

歌を入れたいという丸尾から、その歌唱力を買われて出演が決定した野島。美声を披露する機会はもちろん、古畑と2人で歌い上げるファン待望のシチュエーションも用意されているので、ぜひご期待を。

■ 物語を引き締める“要”は熊崎晴香のホレイシオ

「SKEBINGO!」では、“元気のよさ”が評価されて選ばれたと言われていた熊崎晴香だが、番組内の紹介テロップで“滑舌あやしい元気娘”と書かれている通り、メンバーからもファンからも滑舌をイジられることが多い。

そんな熊崎演じるハムレットの腹心の友・ホレイシオは、私が原作を読んだ際、舞台では、対立軸を成すハムレットとクローディアスに次いで重要なのではないかと思った登場人物だ。

登場人物の中でも観客の視座に近く、ハムレットの復讐劇を見守り、伝えるホレイシオを演じる熊崎の熱演を見届けていただきたい。

―――――

SKE48版「ハムレット」は当日引換券、当日券が用意されているほか、21日(日)夜6時からの回はHuluでリアルタイム配信が行われる。

■ SKE48版「ハムレット」 配役一覧

ハムレット…松井珠理奈

クローディアス…古畑奈和

ガードルード…鎌田菜月

ボローニアス…高柳明音

レアティーズ…佐藤佳穂

オフィーリア…野島樺乃

ホレイシオ…熊崎晴香

ローゼンクランツ…北川愛乃

ギルデンスターン…末永桜花

※その他衛兵など、役の掛け持ちあり(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)