SKE48で独自路線を歩んだ唯一無二のメンバー松村香織、涙の卒業公演

松村香織がSKE48劇場で、涙の卒業公演 松井珠理奈、斉藤真木子、大場美奈らがエール

記事まとめ

  • SKE48劇場でチームKII「『最終ベルが鳴る』公演 松村香織劇場最終公演」が行われた
  • 松村は、SKE48第3期生に合格、15年の「第7回AKB48選抜総選挙」で13位で本店選抜入り
  • 卒業後はフリーとなる松村に、松井珠理奈、斉藤真木子、大場美奈らがエールを送った

SKE48で独自路線を歩んだ唯一無二のメンバー松村香織、涙の卒業公演

SKE48で独自路線を歩んだ唯一無二のメンバー松村香織、涙の卒業公演

5月2日、SKE48の3期生・松村香織の卒業公演が開催された

SKE48松村香織が、2018年9月の卒業発表から約半年以上経った5月2日、名古屋のSKE48劇場でチームKII「『最終ベルが鳴る』公演 松村香織劇場最終公演」を行った。

■ ”かおたん”こと松村香織の軌跡

松村は、2009年11月SKE48第3期生オーディションに合格し、2013年4月のコンサートで前代未聞の「終身名誉研究生」に就任。その後、2015年3月にチームKIIへ昇格。過激な発言から炎上キャラでもあったが、総選挙でもおなじみとなった自前のビデオカメラ片手に、メンバーの魅力を伝える動画を投稿するなど、独自の路線を走り続けてきた唯一無二のメンバー。

AKB48の26thシングル「真夏のSounds good!」(2012年)のカップリング曲「ぐぐたすの空」のメンバーに抜擢され、同年発売のSKE48の10thシングル「キスだって左利き」で初選抜入り。2015年の「第7回AKB48選抜総選挙」において13位となり、悲願の本店選抜入りを果たしている(2016年の総選挙は不参加、2017年「第9回AKB48選抜総選挙」は18位)。

また、2013年には指原莉乃が作詞および選曲、ジャケット撮影を手掛けたソロシングル「マツムラブ!」を限定版発売している。

■ ラストの「かおたんコール」は盛大に

オープニングの「overture」から、「マンモス」「最終ベルが鳴る」「ボーイフレンドの作り方」「偉い人にはなりたくない」4曲続けてのパフォーマンスを終え、大場美奈が「SKE48の劇場でのかおたん(松村)コール、ホントにこれがラストということで、皆さん、誇りを持って楽しんでいってください!」と語ると、劇場に詰めかけたファンは一気にハイテンションに。

「19人姉妹の歌」の後半、大場は「ホントに卒業すんの? 卒業公演で卒業撤回っていう異例のやつしてもいいんだよ」と松村に伝えると、会場からは笑いが巻き起こる。

本編が終わり、アンコールに突入。アンコール3曲目には、松村の卒業コンサートでも選曲されたが松村がもう一度やりたいというリクエストで欅坂46の「不協和音」をパフォーマンスし、松村が初めて選抜された「ぐぐたすの空」を披露。

直後のMCで松村は「何かに選ばれるというのを初めて『ぐぐたす選抜』というのに選んでいただいて、自分のポジション自分の衣装をもらえた思い出の曲です。卒業公演でもやったんですけど、時間の関係で衣装を着られなかったので」と説明を加えた。

「47の素敵な街へ」のパフォーマンスを終えた、荒井優希、青木詩織、内山命、斉藤真木子、北野瑠華、大場がMCを始めると、舞台袖から惣田紗莉渚が登場。?惣田は「(卒業)セレモニー1曲も出てないんですよ。この後も出ないんですけど。チームKIIのメンバー出られるようにしていたようなんですけど、私だけ忘れてたみたいで(笑)」と話し、観客の笑いを誘った。

ステージでは、松村の卒業をテーマに制作された映像が流され、続いて、自身のソロ曲「ありがとうは言いたくない」を熱唱した。

■ 卒業後はフリーランスで活動

別れが迫る雰囲気の中、松井珠理奈がステージに登場し、「色んな意味でSKE48に新たな道を切り開いてくれたと思うんですよ。かおたんがいっぱい暴れてくれたから、今のSKE48があるし、後輩もいろんな活動がしやすいんだと思います。かおたんには幸せになってほしいから、婚活用のリップ買ってきたから(笑)、幸せになってください」と話した。

そして、卒業セレモニーも佳境になり、斉藤がSKE48キャプテンらしく「かおたんの穴は簡単に埋められるものではないけど、この壁を乗り越えなきゃいけないある種の試練だと思います」と手紙で決意を述べる。

続く大場は涙ながらに「私がかおたんのいいなと思うところは、どんな人にも寄り添ってあげられること。かおたんだけは近くに寄り添って話聞いてあげてるよね。『だってかわいそうじゃん?』っていつも話聞いてあげてる。私がSKE48に移籍してきたとき、格好悪いところはファンに絶対見せたくなかった私に、ファンに全部を見せていくことを教えてくれたのはかおたんでした」と、松村がいかにSKE48においてみんなに愛され、松村自身がSKE48を愛してきたかが伝わる手紙を読み上げた。

松村は「今、48グループは、世間的には厳しい目で見られたりしていると思うんですけど、SKE48は本当に良いグループだなって思ってます。一時期すごい大っ嫌いで『なんなんだこのグループ!』って思ったこともあったんですけど、そんなこと今は絶対口に出したくないくらい大好きな場所です。自分自身のこれからの自分の人生考えたら、ここに甘えていたらいけないなと思って卒業を決心させてもらいました。一歩踏み出すことがこんなに怖いことなんだって感じています。ここでたくさん皆さんにもたくさんの愛を頂いた分、外の世界で後輩の見本になれるように精一杯活動していきたいと思います」と強い決意を述べた。

また、ファンに向けて「本当にこんな私を見つけてくれて、愛してくれて本当にありがとうございます。どんな時でも味方でいてくれるファンの皆さんは、私にとって本当に人生の宝物です。どんな時でもファンの皆さんがいたから私は本当に9年半頑張ることができました。本当に今まで、アイドルとしての私を応援してくれて、本当に皆さんありがとうございます」と感謝を伝え、最後に「支え」を歌唱し、卒業公演は幕を閉じた。

終演後、松村は「本当に楽しかったなと思える9年半のアイドル生活でした。そしてファンの方は一生の宝ものですし、本当に感謝しています」と改めてファンに感謝の気持ちを述べ、今後の活動については「一回自分でやってみようかなと。一回は挑戦して駄目だったらやり直せばいいし。それにいろいろ勉強できることもあるし、スタッフさんの大変さも知れると思いますよね(笑)」と笑顔混じりにフリーランスで活動していく決意を述べた。

2019年5月2日 チームKII「最終ベルが鳴る」公演 松村香織劇場最終公演

出演メンバー=青木詩織、荒井優希、内山命、江籠裕奈、大芝りんか、太田彩夏、大場美奈、北野瑠華、白井琴望、惣田紗莉渚、高木由麻奈、竹内彩姫、日高優月、古畑奈和、松村香織、水野愛理 ※日高優月一部出演に伴い、片岡成美が出演

〈セットリスト〉

- overture

1. マンモス

2. 最終ベルが鳴る

3. ボーイフレンドの作り方

4. 偉い人になりたくない

5. リターンマッチ(内山・北野・惣田・竹内)

6. 初恋泥棒(太田・大芝・水野)

7. ごめんね ジュエル(荒井・高木・白井・日高)※バックダンサー:野村、片岡、中野、倉島、上村、井上

8. おしべとめしべと夜の蝶々(江籠・古畑)

9. 20人姉妹の歌(青木・大場・松村)

10. Stand up!

11. Coolgirl

12. 回遊魚のキャパシティ

13. 会いに行こう

EN1. シャムネコ

EN2. メロスの道

EN3. 不協和音(井上・上村・北川綾・松本・荒井・内山・江籠・大場・北野・竹内・日高・古畑・松村・水野・井田・熊崎・後藤・斉藤・佐藤・福士)

EN4. ぐぐたすの空(杉山・都築・山内・青木・内山・片岡・中野・松村・相川・鎌田・倉島・斉藤・須田・高畑・谷・福士)

EN5. 裸足でSummer(井上・北川綾・野島・野村・荒井・江籠・大芝・太田・大場・北野・高木・松村・井田・熊崎・佐藤・平田)

EN6. 47の素敵な街へ(青木・荒井・内山・大場・北野・松村・斉藤)

EN7. ありがとうは言いたくない(松村)

EN8. 支え(青木・荒井・内山・江籠・大芝・太田・大場・片岡・北野・白井・惣田・高木・竹内・中野・日高・古畑・松村・水野)(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)