前田敦子がナレーションで本格仕事復帰「出産していなかったら、きっとできなかったお仕事」

前田敦子が母の日に出産後初のTV仕事復帰 「出産していなかったらできなかった仕事」

記事まとめ

  • 日本テレビ「エマージェンシーナース 密着!巨大母子病院」が母の日に放送される
  • ナビゲーターは第一子を出産し母になったばかりの女優・前田敦子が務める
  • 前田は、今年出産を経験し、本番組で本格仕事復帰となる

前田敦子がナレーションで本格仕事復帰「出産していなかったら、きっとできなかったお仕事」

前田敦子がナレーションで本格仕事復帰「出産していなかったら、きっとできなかったお仕事」

出産後、初のTV仕事復帰となる前田敦子

母の日」の5月12日(日)昼1:15より放送される、ドキュメンタリー番組「エマージェンシーナース 密着!巨大母子病院〜小さな命を救う女性たち」(日本テレビ)で、第一子を出産し母になったばかりの女優・前田敦子がナビゲーターを務める。

同番組では、全国から救いを求めて母子が訪れるという、東京・世田谷の国立成育医療研究センターを取材。患者と一番近くで向き合う看護師や助産師の姿に迫る。

妊娠高血圧症候群を患い、赤ちゃんの成長も遅れている女性や、国指定の難病を持っているために他の病院で出産を断られ転院してきた女性の出産に立ち会う助産師たちを追うほか、生後5カ月の赤ちゃんに肝臓を移植するという小児生体肝移植手術の、術前術後ケアにあたる看護師に密着する。

ナビゲーターの前田敦子は、今年出産を経験し、本番組で本格仕事復帰となる。番組では、母になった自らの経験にも触れながら、ハイリスク出産で誕生した命の奇跡や、病に負けず力強く生きる子供たちの姿を、“母”としての愛情あふれるナレーションとともに紹介していく。

出演オファーを受けたときの気持ちとして「うれしかったです。自分が出産していなかったら、きっとできなかったお仕事だと思います。感情移入して、収録現場で泣いちゃうかもしれないと思って、先に資料くださいってお願いしちゃいました」と明かした。

また、巨大母子病院に密着した番組のナビゲーターを務め終え、「私も赤ちゃんが無事産まれるまで不安で仕方なくて、ひとつの命を産むのって、本当に奇跡だな、と改めて思いました。自分が出産を経験したことで、改めて命の重さに感動しました」とコメント。

産後TV初仕事を終えた前田は、今後の仕事について「わが子が元気にしてくれるからこそ、私も早く復帰したい、と思えました。早く仕事したい、と言えているのも幸せですよね。自分の幸せに改めて気づくことができました。全部子供のおかげです」という意気込みとともに、“母親”としての顔をのぞかせた。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)