<パーフェクトワールド>山本美月から松坂桃李に告白する雨のシーンに「素敵」「泣けた」。称賛の声相次ぐ【視聴熱TOP3】

<パーフェクトワールド>山本美月から松坂桃李に告白する雨のシーンに「素敵」「泣けた」。称賛の声相次ぐ【視聴熱TOP3】

同曜日2週連続で視聴熱1位を獲得した「パーフェクトワールド」。第2話では、つぐみ(山本美月)が樹(松坂桃李)に告白。「何でも受け止めるから」というつぐみの決意を樹は受け入れた

webサイト「ザテレビジョン」では、4月23日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。

1位「パーフェクトワールド」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)11579pt

4月23日に第2話を放送。つぐみ(山本美月)は、退院した樹(松坂桃李)をある場所に誘う。そこは、体育館で、車いすバスケの練習が行われていた。つぐみは、樹の同僚・晴人(松村北斗)から、樹を連れてきてほしいと頼まれていた。樹は最初こそ拒むが、やがてバスケの楽しさを思い出し、チームに入ることを決意する。

つぐみと親交を深めるうち、樹は「俺のことを思ってくれているんだとしたら、俺は、その気持ちには応えられない」「俺といても幸せにはなれないから」と告げた。かたくなに恋愛を避ける樹だが、樹が務める設計事務所の所長・渡辺(木村祐一)から「健常者だけが障がい者の犠牲になるっていうのは思い込みなんじゃないか」と言われるなどし、次第に思いを変えていく。

一方、樹の母・文乃(麻生祐未)と会ったつぐみは、合併症の怖さがあるものの、息子の幸せを願う気持ちを知り、正直に思いを伝える覚悟を決める。

そして、つぐみは樹に告白。さらに「何でも受け止めるから」というつぐみの決意を樹は受け入れ、2人はキスをした。

雨の中での告白から、樹の部屋に戻ってのキスシーンまでが「素敵だった」「泣けた」と称賛コメントが続々と。また、雨の中でのつぐみの告白シーンで流れた菅田将暉が担当する主題歌「まちがいさがし」にも、「絶妙なタイミング」「胸をギュッとつかまれる」などと反響があった。

2位「わたし、定時で帰ります。」(毎週火曜夜10:00-11:07、TBS系)6757pt

4月23日放送の第2話は、結衣(吉高由里子)の先輩であり、双子を出産、育休をとっていた賤ヶ岳(内田有紀)が職場復帰するエピソードが描かれた。

三谷(シシド・カフカ)のがんばりで勝ち取ったコンペの案件の担当ディレクターが、クライアント側の要望もあり、賤ヶ岳に決まる。復帰早々、はり切り過ぎている賤ヶ岳の様子に、結衣は不安を覚え、周りの社員からは不満が出る。

そんな中、サイト公開直前にクライアントからデザインが競合他社と酷似していることを指摘される。似ているサイトがあることは賤ヶ岳も知っていたが、強引に推し進めていたのだ。さらに、賤ヶ岳の夫・陽介(坪倉由幸)から子どもが熱を出したと連絡が入る。

結衣は早引きするように促すが、自分のミスで他の社員が仕事しているからとかたくなに帰らない賤ヶ岳。結衣の思い付きで他の社員たちがひと芝居打ち、賤ヶ岳はそれに気づきつつ、定時で帰った。

ワーキングママの葛藤に、「めちゃくちゃ刺さる」など共感の声が続出した。

3位「なつぞら」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15、NHK総合)5322pt

4月23日に第20話を放送。演劇部顧問・倉田(柄本佑)の台本「白蛇伝説」が完成する。なつ(広瀬すず)は、倉田から女役はすべてするように言われる。さらに、倉田の希望で舞台の背景の絵を描いてほしいと頼むため、なつは天陽(吉沢亮)の家を訪れる。

天陽に台本を見せていると、天陽の父・正治(戸次重幸)が現れ、なつに牛乳の試飲を頼む。正治は牛乳をメーカーに安く引き取られることを悩んでいた。なつはそのことを泰樹(草刈正雄)に話すが、農協が酪農家の牛乳を一手に引き取り、メーカーに卸すことを反対している泰樹は不機嫌になってしまうという展開だった。

公式Twitterには、天陽一家を演じる、吉沢、戸次、小林綾子と、広瀬のオフショットがアップ。「美形な人しかいない」などのコメントが寄せられた。

さらに、なつの同級生で演劇部に所属する雪次郎を演じる山田裕貴は自身のTwitterで番長役の板橋駿谷とのオフショットを。「スフィンクスにもたれかかり下駄と電話を間違えていることに気づいていない男」と、自身がスフィンクスに扮(ふん)し、板橋が下駄を電話のように持つユニークな写真に反響が。山田は板橋について「大好きな俳優さんであり大好きな人間です メンタル面を支えてくれました(笑)」ともつづった。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4〜10位のランキングやバラエティーランキング、またウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計した、今熱い番組を計る新指標(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)