<俺スカ>古田新太の“女装家”ファッションが話題に!担当者がこだわり明かす

古田新太、『俺のスカート、どこ行った?』での"女装家"ファッションが話題に

記事まとめ

  • 『俺のスカート、どこ行った?』で、古田新太演の"女装家"ファッションが話題に
  • 同番組でビジュアルデザインは『翔んで埼玉』などに携わった柘植伊佐夫氏が担当
  • 柘植氏は「多様性を象徴する存在を衣装などを通じて表現できれば」と語っている

<俺スカ>古田新太の“女装家”ファッションが話題に!担当者がこだわり明かす

<俺スカ>古田新太の“女装家”ファッションが話題に!担当者がこだわり明かす

5月4日(土)放送の「俺のスカート、どこ行った?」第3話より。原田のぶお(古田新太)の派手だけど品のあるファッションが毎話話題に!

古田新太主演でゲイで女装家の高校教師が巻き起こす学園ドラマ「俺のスカート、どこ行った?」(毎週土曜夜10:00-10:54、日本テレビ系)。古田演じる主人公・原田のぶおの奇抜でキュートなファッションに注目が集まっている。

■ 「俺スカ」はどんなドラマ?

本作は、ゲイバーを経営していたのぶお(古田)が「ダイバーシティ(多様性)宣言」を掲げる私立豪林館学園高校に赴任することから始まる痛快エンターテインメントドラマ。

2年3組の担任として生徒たちに、驚きの発想でのぶおにしか伝えられないメッセージを送る姿や、教育現場に新風を起こす様子が「笑えて泣ける」「楽しく家族で見られる」と話題に。

■ ビジュアルデザイン担当・柘植伊佐夫とは

そんな中、古田が見事に着こなすファッションについて「どこに売っているの?」「チラッと見えたスカートの裏地がかわいかった!」と多くの視聴者が興味津々。

ザテレビジョンでは、古田新太/原田のぶおのビジュアルデザインを手掛ける柘植伊佐夫氏を単独取材。

柘植氏は映画「シン・ゴジラ」(2016年)で扮装統括、「累―かさね―」(2018年)、「翔んで埼玉」(2019年)で人物デザイン監修・衣裳デザイン監修を担当。ドラマでも、人物デザイン監修で大河ドラマ「龍馬伝」(2010年、NHK総合ほか)、同じく「平清盛」(2012年)、大河ファンタジー「精霊の守り人」シリーズ(2015年ほか、NHK総合)、「石川五右衛門」(2017年、テレビ東京系)などに携わった人物。

代表作からもビジュアルデザイン、人物デザインに徹底的なこだわりを持つことが分かる。そんな柘植氏の「古田新太が演じる『原田のぶお』を表現すること」に懸ける思いに“10の質問”から迫った。

■ テーマは「シックスティーズ」!

――原田のぶおの衣装を選ぶ際、どのようなイメージを持って決められたのでしょうか? ずばり、テーマを教えてください。

テーマは「シックスティーズ(60's)」です。はっきりした単色使いを軸にして、幾何学模様と植物柄など、一見合わなそうなものも組み合わせています。

――衣装ですが、一般に販売されているものでしょうか?

衣装はオリジナルで製作しているものを中心に、部分的に既製服も組み合わせています。女装家の華やかさや異質感がありつつ、どこかに品の良さも感じられるように配慮しました。

■ すぐにでもまねできる!? のぶおファッションのポイントとは

――衣装に表現した、原田のぶおらしさやこだわりを教えてください。また、イメージカラーはありますか?

遠くからでも一目で分かること、何をどのように組み合わせても「原田のぶお感」になることを意識しています。イメージカラーは「グリーンとイエロー」です。

――原田のぶお流コーディネートのポイントを教えてください。

単色使いの面積を50%以上にすること。そして、柄だけではコーディネートしないことがポイントです。

――オフ服はどんなイメージですか?

普通のおじさん感を出したいです。

■ 「浮く存在ではあるけれども、リアルであること」を意識

――ポスターで古田さんが着用された衣装がとても印象的でした。どのような話し合いを経て決定しましたか?

「色彩が華やかであること」「派手ではあるが清潔感があること」「60年代を意識すること」などは最初の打ち合わせで意思形成されました。

――衣装合わせで古田新太さん、プロデューサー、監督らのリアクションはどうでしたか?

プロデューサー、監督は第一声、「おお、いいですねぇ」という反応だったかと思います。古田さんは、「女装は慣れてるから、いつも通りの気持ち」とおっしゃっていました。それはさすがだと思いました。

――ドラマの世界観を表現するにあたってスタイリングで気を付けていることはありますか?

学園モノの世界観の中で「浮く存在ではあるけれども、リアルであること」を心掛けています。

■ 「『多様性を象徴する存在』を表現できれば」

――これからドラマ内でのぶおが着る衣装について「この衣装にご期待下さい!」というものがあれば、教えてください。

パターンはかなりの数を用意しています。「この衣装は」というよりも、学校の先生としてはかなり異質な「原田のぶおの世界観」をお楽しみください。

――今後の放送を楽しみにしている視聴者へ、注目ポイントと共にメッセージをお願いします。

「ゲイで女装家の先生」というキャラクター設定は、日本のテレビドラマ史上初めてだと思います。新しい価値はいつでも異質な存在を受け容れるところから始まりますから、そんな「多様性を象徴する存在」を衣装やヘアメークを通じて表現できればと思います。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)