今田美桜、平成の終わりと令和の始まりに「不思議な感覚」

今田美桜、平成の終わりと令和の始まりに「不思議な感覚」

「LINE Pay」の記者発表会に出席した今田美桜

女優の今田美桜が17日、都内で開催された、モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」の記者発表会に出席。今田は5月1日より平成から切り替わる新元号「令和」について「(元号が変わる)瞬間を見るのは初めてで。もう、何ていう言葉で表したらいいのかも分からないくらい、不思議な感覚。あと2週間で(平成が)終わるっていうのが、寂しいのか楽しみなのか...不思議です」と心境を語った。

ノースリーブのシャツに鮮やかな青のスカートを合わせた春らしいスタイルで登場した今田は「ポスターと同じ衣装で、春っぽい衣装で。スカートがかわいくて、ひらひらしてます」とニッコリ。福岡県出身ということで、博多弁で同世代の友達に向けて「LINE Pay」の推奨コメントを求められると、照れ笑いを見せながらも「『LINE Pay』 、めっちゃいいけん使ってみてね」と呼びかけた。

最大20%分のポイント還元を行うキャンペーン「平成最後の超Payトク祭」を4月18日から30日まで期間限定で展開する「LINE Pay」の魅力を聞かれると「携帯だけでいいという気軽さ」とアピールし「ポケットに携帯を入れておけば大丈夫という。本当に簡単だなと思います」とも。そんな今田は、普段はコンビニによく行くそう。「LINE Pay」を使って何を買いたいか聞かれると「せっかくなら、ちょっとコンビニよりも高いものを買いたいなと思うので、家電製品とか買いたいなと思います」と笑顔で明かしていた。

3月5日に22歳の誕生日を迎えていた今田。新元号となる令和については「平成生まれで平成しか知らないんですけれども、次の令和の時代が、どんな時代になるんだろうっていう、ワクワクもありますし、不思議な感覚がすごくあって。楽しみです」と心境を明かしていた。当日は、今田が実際に「LINE Pay」を使って決済や使用可能店舗の検索を行う一幕もあった。(ザテレビジョン・取材・文=岸豊)

関連記事(外部サイト)