モー娘。が高所作業を体験!譜久村「怖くて撃沈(笑)」も生田は「足場よーし!」

モー娘。が高所作業を体験!譜久村「怖くて撃沈(笑)」も生田は「足場よーし!」

栃木県にある東邦電気工業株式会社研修センターで、お仕事チャレンジに臨んだモーニング娘。’19

モーニング娘。’19、アンジュルム、Juice=Juice、カントリー・ガールズ、こぶしファクトリー、つばきファクトリー、BEYOOOOONDSのハロー!プロジェクトのグループ7組が、“動物系”“アート系”など7つのジャンル別に様々なお仕事に挑戦し、眠っていた意外な才能を掘り起こしていく「ハロプロのお仕事チャレンジ!」(dTVチャンネルのひかりTVチャンネル+で配信中)。5/11(土)、5/18(土)の配信では、モーニング娘。'19が“絶叫系”の仕事「電気工事作業員」にチャレンジする。収録直後のリーダー・譜久村聖と、サブリーダー・生田衣梨奈に直撃し、番組の感想や見どころを聞いた。

■ 絶叫系のチャレンジに、メンバーはいいリアクションをしていました

――まずは、この番組が決まったときのお気持ちは?

譜久村「私は今年23歳で、同い年に社会人一年目の方が多いんですよ。だから最近、日常的に『こういうお仕事は大変そうだな、頑張ってらっしゃるんだな』と意識して見るようになったことで、自分も頑張ろうと思えるようになったんです。

なので、この番組でいろんなお仕事に触れられるのが楽しみだなと思いました。チャレンジするお仕事の中に“パフォーマンス系”や“伝統系”、“アート系”などいろんな種類があったので、私達の仕事に生かせる体験もあるかもと思ってワクワクしましたね」

――グループごとに挑戦するお仕事は、各リーダーがくじ引きをして決定したそうですが、モーニング娘。'19の“絶叫系”は譜久村さんが引いちゃったということですよね。

譜久村「そうです(笑)」

生田「絶叫と聞いた時、最初はジェットコースターの整備とか、どのジェットコースターが怖いかを調べるお仕事を想像したんですけど、全然違う電気工事作業員で」

譜久村「最初はヤバいのを引いてしまった!って思ったんですけど、メンバーは結構喜んでいたので安心しました(笑)。実際にチャレンジしてみても、メンバーみんな頑張っていましたし、むしろ私が一番苦手だったぐらいで。だから、私達が絶叫系になって良かったのかなと思いました」

――本日は「高所体験」「命綱体験」「電気危険体験」「電気通信工事体験」の4種類のお仕事を体験をされましたが、リアクションが良かったメンバーは?

譜久村「いっぱいいましたね! 横山(玲奈)も怖がりながらすごい頑張ってたし、野中(美希)もすごいよかったし。逆に加賀楓ちゃんは、ここの社員の人かってぐらい真面目に上手にやっていたり」

生田「指導してくださった先生の三浦さん(同社社員)が、加賀をスカウトしたいと言ってました」

譜久村「そう(笑)。あと、佐藤優樹ちゃんはすごくはしゃいでましたね」

生田「優樹ちゃん、高い所や絶叫系が大好きだから。でも、優樹ちゃんが『怖い』と言ってたのは珍しかった」

譜久村「優樹ちゃんが高所作業車で10mの高さのところに行ったんです。今まで高い所も平気って言ってたのに、これは怖いと言ってたから、相当なんだなって」

生田「モーニング娘。になってから2回しか聞いたことないもん、怖いって言ってるの」

譜久村「そこは見どころです(笑)」

生田「今回は後輩がかなり頑張ってたね。いいリアクションをしたり」

譜久村「そうだね。ファンの方が意外に感じるのは、小田さくらちゃんがこういうのが平気ってことかもしれないです」

生田「ああ確かにね!」

譜久村「高い所を怖がりそうですけど、自分から率先してやってたのは、小田さくらちゃんや佐藤優樹ちゃんが多かったですね。で、牧野真莉愛は小学生か中学生の時に発明クラブに入っていたそうなので、実験とかがすごく楽しそうだったんですよ。こうすればこうなるっていうのを先読みできていて、絶叫とは違った方向から楽しんでいましたね。すごい目がキラキラしてましたし(笑)」

生田「面白かった(笑)」

――「電気通信工事体験」でのはしご上りは、生田さんはデキるガテン系女子みたいで、板についてましたね。

生田「ほんとですか!?」

譜久村「似合ってた。こういう女性作業員さんいそうだなって」

生田「えり、『足場よーし!』ってずっと言ってたもんね。このお仕事は楽しいなって思いました」

譜久村「私は高い場所が苦手なので、昨日の夜から怖くて撃沈してました(笑)。でも、電気ビリビリ系は大好きなので、それは体験したいなと思っていましたし、全体的には楽しく学べたので良かったです。得意分野と苦手分野を一度に体験した感じですけど(笑)」

生田「私は逆!アクロバットとかしているから、高い所に恐怖心はあまりなくて。でも電気に触れたりするのは苦手だなと感じました。半泣きになっていたところがあるので、あまり見せない私の顔を見せているんじゃないかなって思います」

譜久村「あはは、そうだね。あそこまでビビることは他ではないだろうね。今日は他にも『えー、そんな顔初めて見た!』ってメンバーがたくさんいました」

■ 「人の笑顔を見たい」という思いは私達と同じだなと感じました

――収録を終えての感想はいかがですか?

生田「お仕事だと苦手なこともやらなくちゃいけないし、その大変さを実感しました。でも、こちらの会社の新入社員の方が『人の助けになることをしたいから、このお仕事にしました』『自分の仕事で人の笑顔を見たい』とおっしゃっていたんです。私達のお仕事とは違うジャンルですけど、やりたいことや、仕事をやる上で大切なことは、どのお仕事も一緒なんだなと感じさせられました」

譜久村「私達はキャーキャー言いながら体験させてもらっていたんですけど、実際にこの仕事をされている方々は本当に安全面に気をつけていて、一つ一つの確認がすごくしっかりしているんですよ。そういうところは私達も活動していく上で必要だなって思いました。当たり前のことをしっかりできるからこそ、プロとしてやれるわけで。それが学べたのはすごくためになりました」

――体験を通して、いろんなことを学べたようですね。

譜久村「真面目に学んだよね。危険も感じたし」

生田「うん。危険を感じたからこそ、真面目に学ばなきゃなと思いました」

譜久村「ね。水のあるところでドライヤーを使わないとか」

生田「そう!一歩間違えたら火が出たりするとか。一つ一つの行動に気をつけることが安全につながるってことを、三浦さんから教わりました。でも、三浦さんのバラエティー力はすごかったよね。加賀楓ちゃんが命綱に吊るされている状態で、『じゃあ帰りましょう』って言ったり(笑)」

譜久村「三浦さんと私達が、宙ぶらりんの加賀ちゃんを置いていくっていう(笑)」

生田「そういう感じでちょいちょい挟む小ネタが面白くて」

譜久村「三浦さんが何よりも楽しんでやってらっしゃるのが伝わってきて、ああこのお仕事が本当に好きなんだなって思った」

生田「だからこそ、私達も楽しんでできたなって思いますね」

■ 若い世代のファンの方がいろんなお仕事を知るきっかけになれば

――今後、番組でチャレンジしてみたいお仕事はありますか?

生田「中学生の頃にお仕事体験をした時に美容専門学校に行ったんですけど、私がモーニング娘。じゃなかったらやりたいお仕事が美容師さんなんですよ。だから美容師体験をやりたいです」

譜久村「私は漫画家さんのアシスタントになって、トーンを切って貼ってとかの作業をやってみたいです。すごいなと思うから、自分も挑戦してみたいなって」

――他のメンバーには、どんなチャレンジを体験してみてほしいですか?

生田「石田亜佑美ちゃんも手先が器用で、いつもメンバーのヘアセットとかをやってあげてるので、美容関係が似合いそうだなと思いますね」

譜久村「羽賀朱音ちゃんにはクレープ店の店員さんとか。作る作業が好きだから、羽賀朱音特製クレープとか作ってほしいです」

生田「森戸知沙希ちゃんは、ちょっと人見知りなので、ウエイトレスさんとか人前に出るお仕事をやって、人見知りを克服してほしいです!」

譜久村「野中美希ちゃんはピアノが弾けるので、保育園の先生。子供と一緒に歌ったりしたら絶対かわいい! 牧野真莉愛は細かい作業が好きで、ずっと同じことをひたすらやるのが好きなので、マヨネーズの工場とかに勤めてほしいです。真莉愛はマヨネーズ大好きだから(笑)」

生田「小田はペットショップの店員にいそうじゃない? 『この子の良さは』ってめっちゃ語りそう」

譜久村「全力でオススメしてきそうだよね(笑)」

生田「で、加賀楓ちゃんは今日みたいなお仕事だね」

譜久村「加賀ちゃんは人に何か教える姿も見てみたいかも。塾の先生をやるとどうなるのか、とか」

生田「横山は?」

譜久村「やっぱり笑顔でおもてなしする系じゃない?」

生田「横山の洋服店の店員さんを見てみたい。最近、洋服をマネキン買いするらしいので、自分でコーディネートに挑戦してみてほしい」

譜久村「マネキン買いじゃない、横山コーデを作ってみてほしいね(笑)」

生田「あと、優樹ちゃん!」

譜久村「芸術系?何かを自由に描かせてみてほしい(笑)」

生田「優樹ちゃんは本当に芸術系で成功しそうな気がする。ピカソ的な」

譜久村「銭湯の壁画とか、大きい絵で表現してみてほしい。何かミラクルが起こりそうな感じがします」

生田「でも途中で『もう飽きた』って言いそうな気もする(笑)」

譜久村「それは困るね!(笑)」

――最後に、ハロプロ全員が参加する番組としての抱負をお願いします!

生田「アイドル活動の経験しかない子が多いので、日常生活でいろんなお仕事の人が助けてくれているということを学び直して、各グループで生かせるものを吸収しながら、素敵な番組にしたいなって。今後につながるような番組にしたいなと思います」

譜久村「遊び半分でお仕事体験に行くんじゃなくて、学んだものや、生かせるものをちゃんと持ち帰ってくるのがハロー!プロジェクトなので、そんな姿を見せたいなと思います。それと、私達と同世代のファン方たちにとっては、新たなお仕事を知るきっかけにもなったらいいなって。私達が伝えられることを発信していきたいです」

ふくむら・みずき●1996年10月30日生まれ、東京都出身。2008年にハロプロエッグに加入、2011年にモーニング娘。の9期メンバーとしてデビュー。2014年にモーニング娘。史上最年少でリーダーに就任。6/18(火)からはハロー!プロジェクトのリーダーにも就任予定。

いくた・えりな●1997年7月7日生まれ、福岡県出身。2011年にモーニング娘。の9期メンバーとしてデビュー。2014年にモーニング娘。のサブリーダーに就任。特技のゴルフの腕前を生かし、ゴルフ番組でも活躍。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)