菜々緒、キャラじゃなくガチでドSだった「大好きなんです。痛がってる男の人が」

菜々緒『A-Studio』でドSエピソード告白 「大好きなんです。痛がってる男の人」

記事まとめ

  • 5月3日放送の『A-Studio』に菜々緒が出演しドSエピソードを明かす場面があった
  • ドSキャラが浸透している菜々緒は「大好きなんです。痛がってる男の人」と肯定
  • 菜々緒が通ってるジムのトレーナーは「目つきが違いすぎて怖い」と明かしていた

菜々緒、キャラじゃなくガチでドSだった「大好きなんです。痛がってる男の人が」

菜々緒、キャラじゃなくガチでドSだった「大好きなんです。痛がってる男の人が」

菜々緒のドSキャラはガチだった

5月3日放送の「A-Studio」(TBS系)に菜々緒がゲスト出演。リアルなドSエピソードを明かす場面があった。

“悪女”“ドS”といったキャラが浸透している菜々緒は、そんな周囲の評価について「ドSですね、私は」「大好きなんです。痛がってる男の人が」と全面的に肯定。かつてバラエティー番組で河本準一(次長課長)と共演していた頃、酒の席で酔って熱々のグラタンを河本に食べさせたこともあったと告白した。

また、美しいプロポーションを保つために日々取り組んでいるトレーニングを公開。EMSを装着したまま筋トレをするという、自身にもドSな内容で、「見た目以上にツラいけど、ボディーメークには打ってつけ」と菜々緒。通っているジムのトレーナーは、ストイックな菜々緒を「(トレーニングを始めると)目つきが違いすぎて怖い」「ケモノみたいな目」と表現していた。

放送終了後のSNS上には「菜々緒さんはビジュアルだけじゃなく努力の人だった」「ストイックな姿勢が美しさの秘訣なのね」といった主旨のメッセージが寄せられていた。

次回、5月10日(金)放送予定の「A-Studio」には横浜流星がゲスト出演する。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)