ベッキー、“空白の3年間”を中居正広に救われる

ベッキー、“空白の3年間”を中居正広に救われる

ベッキーが「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」にゲスト出演

4月19日に放送された「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)に、ベッキーがゲスト出演。テレビから消えた3年間を振り返る中で、中居正広から言われたある言葉に救われたと当時の胸中を明かす場面があった。

「人生激変オンナたちの今」と題して、金スマレギュラーメンバーだったベッキーが登場。レギュラー出演していた当時の映像を振り返り、テレビから消えた3年間の生活についても紹介した。

ベッキー空白の3年間をよく知る人物として中居の名前が挙がると、中居は「俺、ベッキーともうすっげぇ遊んだからね。この3年の間、ちょっと会おうかとかっていうレベルじゃない」と明かした。

ベッキーは中居から誘いを受けたことを明かし「『ベツキ―(ベッキーの呼び名)この日空けとけ』みたいな、『ベツキーを囲む会するから』って。誰が来るんだろうとか思いながら行ったら、まあすごい…そうそうたるテレビの人たち」と、当時の写真とともに紹介した。

中居は「もう何回か分からないよね、すっげー遊んだから。泊まりで遊びに行ったりしてたし。旅行みたいな感じ。みんなでバスに乗って」と回想。

ベッキーは「本当に支えられ、救われ。ぶっちゃけ、中居さんもバタバタしてる時だったのに」「中居さんもいろいろ大変な中、気にかけてくれた」と感謝していた。

ベッキーが仕事復帰を果たした際には雑誌等のインタビューで「『先輩に救われた言葉とか先輩にもらった言葉で大切にしてるのはありますか?』って、誰に言われたかは言えないんですけど『ぶれるなよ』っていうこの5文字をある人に言われて、それを心の中にしまって頑張ってますって言ってたんですよね。

すごい大切にしてる言葉なんですけど、実はそれは名前隠してたけど、中居さんに言われた言葉なんです」と明かすと、中居は「絶対に僕じゃないです」と照れながら否定した。

最後に中居は、番組を中学校に見立て「この金スマ中学、3年間一度も登校してない」として、「残念ながらベッキーさんは1日も来てないということで留年ということでよろしいですか。ベッキーさんは卒業できず、留年となりました」と発表。「また遊びに来ていただかないとね」と笑いを交えながらベッキーの復活を後押しした。

SNS上では「周囲から語られる中居くんの優しさがすごい」「ぶれるなよって素敵な言葉」と反響が寄せられた。次回の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」は、4月26日(金)夜8時より2時間SPで放送予定。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)