美女軍団CYBERJAPAN DANCERSが居酒屋に登場 意外と真面目な恋愛観に大吉もツッコミ

美女軍団CYBERJAPAN DANCERSが居酒屋に登場 意外と真面目な恋愛観に大吉もツッコミ

松岡昌宏、博多大吉の「二軒目どうする?」にCYBERJAPAN DANCERSが出演

4月20日(土)放送の「二軒目どうする?〜ツマミのハナシ〜」(テレビ東京系)で、松岡昌宏、博多大吉、CYBERJAPAN DANCERSのKANA、JUNON、KOZUE、HARUKAが、東京・曳舟「かどや」へ。メンバーのJUNONが過去の男性遍歴を暴露した。

まずは「赤貝刺身」「ハムカツ」をアテに生ビールで乾杯。派手な雰囲気の4人を前に「これ『二軒目―』かなぁ?」「今日はちゃんとしよう」と気を引き締める松岡と大吉。実際に話してみるとKANAが「お父さんが松岡さんの大ファンなんです」と明かすなど、礼儀正しく好印象な4人だったが、全員が胸元を大きく開けた服装のため「できればもうちょっと胸をしまっていただいて…」と大吉。「すみません、暑くなっちゃって…」と胸元を直しながら、やはりセクシーぶりをアピールした。

イベントなどで踊る時はシラフだという彼女たち。20センチのヒールを履いて踊るので、お酒を飲んで舞台に立つと危ないという。そんな中、松岡に酔った時の失敗談を振られたHARUKAは、飲みすぎて近所の駐車場で寝ていたと告白。すると大吉も、酔って家の周りを5周くらいしていたことがあったと語り、サイバーのメンバーたちが大爆笑するシーンがあった。

次に一行は、民謡酒場「栄翠」へ。「牛スジ大根」をアテに芋焼酎水割りで乾杯。メンバーの恋愛は禁止じゃないというが、JUNONが彼氏がいないと語ると、大吉はすかさず「クラブで知り合えよ! 夢を壊すな(笑)」ともっともなツッコミを。

JUNONいわく、今までの彼氏はめちゃくちゃナルシストだったり、変な人が多いとのこと。するとすかさずKOZUEは「(JUNONは)ダメ男が大好き!」と暴露。JUNONは「彼氏が仕事に集中したい! となったら、それ以外のことは全部してあげたくなるんです。支えて上げたくなるタイプ。それが仇となるというか、いい様に使われちゃう。だめんずメーカーってあだ名まで付けられちゃって…(笑)」と告白した。

最近はダンサーだけでなく、活動の幅が広がったというCYBERJAPAN DANCERS。HARUKAは週刊プレイボーイなどでもソロでグラビアを披露。胸が大きいことから「バズーカ」と呼ばれているという。HARUKAが「ボス(社長)がそう呼んで…」と明かすと、松岡は「社長がボスって呼ばれてるの? 大丈夫それ?」とビックリ。大吉も「部下からボスって呼ばれている上司がいる企業は信用ならない」と笑わせた。

ネット上では「JUNONさんは、性格がよさそうだな〜」「サイバーのメンバーと飲んだら楽しそう!」などの声が集まった。

次回は4月27日(土)放送。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)