ジェジュン、中学時代に歴史の先生に淡い恋心「めちゃくちゃ勉強した」

ジェジュン『バナナマンのドライブスリー』で中学時代抱いた先生への恋心明かす

記事まとめ

  • ジェジュンが『バナナマンのドライブスリー』で中学時代抱いた先生への恋心告白
  • ジェジュンはプレゼントなどで3000枚のパンツを持ってると明かし日村勇紀は驚愕
  • ジェジュンは中学生時代に先生を好きになったと言うと設楽統は「淡いね」と共感

ジェジュン、中学時代に歴史の先生に淡い恋心「めちゃくちゃ勉強した」

ジェジュン、中学時代に歴史の先生に淡い恋心「めちゃくちゃ勉強した」

「バナナマンのドライブスリー」にゲスト出演したジェジュン

4月30日放送の「バナナマンのドライブスリー」(テレビ朝日系)にジェジュンが出演。下着を3000枚も所持するジェジュンが、バナナマンに履き心地の良いパンツを紹介するため、専門店3カ所を巡った。道中、ジェジュンが青春時代の淡い片思いエピソードを明かした。

この日のロケは、東京・お台場で仕事をしている設楽統を迎えに行くところからスタート。助手席に日村勇紀を乗せ、ジェジュンが運転運転手を務めた。

道中、ファンからのプレゼントなどでジェジュンが「3000枚のパンツを持っている」という話題に。「1日1枚履いても10年かかるね」と驚く日村に、ジェジュンは「3000枚の中でも、カジュアルな服を着る時、スーツを着る時で(履き分けが)あるんですよね」と、シーンによって使い分けていることを告白。中でも、ライブの時は「キツメなのが好き」とぶっちゃけていた。

設楽が加わり、3人となった車中では、BGMの宇多田ヒカルの「First Love」についてトーク。「恋していないのに、悲しくなる。胸が熱い」と感極まった様子のジェジュンは「僕、先生に片思いしていたことあるんですよね。中学生の時。歴史の先生で、好きでしたね。めっちゃくちゃ勉強した」と片思いエピソードを披露。設楽は「淡いね〜」とジェジュンの青春トークにしみじみコメントを寄せていた。

次回の「バナナマンのドライブスリー」は5月7日(火)深夜0:20より放送予定。ゲストは森山直太朗。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)