上川隆也が「外で食べて一番安心するのは…」食へのこだわり明かす<執事 西園寺連載(2)>

『執事 西園寺の名推理2』の上川隆也、「外で食べて安心するのは『王将』」と明かす

記事まとめ

  • 上川隆也扮する執事・西園寺一が、さまざまな事件を解決する『執事 西園寺の名推理2』
  • 第1話では、「シーズン2も期待通り!」「西園寺は相変わらず刑事より優秀」など反響
  • そんな上川がハマっている食べ物というか「外で食べて一番安心するのは『王将』」とか

上川隆也が「外で食べて一番安心するのは…」食へのこだわり明かす<執事 西園寺連載(2)>

上川隆也が「外で食べて一番安心するのは…」食へのこだわり明かす<執事 西園寺連載(2)>

パーフェクト執事・西園寺一を演じる上川隆也

上川隆也扮(ふん)するパーフェクトな執事・西園寺一(さいおんじ・はじめ)が、忠誠を誓う“奥さま”のために名推理でさまざまな事件を解決していく人気ドラマの第2弾「金曜8時のドラマ『執事 西園寺の名推理2』」(毎週金曜夜8:00-8:54、テレビ東京系ほか)。

前作でハウスキーピングや格闘技などのスキルを披露した西園寺は、今作でもイリュージョン、スケートなど、驚くべき才能を発揮しながら奥さまの願いをかなえるべく奮闘する。

■ 第1話はド派手イリュージョンも!

4月19日放送の第1話では、世界的天才イリュージョニスト・薫子(プリンセス天功)のショーを観覧した百合子(吉行和子)と西園寺。だが、瞬間移動を成功させた薫子の背中にはナイフが刺さっており、“瞬間移動”中に殺害トリックが行われた。

百合子の願いをくみ、西園寺が真相を解明するべく奮闘。やがて全ての謎が明らかになる…というストーリーだった。

世界的イリュージョニストの薫子をプリンセス天功が演じるという“リアルさ”と、イリュージョンの“裏側の裏側”を描くストーリー、そしてもちろん上川のパーフェクト執事ぶりが際立つ内容に、「シーズン2も期待通り!」「天功さん演技うまい」「西園寺は相変わらず刑事より優秀ですね笑」といった声が集まった。

ザテレビジョンでは、西園寺を演じる上川の素顔にフィーチャーした連載「執事 西園寺の休息」を展開中。

第1回は、丸山刑事役の佐藤二朗との対談をお届けしたが、連載第2回は第2話の見どころとともに、上川の「今、ハマっている食べ物」について紹介する。

1週の休止を挟み、5月3日(金)に放送される第2話では、百合子は養護施設のきょうだいを招待し、西園寺と共に閉園が予定されている遊園地を訪れる。

子どもたちと百合子が観覧車に乗ると、1人の男が険しい表情で別のゴンドラに乗り込み、西園寺は不審に思う。すると、遊具の制御室で爆破が起き、全ての遊具が停止してしまう。

さらに、百合子と子どもたちを乗せた観覧車にも爆弾が仕掛けられてしまう。タイムリミットは日没まで…。

百合子たちを救うため、西園寺が真相解明に奔走する。

■ 上川隆也「あまりブームに見舞われずに過ごしています」

――上川さんが今、ハマっている食べ物は?

人間の音楽に対する嗜好は30歳までで固着してしまうそうです。新しい音楽に気が向いても、お気に入りは変化しない。

もちろん、新しいものに興味を持たれる方もいらっしゃるでしょうけど、それでもやっぱりコアな部分は変わらなくなっていくらしいんです。それは味覚も同じような気がするんです。

僕は「今はこれが一番です」って、年齢を重ねるごとに変わっていけるほど器用ではないので、相変わらず秋は「柿」を楽しみますし、年間通じて何となく食べたいと思うのは「ギョーザ」。

そういう意味では、あまりブームに見舞われずに過ごしています。外で食べて一番安心するのは「王将」だったりします。

どこで頂いてもトータルクオリティーが保たれていますので、味に対しての信用はいつも保証されて、期待を裏切られることがありません。(ザテレビジョン・取材協力=月山武桜)

関連記事(外部サイト)