塚地武雅、相方・鈴木拓の「家庭を“マル裸”にしたい!」<緊急取調室>

塚地武雅、相方・鈴木拓の「家庭を“マル裸”にしたい!」<緊急取調室>

「緊急取調室」で玉垣松夫を演じる塚地武雅

塚地武雅が、放送中の天海祐希主演ドラマ「緊急取調室 第3シリーズ」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)に今シリーズから新レギュラーとして加わっている。

妥協を許さないプロの取調官・真壁有希子(天海)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーたちが、数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げる姿を描く人気シリーズが、2年ぶりに復活した本作。

塚地は、警視庁・捜査支援分析センターから異動してきた“画像解析のエキスパート”で、画像から人の心理状態なども瞬時に読み取ることができ、「映像から分かることは肉眼をはるかに上回る」と信じている刑事・玉垣松夫を演じている。

“キントリ”に所属していた刑事・中田善次郎(大杉漣)が退職したことを受け、新メンバーとして加入した塚地に、撮影中のエピソードや作品にかける思い、見どころなどを聞いた。

■ こんなにありがたい話はない

――オファーを受けたときの心境は?

本当に人気の作品ですし、演者さんの顔ぶれが渋いというか、大人の魅力がある方々ばかりなので、「そこに俺が入って大丈夫かな」「本当に俺?」という違和感をまず抱きました。そんな作品に参加させていただけるということで、こんなにありがたい話はないです。

――演じる玉垣松夫の役どころについて教えてください。

キントリメンバーの皆さんが、昔ながらの刑事というか、足で捜査して、心に訴えかける“義理人情”を大事にする中で、玉垣は画像解析が全てだと信じているので、今の時代にもリンクすると思います。

そんな玉垣がチームの中に入っていくことで、違和感や異物感がしっかりと出たらいいなと思って演じています。

■ 子供じみていてかわいげがある

――役どころだけ聞くと、一見クールなイメージもありますが。

頭でっかちで、何でも自慢したがる子供みたいなキャラクターです(笑)。そもそも、大杉さんが演じられていた善さんと警視庁・将棋部で親しくしていたという設定があるので、キントリメンバーからは“善さんと仲が良かったのなら信頼できるだろう”という受け入れ方をしていただいている部分があるんです。

自分がやっていることが一番すごいことだと思ってキントリに入ってくるのですが、そこから皆さんの寛大さに感化されて、どんどん空気感も似てくるのかもしれないと思っています。

殺人捜査第一係の方々を除いて、キントリメンバーの中では最年少の役柄なので、どこか子供じみていて見ているとかわいらしくもあるかなと思います。

――取調室の撮影はいかがでしたか?

第1話から取調室のシーンに参加したのですが、玉垣は初めての場所でもそつなくこなすというよりは、緊張してうまくいかないタイプなんです。

そこが玉垣のかわいげにもつながると思うのですが、偉そうに画像こそ全てと言っておきながら、取り調べをしたら力を発揮できない。やはり、取調室の中ってピリッとするような空気があって、緊張感があるんです。

なので、今の僕の現状がそのままお芝居になっているから今のところはまだやりやすいです。ここから徐々になじんでいって、言葉巧みに取り調べができるキャラクターになったら怖いです(苦笑)。

■ 誰が来ても受け入れてくれる現場

――撮影現場では初日からすっかりなじまれているとお聞きしました。

皆さん本当に懐が深い方々なので、あっという間に入れてもらえたという感じです。僕が参加していない過去のエピソードを現場で話すときも、僕だけ蚊帳の外になるんじゃなくて、僕に話し掛けてくれるんです。

取調室のセットでは小日向(文世)さんとでんでんさんのおしゃべりが弾むのですが、ゲストで出演される方もニコニコしながらそのやり取りを見ているので、楽しんで帰っていくのが分かります。

本番が始まると、天海さんを筆頭にしっかりとスイッチが入ってメリハリもあるので、僕じゃなくて誰が来ても受け入れる受け皿があると思います。

――やはり天海さんが皆さんを引っ張っていらっしゃるんでしょうか?

天海さんに皆さんが寄りかかっている感じがしますね(笑)。小日向さんや(田中)哲司さん、でんでんさんは実は“女子っぽい”ところがあって、そんな中で天海さんがバシッと現場を締めてくださるので。もちろん、天海さんも皆さんとお話しされているのですが、「いくよ! 本番だよ!」と呼び掛けてくださるので、そのバランスがとてもいいんです。

――有希子の信条である「“マル裸”にする」にちなんで、例えば相方・鈴木拓さんを丸裸にするならどんなことが知りたいですか?

基本的に相方のプライベートってまず知らないし遊ぶこともない。あいつの家庭事情も知らないです。奥さんも一度会ったくらいで、子供には会ったこともない。だから、「あいつほんまに結婚しているのかな?」と疑うレベルなんです(笑)。

架空の話ちゃうかなと疑問に思うところが多々あるので、自分自身でも気が進まないのですが、一度くらいはあいつの家にお邪魔して、奥さんの手料理を食べたり、子供たちと話してみたいなと思います。お互いに嫌がると思うので、番組のロケとかであいつの家を“マル裸”にできれば。

そもそもコンビ組みたての頃もあいつは実家暮らしで、僕が一人暮らしで借金したりとか、家賃を払えずに追い出されたりしている中、特に苦労もせずにそのまま結婚して家もできて。

だから、あいつの“旦那ぶり”“父親ぶり”ってどんな感じなのか見てみたいという思いはあります。

――最後に、ドラマの見どころと読者へのメッセージをお願いします。

「変わる時代に、変わらない戦いがある」というドラマのキャッチコピーにもあるように、僕がまさしく変わる人物としてキントリに入ってきて、時代を象徴するような役どころなのですが、「実はそうじゃないんだよ」と、心と心で向き合うことで明かされることがあると訴えかける作品だと思います。

一話一話が胸を打つストーリーで、事件を解決した後、犯人さえも前を向いて希望が持てるような感動があるので、見ていただければドラマのメッセ―ジが伝わると思います。

そして、僕が演じる玉垣の“異物感”も楽しんでいただければ幸いです。

■ 第2話あらすじ

とある旅館で、女流棋戦の最終対局が行われていた。対戦するのは20歳の新進女流棋士・橘日名子(松井珠理奈)とベテラン女流棋士・宗形あずさ(紺野まひる)。

ネットで大々的に生中継されてる中、解説を担当していたスポンサー・大庭広夢(合田雅吏)が体調を崩して退席。その後、控室で絶命しているのが見つかる。

不測の事態を受け、対局は急きょ延期されることに。死因は中毒死だと判明し、あずさの“ある証言”により、疑いの目は日名子に注がれる。

有希子(天海)らはさっそく日名子の取り調べを開始。日名子は関与を否定するが、調べれば調べるほど容疑は深まっていく…。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)