ジェジュン「ここ一年でベスト5の緊張」ある質問に態度急変

ジェジュン「ここ一年でベスト5の緊張」ある質問に態度急変

4月19日(金)の「全力!脱力タイムズ」にゲスト出演する井上裕介とジェジュン(左から)

4月19日(金)の「全力!脱力タイムズ」(毎週金曜夜11:00-11:40、フジテレビ系)に、ジェジュンとNON STYLEの井上裕介が登場。ジェジュンは、2018年8月24日放送回に飛び入り出演して以来の出演となる。

そこで、メインキャスターのアリタ哲平(有田哲平)からジェジュンのプロフィールが紹介されるものの、勘違いな内容がジェジュンを脱力させる。

同番組は、アリタ哲平をメインキャスターに、世界各地の最新ニュースや日本で論点となっている問題を有識者たちが独自の視点から読み取り、思わず“脱力”してしまうような切り口で解説していく新感覚ニュースバラエティー。

今回は、古銭など世界各地で発掘されている“歴史的発見”から分かった事実を解説。“全力解説員”として、美術品や骨董(こっとう)品の鑑定士で鑑定歴20年になる猪羽恵一氏が参加する。

まずは、1月に発見された夏目漱石の学生時代の成績表について、その価値を考えていく。アリタがジェジュンに夏目漱石について尋ねると、ジェジュンは「知っている」と即答。しかし、どんな作品を読んだことがあるかと聞かれたジェジュンは態度を一変させ、その姿に井上も困惑する。

また、歴史的発見がいかに価値の高いものなのかという解説を聞いた解説員の出口保行氏が「鑑定するといくらですかね?」と質問。猪羽氏の鑑定による金額を聞いた一同からは感嘆の声が上がる。

すると、出口氏は、家で大切にしている“お宝”を持ってきたので鑑定してもらいたいと言い出す。報道番組のはずがどんどん脱線してお金の話で盛り上がる一同。その中で何とか報道番組に戻そうとする井上が、とんでもない落とし穴にはまってしまう。

そんな井上に対して、ジェジュンが追い打ちをかける行動に出ると、井上は「感情の保ち方が難しい!」と思わず叫ぶほど大混乱する事態に。

■ 収録後のジェジュンのコメント

――収録はいかがでしたか?

番組に出させていただいたのは2回目なんですけど、本当にうれしかったです。決まったせりふを言ったり、難しいところもありましたね。一番難しかったのが、笑いを我慢しなければならないことでした。解説員の先生たちがすごく面白かったです。先生たちは一生懸命頑張って演技をしていて、隣で見ていると口やほっぺたが震えているのが分かるんです(笑)。

――難しい日本語の言葉をスラスラと話していらっしゃるのが印象的でした。

実は台本をもらったのが今日だったんです(笑)。今まで一回も使ったことのない日本語もあったので、それは難しかったです。

――収録前はすごく緊張したのではないですか?

そうですね。ここ一年でベスト5の緊張だったと思います(笑)

――井上さんとの共演はいかがでしたか?

面白かったです。井上さんが本気で困っているのが伝わってきました。この番組ならではのドッキリ企画ですよね。僕もビックリしました(笑)。

――最後に、今回の見どころを聞かせていただけますか?

最初の流れから変わっていって、出演者の方もまったく知らなかった事件が起こって、皆さんの顔に心境の変化が出てくるので、そこを楽しんでください。

その中で僕は、自分が分からない内容になると“ん?”という顔になっているんですけど、それは素の表情です(笑)。歴史の話とか小説の話を聞かれた時は本当に分からなくて、どう答えればいいか困っていました(笑)。そこをうまく切り抜けられるかどうかが、この番組の面白さなんだと思います。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)