トニセン3人芝居の第2弾が今夏上演! V6の作詞手掛けた御徒町凧の新感覚舞台

トニセン3人芝居の第2弾が今夏上演! V6の作詞手掛けた御徒町凧の新感覚舞台

20th Centuryが1年半ぶりに新感覚の舞台を発表

20th Century(トニセン)の坂本昌行、長野博、井ノ原快彦による舞台「TWENTIETH TRIANGLE TOUR(TTT)」の第2弾の上演が決定した。タイトルは「カノトイハナサガモノラ」。

「TWENTIETH TRIANGLE TOUR 」はコンサートやミュージカルとも異なる、音楽と演劇が融合した“新しい舞台のカタチ”を目指して2017年にスタートしたもの。今回は第1弾「戸惑いの惑星」から、1年半ぶりの新作となる。

「カノトイハナサガモノラ」の脚本・演出を手掛けるのは、かねてV6や井ノ原のソロ曲の作詞を手掛けてきた御徒町凧。ライブハウスを想像させるとある空間を舞台に、3人のパーソナリティーが盛り込まれたストーリーが展開される。トニセンの楽曲がメインとなることはもちろん、書き下ろしの新曲も用意されている。

すでに昨年の夏から御徒町とトニセンによるワークショップが繰り返され、舞台上はリアルともバーチャルともつかないような雰囲気になる模様。そこで繰り広げられる会話により、普段の3人をのぞき見るような世界が演出されるという。

坂本は作品の内容について、鑑賞後に“これは芝居かライブか”と不思議な感覚を味わえるものを目指しているといい、「演じる僕たちがお芝居ともフリートークともつかない中間にある面白さをつかめたら、この作品で目指す場所に一歩でも近づけるのではないかと思っています」とコメント。

また、長野は「きっとこの作品は特に僕らをご存知の方にもそうではない方にも、『こういう空気感の3人なんだね』と感じていただけるものになると思います」と語っている。

トニセン3人だけで演じるという環境については、井ノ原は「坂本くん、長野くんとは少年隊のバックのときからずっと一緒なので、そろって芝居をするのは恥ずかしいところもありますが(笑)、トニセン主演の『東京サンダンス』(2000年)のときから、芝居というよりも自然な感覚でやれますし、だからTTTを始めたのだとも思っています」と解説している。

「カノトイハナサガモノラ」は3会場で上演。東京公演は7月27日(土)から、北九州公演は8月30日(金)から、大阪公演は9月7日(土)から予定されている。

■ 坂本昌行コメント

作・演出の御徒町くんとは、すでにワークショップを長期的にやっていますが、非常に面白い体験をしています。そこで感じたものを舞台に載せてお届けできたら、ご覧になるお客様に不思議な体験をしていただけると思います。御徒町くんも「お客さんが観終わったあとにこれは芝居? それともライブだったの? と思うものにしたい」と言っていますし、演じる僕たちがお芝居ともフリートークともつかない中間にある面白さをつかめたら、この作品で目指す場所に一歩でも近づけるのではないかと思っています。自由にやっているように見えて、実は緻密に作り込まれた、演劇の面白さや演じる人間の楽しさが詰まったものになると思いますし、ご覧になったお客様がどう解釈してくださるのかが楽しみですね。前回に引き続き、この作品も新たな挑戦の場所となるかもしれませんが、僕らがもがき苦しみ、そして楽しむ姿を共有していただけたらうれしいです。

■ 長野博コメント

TTTは「こういうことをやってみたら面白いんじゃない? やってみる!?」みたいな発想から始まったプロジェクト。ですが、1回目をやったからといって2回目があるとは限らないですし、どの活動でも「また観たい」と求めてくださる方がいらっしゃるから、次の機会をいただけるのだと思っています。こうして2回目ができるのは本当にありがたいことですね。本稽古に入る前からワークショップをやっているのですが、3人でやるのは初めての経験なので、とても新鮮です。雑談から入り、雑談の内容までが脚本に反映されるのが面白くて。御徒町くんともいい距離感でやらせてもらっていると感じますし、内容的にはそういうところも面白い作品になると思います。ワークショップを通じて、やはりこの3人ならではの雰囲気があると思いましたし、きっとこの作品は特に僕らをご存知の方にもそうではない方にも、「こういう空気感の3人なんだね」と感じていただけるものになると思います。

■ 井ノ原快彦コメント

坂本くん、長野くんとは少年隊のバックのときからずっと一緒なので、そろって芝居をするのは恥ずかしいところもありますが(笑)、トニセン主演の「東京サンダンス」(2000年)のときから、芝居というよりも自然な感覚でやれますし、だからTTTを始めたのだとも思っています。御徒町くんは「東京サンダンス」で森山直太朗くんと一緒に出会って以来の仲。V6の歌詞を書いてもらったこともあって、共に挑戦してもらえると思い、作・演出と劇中オリジナル曲の作詞をお願いしました。TTTには「今、ここでしかできないものを」という思いがあるのですが、演劇には今までに誰かがやったことが絶対どこかに盛り込まれるもの。それをどこまで意識しながら「今ここだけにしかないもの」を作れるか。それを劇場に足を運んでくださったお客様と一緒に作り上げたいと思いますし、ストレートプレイやミュージカルと同じように、一つの独立したジャンルとして観ていただけたらと思っています。

■ 御徒町凧コメント

今回の公演のオファーを受けた時、単純にうれしかったです。幾度も重ねたワークショップを通して、3人の引き出しの多さに関心をしていて、すごく手応えを感じています。インタビューと称したミーティングで何度も対話させてもらい、3人が3人であるという宇宙を感じたことが脚本へもつながっています。トニセンの過去と未来と現在が、ただそこにあるような舞台です。ポケットを空にしてご来場ください。

■ 「カノトイハナサガモノラ」あらすじ

そこはとある空間。ライブハウスを想像させるような場所。

ソウル・ターミナルとも呼ばれているらしい。

そこへやってくる、サカモト、ナガノ、イノハラ。

他愛もない会話から見え隠れする、それぞれの過去・現在・未来、嘘・本当。

そこには常にメロディがあり、様々な想いを呼び起こしていく…(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)