「劇団☆ディアステージ」×「トキヲイキル」初コラボ舞台のキャストを稽古場で直撃!

「劇団☆ディアステージ」×「トキヲイキル」初コラボ舞台のキャストを稽古場で直撃!

舞台「四月の霊」出演メンバー。上段左から図師光博、大庭彩歌、桃咲まゆ、伊藤麻希、岸田麻佑、舞川みやこ、下段左から藤松宙愛、中村朱里、岩本琴音

「劇団☆ディアステージ」と「トキヲイキル」がコラボする舞台「四月の霊」の東京公演が4月26日より上演される。

「トキヲイキル」は福岡を拠点に演劇やライブなどを行っているガールズエンターテインメントユニット。一方、でんぱ組.incらが所属するディアステージ発の「劇団☆ディアステージ」は生演奏や歌唱・ダンスなどを交えた“軽演劇”をテーマに活動している。過去に「劇団☆ディアステージ」の公演にトキヲイキルの一部メンバーが出演したことはあったが、2グループのコラボレーションは初めてとなる。

物語は、不慮の事故で命を落とした女子高生が幽霊となって、死神と一緒に生前にゆかりにあった人たちの人間模様を見て回るというもの。初日を直前に控え、最終稽古中の出演者たちに話を聞いた(※以下、配役は東京公演のもの)。

主人公の女子高生・神崎カスミ役を演じるのは、トキヲイキルの藤松宙愛、岩本琴音(※Wキャスト)。「自分的には、今回『どれだけ多くの人を泣かせられるか?』がポイントだと思っています。生きている中で誰もが悩むことが題材で、心に刺さるメッセージがたくさん。何度見てもらっても、毎回感動できる作品です!」(藤松)、「主演をやるのは初めて。主演ってやっぱりセリフ量も多いですし、みんなを引っ張っていかないといかないし大変なんですけど、頑張ってる姿を見てほしいです」(岩本)。

幽霊となったカスミと行動をともにする死神役は、ディアステージ所属のアイドルグループ・虹のコンキスタドールの中村朱里。「劇団☆ディアステージの舞台と同じように、いきなり歌やダンスが入ってくるので、初めて見る方はびっくりするかもしれません。でも演技では結構泣かせるところもあって、劇団☆ディアステージとトキヲイキルの“いいとこ取り”っていうか、本当に面白い内容になっています」。

カスミの姉・神崎ミサキ役を演じるのは、劇団☆ディアステージの舞川みやこ。「私自身、劇団☆ディアステージに所属していて『座長』と言われることもあるんですが、演劇経験は3年で、女優としてはまだまだだと思っています。今回、演劇経験が未熟な出演者も多くいて、私を含めみんなが“自分の壁”にぶち当たりながら、稽古に取り組んでいるところです。本番ではどんな演技を見せられるか、期待していてください!」。

トキヲイキルからは岸田麻佑、大庭彩歌、桃咲まゆ、伊藤麻希も出演する。

主人公が通う学校の教師・長島先生を務めるのは岸田麻佑。「劇団☆ディアステージの作品ってコミカルで笑えるような要素が入ってますけど、トキヲイキルはシリアス劇が多くて。そんな両方の特徴がいい感じにミックスされている作品です」。

大庭は週刊誌記者・山田綾役。「劇団☆ディアステージのお芝居は今まで2回見ていて、すごく面白かったんです。今回共演させてもらってうれしいですし、トキヲイキルとしてもとてもいい経験をさせてもらってます」。

桃咲は記者の助手・飯倉マコト役。「私は去年、劇団☆ディアステージの公演に出させてもらいました。またご一緒できて光栄です。個人的には『先輩!』ってセリフが多くて、女の子が『先輩!』って言うのって、かわいいじゃないですか〜。何回『先輩』が出てくるのか、ぜひ数えてください(笑)」。

プロレスラーとしても活動する伊藤は、占いの客・冨士桂子を演じる。「舞台には何度も立たせてもらっていますけど、いつもクレイジーなキャラクターばっかりなんですよ。でも今回は気が弱い女性役で、素の自分に近いっていうか“見せたくない自分”を出してしまわないか心配で!! リングに上っているときやトキヲイキルの伊藤しか知らない人にとっては意外な姿だと思うので、しっかり目に焼き付けて帰っていってほしいなって」。

また唯一の男性キャストとして出演するのが、チンピラ・浅岡信夫役の図師光博。「見どころとしては、とにかく男が自分ひとり! いったいどうなってしまうのか? おそらく見に来てくれる方も男性の人が多いと思うので、きっと応援していただけると信じてます」。

そして今作の演出は、劇団☆ディアステージでも演出を手がける松多壱岱(まつだ・いちだい)が担当する。「劇団☆ディアステージでは、アイドルファンの方も入ってきやすいように、ストーリー性の中に歌があり踊りがありアドリブがありで、カジュアルに見られる“軽演劇”を自称しています。そこに今回、トキヲイキルが今までやってきたような会話劇の要素も入ったことで、演者にとってはかなり大変だと思うんですが、いい作品になるように稽古を重ねました。見どころは、主演2人(藤松宙愛、岩本琴音)の素直な演技ですね。一方で、劇団☆ディアステージの2人(舞川みやこ、雛形羽衣)には作品全体を引き締めてくれるような演技を期待しています。そしてなんといっても、図師光博。彼とは昔一緒にコントグループをやっていたこともあって、非常に信頼できる役者だと知っています(笑)。トキヲイキルと劇団☆ディアステージとのコラボに図師が加わって、どんな“化学反応”が起きるか? 期待して、会場にいらっしゃってください」。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)