齋藤飛鳥が「セクシーサンキューゲーム」でまさかの大胆ポーズを披露!【視聴熱TOP3】

齋藤飛鳥が「セクシーサンキューゲーム」でまさかの大胆ポーズを披露!【視聴熱TOP3】

5月10日の「視聴熱」デイリーランキング・バラエティー部門で、乃木坂46齋藤飛鳥がゲスト出演した「ぐるぐるナインティナイン」がランクイン

webサイト「ザテレビジョン」では、5月9日の「視聴熱(※)」バラエティー デイリーランキングを発表した。

1位「ぐるぐるナインティナイン」(毎週木曜夜7:56-8:54、日本テレビ系)10370pt

5月9日の放送は、乃木坂46・齋藤飛鳥、ヒロミをゲストに迎え、「ゴチ20」第9戦が行われた。

冒頭、「ピタリ賞を狙います!」と意気込みを語った齋藤。対決の合間には、ゴチメンバーの千鳥・ノブと得意なドラムのセッションをする場面も。齋藤が叩いたリズムをノブがまねすることになるが、「最初は簡単なやつ」と言ったドラムが見事なもので、ノブは「飛鳥〜」と思わずツッコミを入れた。

その後、ノブのリクエストで最上級のドラム演奏を見せた齋藤。ノブはそれに対抗することができず「ごめんなさい」と謝罪し、スタッフに向かって「二度と組むな、ドラムセットは」と懇願した。

そして、スペシャルメニューをかけたゲーム「セクシーサンキューゲーム」は、4月25日の放送に続いて今回も大盛り上がり。前の人よりもテンション高く「セクシーサンキュー」と言うシンプルなゲームだが、齋藤がコマネチのポーズをしたり、何者かに撃たれる全力演技を見せた田中圭をノブが「セクシーサンキューゲーム、うまいな〜」と感心したりと、視聴者を大いに笑わせた

対決結果は、ヒロミが最下位となり、おみや代も合わせて16万8200円を支払った。

2位「ニンゲン観察バラエティ モニタリング」(毎週木曜夜8:00-9:57、TBS系)8503pt

5月9日の放送は、新企画「あの人に会いたい!モニタリング」に反響が寄せられた。

本企画は、芸能人が初恋の人、恩師などもう一度会いたい人や一度でいいから会ってみたい人に会う瞬間をモニタリングするというもの。第1回目は、本企画を行うきっかけとなったハリセンボン・近藤春菜が「将来、結婚してください」「会いたくて会いたくてしかたがありません」というファンレターをくれた12歳の少年に会いに行った。

少年の母親の協力を得てレストランを訪れた少年は、偶然を装った春菜が登場するとすぐに気づき、興奮。母親から「声掛けたら」と促されるが、「プライベートだから」と気遣う優しさを見せた。そして、春菜がわざと「塩ないのかな」とひとり言を言うと、即座に自分のテーブルの塩を春菜に渡しに行った少年。席に戻るとにやけてしまうかわいさが視聴者もキュンとさせた。

その後、モニタリングであることが明かされた上で、春菜と少年はデートをすることに。CMで春菜と夫婦役で共演した綾野剛にやきもちをやいたことを告白したり、「彼氏いますか」とストレートに聞いたり、春菜が「おばさん」と自虐すると「お姉さん」と返したりと、少年のピュアな恋心がさく裂。

そして最後の水族館で思いをつづった手紙を読み上げた。「もっと好きになりました」「6年後、野球選手になって春菜さんを迎えに行くので結婚して欲しいです」というまっすぐな思いに春菜は思わず涙し、視聴者にも感動が広まった。

3位「VS嵐」(毎週木曜夜7:00-7:57、フジテレビ系)6564pt

5月9日の対戦相手には、横綱鶴竜が率いる「チーム大相撲」が登場。嵐チームには横澤夏子と滝沢カレンがプラスワンゲストで加わった。

高田川部屋の竜電は、毎週本番組を観ているというファンで、出演に大興奮。ほかの力士から「前出すぎ」と注意されるほどだった。また、宮城野部屋の炎鵬は、「かわいい」と言われたときのリアクションを嵐メンバーに相談。相葉雅紀が“妖精のポーズ”を伝授すると、予想以上のかわいさに櫻井翔も「めちゃめちゃいい」とコメントした。

曲に合わせて指定された6つのカメラのいずれかに目線を送る特別企画「カメラ目線対決」では、力士チームも大健闘。だが、1勝1敗で迎えた3回戦で、最後に松本潤がカメラ目線を決めようとしたところで、ラストカット担当カメラマンが勘違いで移動してしまうハプニングが。それにより負けてしまったため、松本は「何してんだよ〜」とカメラマンのお腹に軽くパンチして怒り(?)をぶつけた。

対決は嵐チームが勝利した。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4〜10位のランキングやドラマランキング、またウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計した、今熱い番組を計る新指標(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)