ハリセンボン・はるか、令和初のCMで“あの死神”に大抜擢!!  巨大な“春菜地蔵”の怪演にも注目!

ハリセンボン、「モンスターストライク」と「BLEACH」とコラボ企画CMに出演

記事まとめ

  • 「モンスターストライク」がアニメ「BLEACH」とのコラボ企画を5月2日から開始する
  • このコラボ開始に伴い、お笑いコンビ・ハリセンボンを起用した新TVCMが登場
  • CMでは箕輪はるかが"死神"、近藤春菜が"金色春菜地蔵"に扮している

ハリセンボン・はるか、令和初のCMで“あの死神”に大抜擢!! 巨大な“春菜地蔵”の怪演にも注目!

ハリセンボン・はるか、令和初のCMで“あの死神”に大抜擢!!  巨大な“春菜地蔵”の怪演にも注目!

戦慄! 「モンスト」新TVCMで、アニメ「BLEACH」の“死神”に扮するハリセンボン・箕輪はるか

“モンスト”の通称で知られるスマホアプリRPG「モンスターストライク」が、テレビアニメ「BLEACH」(2004〜2012年、テレビ東京ほか)とのコラボ企画を5月2日(木)よりスタート。モンストアプリ内に「BLEACH」の主人公“黒崎一護”をはじめ、“朽木ルキア”、“日番谷冬獅郎”ら作品を代表する人気キャラクターが登場。全キャラ録りおろしによるボイスで名ゼリフを楽しむことができる。

このコラボ開始に伴い、お笑いコンビ・ハリセンボンを起用した新TVCMが登場。XFLAG公式YouTube チャンネルにて先行公開中のティザー動画「ハリセンボン CM出演決定」篇に続いて、CM本編の「一緒に卍解(ばんかい)」篇が5月2日(木)より放映開始となる。

■ 死神はるか&金色春菜地蔵が大暴れ!

本CMでは、世間で“死神”に似ていると言われている箕輪はるかが、斬魄刀(ざんぱくとう ※死神が持つ特殊な刀)を操る「BLEACH」の“死神”となって登場。モンストをプレイしている男子高校生に「一緒に卍解(=挽回)しましょう!」と、「BLEACH」に登場する戦闘技「卍解(ばんかい ※死神が持つ斬魄刀は所持者が解号[特定のキーワードと斬魄刀名]を唱えることで2段階の能力解放が可能となり、1段階目の解放を“始解”、2段階目の解放を“卍解”という)」を繰り出す場面にも挑戦している。

そして、「ハリセンボン CM出演決定」篇では明かされなかった近藤春菜の役柄がついに公開。春菜が演じるのは、「BLEACH」に登場する「金色疋殺地蔵(こんじきあしそぎじぞう)」ならぬ、「金色春菜地蔵」。芋虫のような体に赤子の頭を持つ巨大な姿で、毒をまき散らすという恐ろしい力を持つキャラクターを演じる。「じゃねーよ!」というツッコミ風の鳴き声など、コミカルな演技に注目だ。

■ 収録を終えたばかりのはるか&春菜を直撃!

――お互いの衣装をごらんになっていかがですか?(※春菜は衣装のメガネをかけており、周りが一切見えていない状態)

箕輪はるか:新しいですよね、“未来の地蔵”みたいな感じで。

近藤春菜:皆さん分からないかもしれないんですが、メガネの部分がですね、1ミリも穴が開いてないんですね? なので、はるかさんの姿が全く見えないんです。だから、どういう衣装を着てて、どういう表情をしているのか分からないんですけど…似合ってると思います!

はるか:あ、予想?(笑)

春菜:今回、“死神”ということでオファーを頂いたと聞いてますから、見えませんけども…似合ってると思います!!

――はるかさんは一般的な意味での“死神”に似ているというつながりから、今回「BLEACH」の“死神”のキャラクターに配役されたわけですが、実際に演じてみていかがでしょうか?

はるか:死神役って聞いたので、私しかいないなっていう運命的なものを感じましたね。このCMをやるために生まれてきたのかなって感じてます。

春菜:今回は、完全にはるかさん先行(のオファー)だと思ってますので。私は付いてきたっていう気持ちでいます。感謝ですね。

はるか:いや、死神ではないんだけどね。

春菜:えっ、そうなんですか?

はるか:うん、まだ人の死期は分からないから。

春菜:操ってないんだ(笑)。

――撮影はいかがでしたか?

はるか:一番面白いのは最後の「金色春菜地蔵」が大きくなるところかなと思うんですけど、そこはちょっと見られないんですよ、現場では。想像しながらの撮影になるので。

春菜:私に関しては、自分が大きくなって暴れるシーンも、いかんせん見えないものですから、オンエアを楽しみにしたいなと思います。

――春菜さん、そろそろ掛けているメガネを外して、お顔の方を見せていただいてもいいですか…?

春菜:えーっ、見せていいチャンスあるんですか!? 逆になんか恥ずかしいです…。ここまでインタビューに答えて、今外していいですよって言われたら、下着を外すような、そんな気持ちで…えっ、もういいです、いいです!

はるか:いや、外せや!!(笑) 見えてないんでしょ?

春菜:いいんですか? じゃあお言葉に甘えまして…(と、メガネを外すと、なぜか目をつぶったままの春菜)

はるか:いや、目ぇ閉じてるわ!

春菜:あ、見ていいんですね?(目を開け、横にいるはるかを見て) えっ、怖っ!! めちゃくちゃ怖い! こんな人としゃべってたんですか? 顔、白っ!

はるか:あんまりメークしてないけど。

春菜:(笑)。ポテンシャルがすごいよね。ちょっと疲れてるとき、こんな顔だもんね。

はるか:そうだね、こんな感じでルミネ(theよしもと)に出てるとき、あるもんね。

■ 「平成を駆け抜けたハリセンボンが、令和も突き進んでいきます!」

――今回のCMは、ピンチの状態を覆す“挽回”と、アニメ「BLEACH」に登場する、自分の力を倍増させる戦闘技“卍解”をかけた内容となっています。お二人のこれまでのキャリアの中で、ピンチを“卍解”=“挽回”したエピソードがあれば教えてください。

箕輪はるか:私は、小学生のときに前歯の神経が死んだんですよね。

近藤春菜:それはなんで死んじゃったんですか?

はるか:学校の帰り道に転んでしまって、コンクリートの所に歯を打ってしまって。その後、芸人になって、それを生かして人に笑ってもらえたことで、“卍解(挽回)”しました。

春菜:でも、それも二十何年間、神経が死んで黒かったのをお医者さんに診てもらって、いつ抜け落ちるか分からないってことで治しましたし、治してからも“卍解(挽回)”したんじゃないですか?

はるか:治したことで、より強い歯にしてもらったんですよね。すごい丈夫で、スペースシャトルの外壁と同じ素材なんですよ。大気圏でも生き残れます、歯だけ。

春菜:いやいや、他はなくなるから(笑)。私はですね、私たちは劇場でネタをやらせてもらってるんですけど、1年目のときとかは本当に緊張しすぎて、ネタが飛んじゃうこともあったんですね。飛んじゃったときは、どっちがしゃべりだすかも忘れるくらい、二人とも頭が真っ白になって。今だったら、アドリブとか入れてつなぐこともできるんですけど。で、あるとき、お客さんがいる前で30秒くらいお互い見つめ合いながら黙っちゃったことがあって、「これ、どうしよう」ってなっちゃって。そしたら、照明さんが気を遣って、徐々に暗転してくれたんです。私たちが急に黙って、30秒くらい見つめ合って、だんだん暗くなっていって、「ありがとうございました」って言って終わる、っていうシュールなコンビのネタみたいになって(笑)。だから、すごいシュールなコンビだって思われてた時期がありました(笑)。あれは“卍解(挽回)”したなっていう瞬間でしたね。“卍解(挽回)”っていうか、人に助けてもらった思い出ですけど。

――本CMの放映開始日が5月ということで、お二人にとっては、今回が新元号「令和」になって最初のCMになります。視聴者の方々へ向けて、本CMの見どころを教えてください。

春菜:平成が作ったすばらしい作品「BLEACH」と「モンスト」のコラボが、令和で見られる、それに自分たちが出演できるっていうのがね、平成を駆け抜けたハリセンボンが、令和も突き進んでいくぞ!…という感じで。こんなコラボを見ることができて、「令和ありがとう」っていう感じですよね。

はるか:これは見るっ×〇△きゃない!!!

春菜:えっ、何ですか? 若干甘噛み…令和で初甘噛みじゃないですか?

はるか:甘噛みなんてしてないです。

春菜:いいんですね、今ので? 大丈夫なんですね?(笑)

はるか:大丈夫です(笑)。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)